伊達花彩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
だて かあや
伊達 花彩
プロフィール
愛称 かーや
生年月日 2005年3月21日
現年齢 18歳
出身地 日本の旗 日本 宮城県
血液型 A型
公称サイズ(時期不明)
身長 162 cm
所属グループ いぎなり東北産(2015年 - )
活動期間 2015年 -
著名な家族 宮世琉弥(兄)
事務所 スターダストプロモーション仙台営業所
主な出演作 アイカツプラネット!
アイドル: テンプレート - カテゴリ

伊達 花彩(だて かあや、2005年3月21日 - )は、日本女優アイドルであり、女性アイドルグループいぎなり東北産のメンバー。宮城県出身。スターダストプロモーション仙台営業所所属[1]

人物[編集]

  • キャッチコピーは「肉米大好き伊達花彩」
  • 座右の銘は「不撓不屈」
  • 東北のおすすめは「牡蠣小屋」
  • 言われて嬉しい一言「神~様~˖°✧」[2]
  • 公式ファンクラブ「いぎなり東北ファン倶楽部」でメンバーコンテンツ「伊達の日常」を更新している。
  • いぎなり東北産でのメンバーカラーは赤[3]
  • 愛称は「かーや」[4][5][6]「伊達神」「かあやさん」
  • 憧れの人はももいろクローバーZ百田夏菜子[7]
  • 趣味は、読書[1]、絵を描くこと、釣り、作品鑑賞(ジャンル問わず)[8]。特技は歌[1]
  • リラックスタイムはゲームをする時間。特にサバイバル系のゲームが好き[9]
  • 好きな食べ物は肉、白米 [10]、牡蠣[11][12]、マーボー豆腐。
  • 両親と兄・妹2人の6人家族。よくキャッチボールをしていたという[13]。兄は俳優の宮世琉弥[14]
  • 支えてくれた方の中でも、とっても大切な存在で、誰よりも一番近くで支えてくれた母の存在が特に大きいと語る[15]
  • 憧れの人物は、ももいろクローバーZの百田夏菜子と、兄の宮世琉弥[16]
  • バイバイのあいさつは「ばいなら39(サンキュー)」[17][18][19]
  • 東日本大震災で被災した経験を持つ[20]
  • 動物が好きで、カメレオン[21]・カメ・観賞魚・犬・モモンガなどを飼っている[22][23]。自宅を動物園のようにしたいという思いを持っている[24]が、猫アレルギーである。2021年に一目惚れしてお迎えしたというヒョウモントカゲモドキの「まじゅまろちゃん」(まじゅちゃん)が音楽ナタリーのペット愛企画で取り上げられた[25]
  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2017に出演した際、チェアマンに就任した指原莉乃に気に入られ、「いぎなり東北産との出会いが衝撃的だった、、かわいかった、、、。また会いたい。」とツイートされた[26][27]
  • いぎなり東北産リーダーの橘花怜は花彩について「かーやは世界の神様です(笑)。かーやは歌もダンスもすべてがカッコよくて、言葉にも力があるんです。私がライブ前に緊張して泣いちゃったときに『ライブは、ステージに出たものが本物だから』って励ましてくれたり、けっこう大人な部分があります。かーやの何気ないひと言がチームの支えになってますね。初期はクソガキってイメージでしたけど(笑)、今は大人カッコいい女の子です」と解説している[28]
  • 座右の銘の一つは、キャプテン(マネージャー)から言われた「目標がその日その日を支配する」。メンバーの藤谷美海から「仕事に対する姿勢が素晴らしい」と尊敬されている[29]
  • アイカツプラネット!の主演に抜擢され重圧に押しつぶされそうになり泣くこともあったが、メンバーの藤谷美海と電話したりサバイバル系のゲームを一緒にしたりして支えてもらったという[30]
  • いぎなり東北産の好きな楽曲の一つは『伊達サンバ』[16][30]
  • 印象に残っているステージの一つに、グループ活動の一時休止(アイカツプラネット!撮影のため)から一時復帰した「いぎなり県民2days」(2020年12月26-27日)を挙げている[31]。『伊達サンバ』を9人全員で初披露したステージでもある[30]

略歴[編集]

  • アイドルのゲームが好きで、歌って踊っているのが楽しそうに思っていた[32]
  • ショッピングモールで兄と一緒にスカウトされたのがきっかけで事務所入り。事務所に入って数ヵ月くらい経ってから、新しく結成されるグループへの加入を打診され、私立恵比寿中学のライブを見学してアイドルになることを決める[30]
  • 2015年9月12日、定禅寺ストリートジャズフェスティバル 株式会社オンサイトスペシャルタイアップステージで「花彩」として、いぎなり東北産に加入。同年12月に地元の戦国武将・伊達政宗にちなみ「伊達花彩」に改名。
  • 2018年1月、宮城の新ブランド米の「だて正夢」の大使に任命される[10]
  • 2018年1月、「みやぎカキ大使」に任命される(宮城県庁で任命式)[10]
  • 2020年4月25日以降、主演作品「アイカツプラネット!」の撮影に専念するためグループ活動を2021年3月まで一時休止[注 1]
  • 2020年8月9日、公式Instagramを開設。
  • 2021年1月10日 - 6月27日にテレビ東京系で放送された「アイカツプラネット!」に主演・音羽舞桜 / ハナ(声) 役として出演。
  • 2021年3月20日、「伊達花彩 復活生誕祭 〜神降臨〜帰ってきた伊達花彩」をSENDAI GIGSにて開催。以降いぎなり東北産としてのグループ活動に復帰。
  • 2022年7月15日、 音羽舞桜/ハナ役で出演した主演映画「劇場版アイカツプラネット!」が公開。 東京・新宿バルト9での舞台挨拶に登場した[33]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

  • アイカツプラネット!(2021年1月10日 - 6月27日、テレビ東京) - 主演・音羽舞桜 / ハナ(声) 役[34][35][36]
    • 上映イベント「サンライズフェスティバル2021 REGENERATION」(2021年10月3日、TOHOシネマズ 新宿)
    • アイカツ!シリーズ 10th Thanks Party 3rd month(2022年12月26日、中野サンプラザ)
    • アイカツ!シリーズ 10th ANNIVERSARY アイカツ!ミュージックフェスタ FINAL (2023年2月18-19日、東京ガーデンシアター)
  • オールドルーキー 第1話(2022年6月26日、TBS)- このみ 役[37]

テレビバラエティ[編集]

ラジオ[編集]

  • ラジオドラマ FMシアター「Teko Poko Cafe」(2023年9月2日、NHK-FM

映画[編集]

舞台[編集]

  • 舞台『処女のまま死ぬやつなんていない、みんな世の中にやられちまうからな』(2022年7月1日 - 10日、博品館劇場)[39][40]

CM[編集]

  • 英数読解総合塾 CYOPA(2019年7-8月)
  • 昭和ドライバーズカレッジ(2020年)
  • データカードダス アイカツプラネット!(2020年)

動画配信[編集]

  • アイカツプラネット!ステーション(2020年8月10日-2023年3月30日アイカツ!シリーズ公式YouTubeチャンネル)[41]
  • YouTube ファッション情報バラエティ「アイドニックTV」[42](2023年8月 - ) - MC

書籍[編集]

  • だらっとしたポーズカタログ2-女の子・男子高校生・スーツの男性-(マール社、2018年)
  • NEXTGIRL図鑑2019(玄光社、2018年)
  • IDOL AND READ 026シンコーミュージック・エンタテイメント、2021年2月22日)
  • せんだいタウン情報S-style 5月号(プレスアート、2021年4月23日発売)[43]
  • IDOL FILE Vol.29 Morning Routine(ロックスエンタテインメント、2023年3月10日)

ゲーム[編集]

その他[編集]

  • 第6回 ももいろ歌合戦 アニソンメドレー(2022年12月31日、日本武道館)
  • 宮世琉弥 OFFICIAL FANCLUB EVENT 2023(2023年3月4日、仙台市福祉プラザ ふれあいホール) - ゲスト出演

作品[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 公式発表ではグループ名にかけ「休産」と表記。

出典[編集]

  1. ^ a b c STARDUST - スターダストプロモーション -伊達花彩のプロフィール”. 2022年7月17日閲覧。
  2. ^ PROFILE | いぎなり東北産 公式サイト
  3. ^ いぎなり東北産・伊達花彩「6番遊撃手」どんな時でも遊び心を忘れずに楽しむ”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2023年7月1日). 2023年7月16日閲覧。
  4. ^ いぎなり東北産・伊達花彩 心揺さぶられるグループにしたい”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2022年1月22日). 2022年7月17日閲覧。
  5. ^ "いぎなり東北産・伊達花彩【優勝おめでとうイベント】は神奈川に行くことになりましたぁぁぁ!". 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社. 9 September 2023. 2023年9月18日閲覧
  6. ^ "いぎなり東北産・伊達花彩「スポーツの秋」運動音痴の恥ずかしエピソード". 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社. 18 November 2023. 2023年12月6日閲覧
  7. ^ 伊達花彩 (2016年8月20日). “ももクロちゃーん!!!!”. スターダストプロモーション地方営業所所属タレント オフィシャルブログ. 2022年7月17日閲覧。
  8. ^ いぎなり東北産・伊達花彩 動物大好き!たくさん飼ってます”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2021年9月18日). 2022年7月17日閲覧。
  9. ^ いぎなり東北産・伊達花彩 私のリラックスタイムは「サバイバルゲームに夢中」”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2023年4月22日). 2023年7月16日閲覧。
  10. ^ a b c 伊達花彩 (2018年1月14日). “だて正夢大使!!!!カキ大使!!!!”. いぎなり東北産オフィシャルブログ. 2022年7月17日閲覧。
  11. ^ 伊達花彩 (2016年11月25日). “食欲のいっぱい!!!”. スターダストプロモーション地方営業所所属タレント オフィシャルブログ. 2022年7月17日閲覧。
  12. ^ 伊達花彩 (2017年12月10日). “カキカキ!牡蠣パーティー!”. いぎなり東北産オフィシャルブログ. 2022年7月17日閲覧。
  13. ^ PICK UP IDOL いぎなり東北産”. HUSTLE PRESS OFFICIAL WEB SITE (2018年5月11日). 2020年7月17日閲覧。
  14. ^ "宮世琉弥、妹・伊達花彩へ"愛してるアピール" 芸能活動のアドバイスも送る". モデルプレス. 株式会社ネットネイティブ. 31 July 2023. 2023年9月18日閲覧
  15. ^ いぎなり東北産・伊達花彩 一番近くで支えてくれた母に感謝”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2022年8月20日). 2022年12月18日閲覧。
  16. ^ a b 【100の質問】伊達花彩が答えます!!【いぎなり東北産】 - YouTube
  17. ^ いぎなり東北産・伊達花彩 コーディネートとっても楽しい!”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2021年11月20日). 2022年7月17日閲覧。
  18. ^ いぎなり東北産・伊達花彩 春が大好きです、服には明るい色を使いたくなるんです”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2022年3月26日). 2022年7月17日閲覧。
  19. ^ いぎなり東北産・伊達花彩 ハワイの海を泳ぎたい トルコとシンガポールにも行きたい”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2022年10月22日). 2022年12月18日閲覧。
  20. ^ 伊達花彩 (2018年3月11日). “3.11”. いぎなり東北産オフィシャルブログ. 2022年7月17日閲覧。
  21. ^ 伊達花彩 (2018年2月9日). “うちの可愛い子❤️”. いぎなり東北産オフィシャルブログ. 2022年7月17日閲覧。
  22. ^ 伊達花彩 (2017年8月23日). “そろそろ????”. いぎなり東北産オフィシャルブログ. 2022年7月17日閲覧。
  23. ^ 伊達花彩 (2018年2月3日). “愉快な仲間たち⭐︎”. いぎなり東北産オフィシャルブログ. 2022年7月17日閲覧。
  24. ^ 「いぎなり東北産」伊達花彩 日刊スポーツの1面飾ること目標”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2021年6月26日). 2022年7月17日閲覧。
  25. ^ 伊達花彩(いぎなり東北産)×ヒョウモントカゲモドキのまじゅまろちゃん”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2023年6月20日). 2023年7月16日閲覧。
  26. ^ “【TIF】指原莉乃、いぎなり東北産との出会いに衝撃「変態がすごく喜んでる!」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年8月4日). https://thetv.jp/news/detail/117053/ 2022年7月17日閲覧。 
  27. ^ 指原 莉乃 [@345__chan] (2017年8月4日). "いぎなり東北産との出会いが衝撃的だった、、かわいかった、、、。また会いたい。。". X(旧Twitter)より2022年7月17日閲覧
  28. ^ "いぎなり東北産 特集|東北発"今最も対バンしたくないアイドル"の魅力を徹底解説". 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ. 8 August 2023. 2023年12月2日閲覧
  29. ^ ラジオ石巻「いぎなり東北産の いぎなり"やるっちゃ"東北産!マシマシ!!」(2021年8月20日放送)
  30. ^ a b c d 【ゲストトーク】いぎなり東北産 伊達花彩さん【前編】 - YouTube
  31. ^ 【ゲストトーク】いぎなり東北産 伊達花彩さん【後編】 - YouTube
  32. ^ "東日本大震災 いぎなり東北産 伊達花彩さんが語る"あの日"". みんなの3.11プロジェクト. NHK仙台放送局. 11 October 2023. 2024年1月14日閲覧
  33. ^ 「いぎなり東北産」伊達花彩 憧れの「アイカツ!」舞台あいさつに笑顔「何度見ても面白い」”. スポーツニッポン (2022年7月17日). 2022年7月17日閲覧。
  34. ^ “いぎなり東北産の伊達花彩「アイカツ!」最新作主演に抜擢!ももクロ玉井詩織が応援に駆け付ける”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年8月10日). https://natalie.mu/music/news/391377 2022年7月17日閲覧。 
  35. ^ TVアニメ『アイカツプラネット!』発表!シリーズ最新作は実写×アニメでアイドル活動|新プロジェクト発表会レポート”. アニメイトタイムズ! (2020年8月11日). 2022年7月17日閲覧。
  36. ^ 伊達の出身地の宮城県でも仙台放送で6日遅れで放送されていた。
  37. ^ いぎなり東北産 [@madeintohoku] (2022年6月26日). "TBS日曜劇場「オールドルーキー」ちょこっと出演させていただきました😊#オールドルーキー #伊達花彩". X(旧Twitter)より2022年7月17日閲覧
  38. ^ @hattori95 (2021年7月8日). "7/14水曜日、18:55から放送の「沼にハマってきいてみた」に出演いたし鱒!ゲストの伊達花彩さんとのコラボネタも!是非とも魚卵くださいませー!". X(旧Twitter)より2022年7月17日閲覧
  39. ^ 松本岳が悲しみを抱える高校生役、舞台「ままない」上演へ 共演に伊達花彩・輝山立ら”. 2022年4月28日閲覧。
  40. ^ いぎなり東北産・伊達花彩 出演舞台に全力「タイトルのインパクトがすごい!」”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2022年6月4日). 2022年12月18日閲覧。
  41. ^ アイカツプラネット!ステーション - YouTubeチャンネル
  42. ^ アイドニックTV - YouTubeチャンネル
  43. ^ 【S-style5月号】いぎなり東北産 伊達花彩【祝16歳記念 Q&A公開中】”. 日刊せんだいタウン情報S-style Web. 株式会社プレスアート (2021年4月17日). 2022年7月17日閲覧。

外部リンク[編集]