森崎ウィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
もりさき ウィン
森崎 ウィン
森崎 ウィン
2018年
生年月日 (1990-08-20) 1990年8月20日(30歳)
出生地 ミャンマーの旗 ミャンマーヤンゴン
身長 174 cm[1]
血液型 O型[2]
職業 俳優歌手
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 2008年 -
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト プロフィール
主な作品
テレビドラマ
学校じゃ教えられない!
本気のしるし
映画
レディ・プレイヤー1
蜜蜂と遠雷
テンプレートを表示
レディ・プレイヤー1』ジャパンプレミアにて。2018年
2013年

森崎 ウィン(もりさき ウィン、ビルマ語: မိုရီဆာကီဝင်း1990年8月20日[2] - )は、ミャンマーヤンゴン出身の歌手俳優。2020年よりMORISAKI WIN名義でメジャーデビュー。

略歴[編集]

ミャンマーヤンゴンでミャンマー人の両親のもとに生まれる[3]

両親が日本に勤務していたため、ヤンゴンで英語学校を行っていた[4]祖母とミャンマーで暮らし、10歳の時に渡日[5]

14歳(中学2年生)の夏休み、ミャンマーに戻り、仏教寺院にて9日間の出家修行を行う。出家修行終了直前に、面倒を見てくれていた先輩のお坊様が手相を見てくれ、「君は人前に立つ仕事をするね」と言われ、当時サッカー少年だったウィンは、当然サッカーで有名になるものと思ったが、日本に戻ってきてすぐの練習でコーチに「お前はセンスがないからやめた方がいい」と言われ、「言われたことと全然違う」と思った。しかし、サッカーの試合の帰りに当時好きだった女の子に会うために、待ちあわせ場所の恵比寿(スターダストプロモーションの事務所がある場所)のピーコックストアの前に立っているところをスカウトされ[6]、スターダストプロモーションに所属となる[7]

当初は、本名の「ウィン(ミャンマー語で「明るい」の意)」だけで芸能活動を始めようとするも、オーディションなどの資料出しの時、カタカナの名前だけでは日本語が喋れないのではないかと思われる可能性があり、お芝居の仕事などの時に通りづらくなるから、名字を付けよう、ということになり、「森崎」という名字を事務所がつけた。[8]

2008年PrizmaXに加入。イベントやライブ出演などで活動し、同時期に俳優としてもデビューする。2010年8月、他のPrizmaXメンバー(島田翼を除く)とともにNAKED BOYZの結成メンバーとなり、同年末に卒業する[9]

2012年、尾崎豊追悼映画『シェリー』(公開は2014年)で初めて主演を務める[10]

2013年3月、PrizmaXとしてシングル「Mysterious Eyes/Go!」でCDデビュー。。セカンドシングル「Ready」は、森崎が作曲した[11]

2015年4月、Fm yokohamaにて初のラジオパーソナリティーをつとめる[12]

2016年6月、スティーヴン・スピルバーグ監督の新作『レディ・プレイヤー1』(2018年3月公開)で主要キャストに抜擢され、ハリウッドデビューが決まる[13]。PrizmaXとしての活動は一時停止。その後撮影を終え、PrizmaXとして活動を再開する。

2018年8月、ミャンマー観光大使に任命される[14]

2020年3月27日、PRIZMAXはデビュー記念日に解散した。

2020年6月9日、「MORISAKI WIN」として7月1日に、配信シングル「パレード - PARADE」でコロムビア・インターナショナルからメジャーデビューする事が決定した[15]。7月1日、公式YouTubeチャンネルを開設[16]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

  • 海獣の子供(2019年6月7日公開、東宝映像事業部) - アングラード 役[25]

吹き替え[編集]

  • キャッツ(2020年1月24日公開) - ミストフェリーズ〈ローリー・デヴィッドソン〉 役[26]

ゲーム[編集]

ネット配信[編集]

舞台[編集]

  • 3次元の彼女〜Z〜(2012年4月、千本桜ホール)
  • 露出狂(2012年7月 - 8月、パルコ劇場 ほか)
  • 恋するブロードウェイ♪ vol.2(2013年1月 - 2月、博品館劇場
  • 大西洋レストラン(2013年5月、博品館劇場)
  • CLUB SLAZY The 3rd invitation 〜Onyx〜(2014年10月、草月ホール)
  • グラファー(2015年10月、キーノートシアター)
  • HOME〜魔女とブリキの勇者たち〜 (2015年11月、草月ホール)
  • ブロードウェイ・ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」Season2(2020年2月1日~2020年3月10日、IHIステージアラウンド東京) - 主演・トニー 役

ラジオ[編集]

  • E★K radio『WINのMAXで行こう!』(2015年4月6日 - 、Fm yokohama

CM・広告[編集]

  • カルピスウォーター(2012年)
  • NTTdocomo ドコモthanksキャンペーン「とある留学生と、私。前篇」(2012年) - タイ人留学生 役
  • FUJIFILM(2018年) ※ミャンマー国内
  • サトゲー日清「Wah-Lah ヌードル」(2018年) ※ミャンマー国内
  • Myanmar Postcode Ambassador(2018年) ※ミャンマー国内
  • SUNTORY Thailand「BRAND'S」(2018年) ※ミャンマー国内
  • SUZUKI「SWIFT」(2018年) ※ミャンマー国内
  • Golden Rock GROUP(2019年) ※ミャンマー国内
  • JICA Myanmar(2019年) ※ミャンマー国内
  • Strategy First University Extension(2020年) ※ミャンマー国内
  • Manga Planet(2020年) ※ミャンマー国内

ミュージックビデオ[編集]

作品[編集]

配信シングル[編集]

# 配信日 作品名 規格品番 最高順位
オリコン Billboard Japan Hot 100
1st 2020年7月1日 パレード - PARADE COKM-42783 - 96位

EP[編集]

# 発売日 作品名 販売形態 規格品番 最高順位
オリコン Billboard Japan Hot 100
1st 2020年8月19日 PARADE CD+ブックレット COCB-54305 25位 44位

書籍[編集]

  • 森崎ウィン1st visual & interview book『Win-Win』(2018年6月20日、SDP)
  • 森崎ウィン 30th メモリアルブック -Partner-(2020年8月20日)

受賞歴[編集]

2017年
  • ミャンマー ポピュラーアワード ※ミャンマー
2019年
  • BEST SPECIAL AWARD(PERFORMANCE) ※ミャンマー
2020年

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “PrizmaX”. スターダストプロモーション. http://www.stardust.co.jp/profile/prizmax.html 2014年7月31日閲覧。 
  2. ^ a b “森崎ウィン”. スターダストプロモーション. http://www.stardust.co.jp/profile/morisakiwin.html 
  3. ^ ေျမးျဖစ္သူမိုရီဆာကီဝင္းရဲ႕ငယ္ဘဝအမွတ္တရေတြကိုေျပာျပတဲ့အဘြားျဖစ္သူေဒၚခင္ခင္ေထြး - YouTube”. www.youtube.com. 2020年8月19日閲覧。
  4. ^ 2020年10月3日NHKラジオ第一放送「ちきゅうラジオ6時台」
  5. ^ “日本・ミャンマー合作の映画&ドラマが製作決定!森崎ウィンらが両国の“架け橋”に”. 映画.com. (2017年8月25日). http://eiga.com/news/20170825/18/ 2018年2月20日閲覧。 
  6. ^ 2020年10月3日NHKラジオ第一放送「ちきゅうラジオ6時台」
  7. ^ “my story(^_-)win”. PrizmaX オフィシャルブログ「PrizmaX A GOGO」. (2012年6月18日). http://ameblo.jp/prizmax-a-gogo/entry-11280629759.html 
  8. ^ 2020年10月3日NHKラジオ第一放送「ちきゅうラジオ6時台」
  9. ^ 今年の暖かいご声援に心から感謝をこめて。”. NAKED BOYZ Staff Blog (2010年12月29日). 2014年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月5日閲覧。
  10. ^ “尾崎豊さん20回目命日に追悼映画完成”. デイリースポーツオンライン. (2012年4月26日). オリジナルの2012年4月26日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120426054308/http://daily.co.jp/gossip/article/2012/04/26/0005003670.shtml 
  11. ^ “インタビュー「PrizmaX」”. De☆View. (2013年12月20日). http://deview.co.jp/Interview?am_interview_id=350&set_cookie=2 2014年7月31日閲覧。 
  12. ^ “WINのMAXで行こう!”. E★K radio - Fm yokohama. (2015年4月6日). http://blog.fmyokohama.jp/ekradio/2015/04/winmax-adaf.html 
  13. ^ a b “森崎ウィン、スピルバーグSF超大作に大抜てき!監督から直接指名”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年6月6日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160606/geo16060605050001-n1.html 2016年6月6日閲覧。 
  14. ^ 【ミャンマー】森崎ウィンさん、観光親善大使に任命”. 47NEWS (2018年8月20日). 2018年10月5日閲覧。
  15. ^ 森崎ウィン、7月1日配信シングルでメジャーデビュー”. スポーツ報知 (2020年6月10日). 2020年6月10日閲覧。
  16. ^ 森崎ウィン 公式YouTubeチャンネル開設”. スポーツ報知 (2020年7月1日). 2020年7月1日閲覧。
  17. ^ 星里もちる「本気のしるし」ドラマ化!森崎ウィン&土村芳が出演、監督は深田晃司”. コミックナタリー (2019年6月14日). 2019年10月13日閲覧。
  18. ^ 森崎ウィン&高城れに W主演「彼女が成仏できない理由」”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会. 2020年6月23日閲覧。
  19. ^ 製作年は2012年。
  20. ^ 第13回大阪アジアン映画祭”. 2018年4月14日閲覧。
  21. ^ 太賀×吉田羊で「母さんがどんなに僕を嫌いでも」実写化、森崎ウィンや白石隼也も(コメントあり)”. 映画ナタリー (2018年3月12日). 2018年3月12日閲覧。
  22. ^ “松岡茉優がピアニスト役で主演、恩田陸『蜜蜂と遠雷』映画化”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2018年10月22日). https://www.crank-in.net/news/59847/1 2019年7月15日閲覧。 
  23. ^ “英勉監督が『妖怪人間ベム』をリブート 森崎ウィン、emmaら出演『妖怪人間ベラ』9月公開へ”. Real Sound (株式会社blueprint). (2020年6月11日). https://realsound.jp/movie/2020/06/post-566709.html 2020年6月11日閲覧。 
  24. ^ 本気のしるし 劇場版 : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2020年7月25日閲覧。
  25. ^ “海獣の子供:窪塚愛流が変声期で出演辞退 代役に浦上晟周 森崎ウィン、田中泯も”. MANTANWEB. (2019年4月16日). https://mantan-web.jp/article/20190415dog00m200050000c.html 2019年4月16日閲覧。 
  26. ^ 映画「キャッツ」吹替版に葵わかな、山崎育三郎、森崎ウィン、大竹しのぶら出演”. 映画ナタリー. 2019年11月18日閲覧。
  27. ^ “稲垣吾郎×要潤×勝地涼のAmazonドラマ『東京BTH』12月配信 草彅剛も登場”. CINRA.NET. (2018年10月19日). https://www.cinra.net/news/20181019-tokyobth 2019年1月16日閲覧。 
  28. ^ “日本アカデミー賞優秀賞発表 作品賞に『翔んで埼玉』『キングダム』など”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年1月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2153206/full/ 2020年1月15日閲覧。 

外部リンク[編集]