さくらしめじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さくらしめじ
別名 ガク&ヒョウガ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2014年 -
レーベル SDR(スターダスト音楽出版)
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト さくらしめじオフィシャルサイト
メンバー 田中雅功(ボーカルギター)
髙田彪我(ボーカル・ギター)

さくらしめじは、日本フォークデュオスターダストプロモーションの若手男性タレント集団「EBiDAN39&KiDS」から選抜された、初のフォークデュオである。さくらしめじの他に、「ガク&ヒョウガ」や、「ヒョーガク」、「しめじ」と呼ばれることもある。

デビュー時からイメージキャラクター、CDジャケット、グッズなどをフクモトエミがデザインしている。

ファンは「きのこりあん」と呼ばれる。これは二人が決めた名称である。

沿革[編集]

2014年

  • 6月14日[1]TOKYO MX「EBiDAN」番組内で「ガク&ヒョウガ」として結成。
  • 8月3日、大宮アルシェにて初ストリートライブを開催[2]。その後、数回開催される。
  • 11月24日、日本青年館で開催された「EBiDAN39&KiDS 星男祭2014」にて、ユニット名が「さくらしめじ」となり、1stシングル「いくじなし / きのうのゆめ」のイベント会場限定での発売が開始となった[3]
  • 11月30日-、全国各所にて「いくじなし/きのうのゆめ」リリース記念イベント「さくらしめじのひょこひょこライブ」を開催。

2015年

  • 2月15日、サンストリート亀戸にて開催された「EBiDAN THE UNiON vol.0」にて、1stシングル「いくじなし/きのうのゆめ」の全国発売を発表[4]
  • 2月、さくらしめじがニッポン放送 2015年3月度の優秀新人に選ばれる。
  • 3月11日、さくらしめじの1stシングル「いくじなし/きのうのゆめ」が全国で発売[5]
  • 5月6日、母の日の感謝を綴った新曲「ぎふと」を配信リリース[6]
  • 6月24日、2ndシングル「きみでした/せきがえのかみさま」が発売。
  • 7月31日、全国47都道府県での無料ライブイベント「さくらしめじニッポン列島菌活の旅〜広げよう“きのこの輪(フェアリーリング)”〜」を秋田県より開始。
  • 12月29日、初となるワンマンライブ「森のきのこの音楽会〜さんきゅう2015、うぇるかむ2016〜」を開催。この中で、翌年4月のワンマンライブ開催と、公式ファンクラブ「じめじめ倶楽部」の開設を発表[7]

2016年

  • 1月13日、3rdシングル「はじまるきせつ/さんきゅう」を発売。
  • 1月28日、公式LINEアカウントを開設。公式LINEブログを開始。
  • 3月18日、初のオフィシャルカレンダー「さくらしめじオフィシャルカレンダー2016.4-2017.3」を発売。
  • 4月23日、2度目のワンマンライブ「菌唱-KINSHOW-」を開催。
  • 8月17日、4thシングル「ひだりむね」を発売。
  • 10月9日、3度目のワンマンライブ「おたまじゃくしの宴」を開催。
  • 11月27日、2015年7月より行ってきた「ニッポン列島菌活の旅」の最終回を東京都・ダイバーシティ東京で開催。
  • 12月29日、初となるファンミーティング「きのこりあんの集い vol.1」を開催。

2017年

  • 3月22日、初のミニアルバム「さくら〆じ」を発売。
  • 4月23日、4度目のワンマンライブ「春しめじのeat shun」を開催。

メンバー[編集]

名前 生年月日 担当 血液型 出身地 備考
田中雅功
たなか がく
(2002-01-24) 2002年1月24日
(15歳)
ボーカルギター A型 東京都 小学5年生のときにギターを始めた。クリープハイプのファンで、影響を受けている[5][6]
髙田彪我
たかだ ひょうが
(2001-10-23) 2001年10月23日
(15歳)
ボーカル、ギター、タンバリンエッグシェイカーアコーディオン A型 東京都 小学6年生のときにギターを始めた[6]。ギターを肩に掛けタンバリンを首に掛けた姿で演奏するスタイルが基本である。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

連番 発売日 タイトル オリコン
最高位[8]
オリコン
インディーズ最高位
収録曲 規格品番 初動売上
インディーズ
- 2014年11月24日 いくじなし/きのうのゆめ 1. いくじなし
2. きのうのゆめ
- -
1 2015年3月11日 いくじなし/きのうのゆめ(全国出荷版) 37位 5位 1. いくじなし【作詞:川上真樹/作曲・編曲:矢島直樹
2. きのうのゆめ【作詞・作曲:宮崎まゆ/編曲:木村有希
ZXRC-1002 -
2 2015年6月24日 きみでした/せきがえのかみさま 68位 7位 1.きみでした【作詞・作曲・編曲:中村瑛彦
2.せきがえのかみさま【作詞・作曲・編曲:川副克弥
ZXRC-1017 -
3 2016年1月13日 はじまるきせつ/さんきゅう 9位(デイリーランキング最高5位) 1位 1.はじまるきせつ【作詞・作曲:中村瑛彦】
2.さんきゅう【作詞・作曲・編曲:鈴木裕哉】
3.てぃーけーじー【作詞・作曲・編曲:鈴木裕哉】(あさばん)
3.まよなかぴくにっく【作詞:大沢圭一/作曲:木之下慶行】(よるばん)
ZXRC-1051(あさばん)
ZXRC-1052(よるばん)
-
4 2016年8月17日 ひだりむね 18位 -位 1.ひだりむね
2.ふうせんはなび
3.だるまさんがころんだ(かみぶくろばん)
3.こんこんずし(きつねばん)
3.またたび(ねこばん)
ZXRC-1077(かみぶくろばん)
ZXRC-1078(きつねばん)
ZXRC-1079(ねこばん)
6,457枚

アルバム[編集]

連番 発売日 タイトル オリコン最高位[9] オリコンインディーズ最高位 収録曲 規格品番
1 2017年3月22日 さくら〆じ 24位 1. ひだりむね
2. かぜいろのめろでぃー
3. おたまじゃくし
4. いーでぃーえむ
5. ゆめがさめたら
6. みちくさこうしんきょく
ZXRC-2019(初回限定盤)
ZXRC-2020(通常盤)

配信限定[編集]

配信開始日 曲名 配信媒体
2015年5月6日 ぎふと【作詞・編曲・サウンドプロデュース:島崎貴光/作曲:南直博 iTunesレコチョクmora、dヒッツなど

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名 出演
加藤貞和 さくらしめじ「いくじなし」〜みゅーじっくびでお〜 - YouTube
WAKAME (ライジン) さくらしめじ「きみでした」みゅーじっくびでお - YouTube
ハヤシサトル さくらしめじ「さんきゅう」みゅーじっくびでお - YouTube
森岡千織 さくらしめじ「はじまるきせつ」みゅーじっくびでお - YouTube 芋洗坂係長
平林克理 さくらしめじ「ひだりむね」みゅーじっくびでお - YouTube 永野芽郁永井響
土屋隆俊 さくらしめじ「かぜいろのめろでぃー」みゅーじっくびでお - YouTube

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
いくじなし BS11ミュージック☆ロード』エンディングテーマ
CBCラジオ『いっしょに歌お!CBCラジオ』 4月の歌
ひだりむね テレビ東京ドラマ『こえ恋』オープニングテーマ曲 [10]
はじまるきせつ 日本テレビPON!』2017年2月度エンディングテーマ

出演[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

田中のみの出演
  • ザ・ロブスターズ (2014年10月18日、Hulu) - 俊 役
  • 家族ノカタチ 第7話(2016年2月28日、TBS) - 川澄匠 役[11]

ラジオ番組[編集]

ミュージックビデオ[編集]

インターネット[編集]

  • さくらしめじのすくすくスクール(2015年4月 - 2016年8月、OKMusic
  • さくらしめじのなんとかかんとか(2016年3月19日 - 4月17日 、LINE LIVE
  • さくらしめじの菌曜すてーしょん(2016年7月22日 - 8月26日、LINE LIVE、Youtube Live)

書籍[編集]

掲載[編集]

  • EBiDAN vol.4(2014年12月5日発売、SDP
  • EBiDAN vol.5(2015年3月29日発売、SDP)
  • EBiDAN vol.6(2015年7月21日発売、SDP)
  • EBiDAN vol.7(2015年12月17日発売、SDP)
  • さくらしめじかれんだー 2016.4→2017.3(2016年3月18日発売、SDP)
  • EBiDAN vol.8(2016年7月27日発売、SDP)
  • EBiDAN vol.9(2017年1月15日発売、SDP)
  • さくらしめじかれんだー 2017.4→2018.3(2017年2月13日発売、SDP)

主なライブ・イベント[編集]

主催イベント[編集]

  • さくらしめじニッポン列島菌活の旅〜広げよう“きのこの輪(フェアリーリング)”〜(2015年7月31日 - 2016年11月27日、全47か所)
  • 森のきのこの音楽会〜さんきゅう2015、うぇるかむ2016〜 (2015年12月29日、光が丘IMAホール
  • 菌唱-KINSHOW-(2016年4月23日、千葉県文化会館大ホール)[12]
  • おたまじゃくしの宴(2016年10月9日、よこすか芸術劇場[13]
  • きのこりあんの集い vol.1(2016年12月29日、光が丘IMAホール)
  • 春しめじのeat shun(2017年4月23日、TOKYO DOME CITY HALL

出演イベント[編集]

  • KIDS DANCE CONTEST ARCHE CUP VOL.3(2014年9月20日、大宮アルシェ)
  • 大宮RENKETSU祭@ARCH(2014年10月13日、大宮アルシェ)
  • DOQRO 緊急ライブイベント!(2014年11月3日、ルミネエスト新宿屋上)
  • EBiDAN39&KiDS 星男祭2014(2014年11月24日、日本青年館
  • EBiDAN39&KiDS 〜クリスマスイブイブライブ的な!〜(2014年12月23日、渋谷 Milky Way)
  • 第40回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン(2014年12月25日、有楽町駅前)
  • EBiDAN THE UNiON vol.0(2015年2月15日、サンストリート亀戸
  • EBiDAN THE UNiON vol.1(2015年3月29日、ゲートシティ大崎アトリウム[14]
  • ニッポン放送 ラジオパーク in日比谷 2015(2015年5月3日、日比谷公園 にれの木広場ステージ)
  • EBiDAN THE UNiON vol.2(2015年5月24日、ららぽーと柏の葉
  • ナガオカ×スクランブル with 「EBiDAN THE UNiON vol.3」(2015年6月28日、オアシス21銀河の広場)
  • EBiDAN THE LIVE 〜Summer Party〜(2015年7月12日、国際フォーラム ホールA)
  • DISH//ファンクラブイベント「皿組GOLD会員限定トークショー DISH//の部屋」1部(2015年8月17日、恵比寿 ザ・ガーデンルーム)
  • 中京テレビ24時間テレビ チャリティーライブ(2015年8月23日、栄・久屋大通公園 久屋広場、アスナル金山イオンモール名古屋茶屋
  • EBiDAN39&KiDS 星男祭2015(2015年9月27日、かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール[15]
  • 大宮駅トレインフェスタ2015×大宮RENKETSU祭(2015年10月25日、大宮アルシェ)
  • ヨコハマきのこ大祭2015(2015年10月30日、リーフみなとみらい)
  • 元気ハツラツ市(2015年11月1日、大垣駅前 新大橋ステージ)
  • しろねこまつり(2016年1月22日、下北沢ろくでもない夜)
  • 中京テレビ 番組まつり「BOYS UNIT FES.」(2016年3月27日、久屋大通公園 久屋広場)
  • 桜イルミネーション@Orbi Yokohama(2016年4月15日、オービィ横浜
  • ニッポン放送 ラジオパーク in 丸の内 2016~街と、スポーツと、音楽と~(2016年4月28日、丸ビル1階 マルキューブ)
  • EBiDAN THE LIVE 〜Summer Party〜(2016年7月20日、21日、NHKホール
  • CBCラジオ夏祭り2016(2016年7月30日、久屋大通公園)
  • EBiDAN THE UNiON〜HALLOWEEN PARTY 2016〜(2016年10月30日、TOKYO DOME CITY HALL)
  • 第42回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン(2016年12月24日、有楽町駅前ステージ)

脚注[編集]

  1. ^ . (2015年6月15日). http://ameblo.jp/ebidan/entry-12038993427.html 
  2. ^ “【雅功&彪我 ストリートライブ日記〜vol.いち〜】2014.8.3(日)”. (2014年8月3日). http://ameblo.jp/ebidan/entry-11905182540.html 
  3. ^ “ナタリー -選抜ユニット続々!EBiDAN 39 & KiDS青年館ライブ大成功”. ナタリー. (2014年11月26日). http://natalie.mu/music/news/132206 
  4. ^ “M!LK、さくらしめじ、MAGiC BOYZ…EBiDAN所属ユニット3組がCDデビュー”. BARKS. (2015年2月18日). http://www.barks.jp/news/?id=1000112822 
  5. ^ a b “EBiDANフォークデュオ・さくらしめじ登場「いちばん楽しいのは、できなかったことができたとき」”. Real Sound. (2015年3月11日). http://realsound.jp/2015/03/post-2692.html 
  6. ^ a b c “お母さんへのありがとうを歌とギターで伝える新曲登場”. OKmusic. (2015年5月6日). http://okmusic.jp/ups/interviews/2345 
  7. ^ “さんきゅう2015!さくらしめじ、歌い納めの初ワンマン大成功”. ナタリー. (2015年12月31日). http://natalie.mu/music/news/171145 
  8. ^ “さくらしめじのシングル売上ランキング”. オリコン. http://www.oricon.co.jp/prof/644403/rank/single/ 2017年3月31日閲覧。 
  9. ^ “さくらしめじのアルバム売上ランキング”. オリコン. http://www.oricon.co.jp/prof/644403/rank/album/ 2017年3月31日閲覧。 
  10. ^ “さくらしめじ、初のドラマタイアップ!テレ東系「こえ恋」に新曲提供”. 音楽ナタリー. (2016年6月22日). http://natalie.mu/music/news/191729 2016年6月22日閲覧。 
  11. ^ 高田彪我の相方・田中雅功が「家族ノカタチ」出演”. スポニチアネックス (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  12. ^ さくらしめじ、2回目となるワンマンライブも大盛況”. music.jpニュース. エムティーアイ (2016年4月24日). 2016年4月26日閲覧。
  13. ^ さくらしめじ、中学生最後のワンマンライブとなる「おたまじゃくしの宴」開催決定”. music.jpニュース. エムティーアイ (2016年7月20日). 2016年8月13日閲覧。
  14. ^ “【ライブレポート】M!LK、さくらしめじ、MAGiC BOYZの合同イベント開催。ラブソング選抜も決定”. BARKS. (2015年3月29日). http://www.barks.jp/news/?id=1000114112 
  15. ^ “新ユニットも誕生!EBiDAN 39 & KiDS大騒ぎの「星男祭2015」”. ナタリー. (2015年9月29日). http://natalie.mu/music/news/161377 

外部リンク[編集]