亜蓮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あれん
亜蓮
生年月日 (2000-05-13) 2000年5月13日(16歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 173 cm[1]
血液型 B型[1]
職業 俳優・歌手・ダンサー
ジャンル テレビ番組・映画・舞台
活動期間 2008年 -
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト プロフィール

亜蓮(あれん[1]2000年5月13日[1] - )は、日本俳優歌手ダンサーである。東京都出身[1]スターダストプロモーション芸能1部所属[1]

略歴[編集]

2008年にスターダストプロモーションに入所[2]

2010年蜷川幸雄演出の舞台彩の国シェイクスピア・シリーズヘンリー六世』のラトランド役で舞台デビュー。蜷川からは、当初「ゆっくり 大人になりなさい」などと言われていたが、その後「まだちびだな!」「いそげ!」と声をかけられるようになったことを明かしている[3]。 またジャーナリスト阪清和は亜蓮の演技に対し「その年齢では決して出せない凄みのようなものが宿っていて、目が釘付けになるほどだった。」と述べている。[4]

2011年からスターダストプロモーション主催のEBiDAN(恵比寿学園男子部)に所属[5]

2012年、第25回東京国際映画祭 日本映画・ある視点部門[6]に、主演映画『あかぼし』がノミネートされる。監督の吉野竜平は、亜蓮の起用に関して、オーディションの場における演技要求に対し「他の子とまったく違うアプローチ」をした点が決め手となったことを挙げている[7]。 また阪は「あくまでも透明な目で親を宗教団体を見つめる保の、やるせなさと少年ならではの覚悟を感じさせる演技は、同世代では群を抜いていると言われるだけのことはある。」と述べている。[4]

2014年、ムジカ・ピッコリーノNHK教育テレビ)第3話『ガタンゴトン』にてダンサーとしての出演を果たす。

2014年、EBiDAN TOKYO 39の新ユニット「EBi侍」メンバーに選抜された[8]。その後、新ユニット「けもパン5」及び「EBi心.com」のメンバー[9]にも選ばれている(詳細はEBiDAN#EBiDAN 39&KiDSと派生ユニットを参照)。

2014年、舞台『56W.X〜ぼくのサンタクロース〜』で長期の舞台では初の座長を務める[10]

2017年、EBiDANからの卒業を表明[11]

出演[編集]

個人での活動のみ。EBiDAN TOKYO 39のメンバーとしての活動はEBiDAN#EBiDAN 39&KiDSと派生ユニットに記載。

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

CM[編集]

広告[編集]

ネット配信[編集]

  • 未完成映画予告編大賞オリエンテーションムービー「ボクと彼女と、そしてボク」(2016年)ショータ 役、以下劇中パロディとして池袋ウエストゲートパーク安藤 崇(通称キング) 役、トリック山田 奈緒子 役、SPEC当麻 紗綾 役[14]

作品[編集]

グループでの作品はEBiDAN#EBiDAN 39&KiDSと派生ユニットに記載。

写真集[編集]

  • SUPER MIYUKI MATSUDA(2012年、OFFICE)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f “スターダストプロモーション – 亜蓮”. http://www.stardust.co.jp/section1/profile/aren.html 2017年3月29日閲覧。 
  2. ^ 月刊『デ☆ビュー』2014年2月号P61亜蓮インタビュー記事による
  3. ^ 亜蓮 (2013年3月9日). “蜷川幸雄×亜蓮 【ヘンリー四世 】出演決定!!”. EBiDAN オフィシャルブログ 「EBiDAN BLOG」. サイバーエージェント. 2014年4月22日閲覧。
  4. ^ a b 阪清和 (2014年10月27日). “【映画】 あかぼし(2012)”. SEVEN HEARTS. livedoor Blog. 2015年12月23日閲覧。
  5. ^ 2011年8月EBiDAN本公演『嵐の臨海学校』パンフレットによる
  6. ^ 第25回東京国際映画祭公式サイト
  7. ^ “[インタビュー]公式インタビュー 日本映画・ある視点 『あかぼし』”. 第25回東京国際映画祭. (2012年11月17日). http://2012.tiff-jp.net/news/ja/?p=16002 2014年2月17日閲覧。 
  8. ^ “注目の新人アーティストを生ライブでチェック!『oricon Power Push Live』開催。”. web De☆view by oricon. http://deview.co.jp/News?am_article_id=2036181 2014年4月20日閲覧。 
  9. ^ “EBiDAN39「Like a star」発売イベントでジャン作詞曲も”. ナタリー (ナターシャ). (2014年6月9日). http://natalie.mu/music/news/118567 2015年6月25日閲覧。 
  10. ^ 亜蓮 (2014年12月12日). “亜蓮☆彡千穐楽ありがとう!!”. EBiDAN オフィシャルブログ 「EBiDAN BLOG」. サイバーエージェント. 2014年5月28日閲覧。
  11. ^ 亜蓮 (2013年3月9日). “亜蓮です!”. EBiDAN オフィシャルブログ 「EBiDAN BLOG」. サイバーエージェント. 2017年4月4日閲覧。
  12. ^ “子役恋物語:ピラメキーノ > シーズン26プロフィール”. テレビ東京. http://www.tv-tokyo.co.jp/pirameki/about/love/season26.html 2014年2月16日閲覧。 
  13. ^ “テストの花道ニューベンゼミこの春、4月3日(月)リニューアル”. [NHK教育テレビジョン. http://www6.nhk.or.jp/hanamichi/pr2017.html 2017年3月29日閲覧。 
  14. ^ 株式会社オフィスクレッシェンド (2016年9月14日). “【公式】未完成映画予告編大賞オリエンテーションムービー「ボクと彼女と、そしてボク」フルバージョン”. MI-CAN. YouTube. 2016年10月15日閲覧。

外部リンク[編集]