新宿ゴールデン街劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新宿ゴールデン街劇場
Shinjuku Golden Gai Theater.jpg
新宿ゴールデン街劇場
(2020年。花園交番通りの公道上より撮影)
地図
情報
開館 2005年3月11日
収容人員 50人
用途 多目的(演劇音楽ライブお笑いなど)
運営 NPO法人 文化振興 SGT
所在地 160-0021
東京都新宿区歌舞伎町1-1-7 マルハビル1F
位置 北緯35度41分38.3秒 東経139度42分17.9秒 / 北緯35.693972度 東経139.704972度 / 35.693972; 139.704972 (新宿ゴールデン街劇場)座標: 北緯35度41分38.3秒 東経139度42分17.9秒 / 北緯35.693972度 東経139.704972度 / 35.693972; 139.704972 (新宿ゴールデン街劇場)
外部リンク 新宿ゴールデン街劇場
テンプレートを表示

新宿ゴールデン街劇場(しんじゅく ゴールデンがい げきじょう)は、東京都新宿区歌舞伎町新宿ゴールデン街にある劇場[1]

概要[編集]

編集プロダクションを経営していたオーナーが長年慣れ親しんだ新宿ゴールデン街に私財を投じて駐車場だった土地に4階建てのビルを新築、その中に演劇人やミュージシャンの巣立ちの場を作ろうと設立した劇場[2][3]。舞台は地下1階にある。

2005年3月11日こけら落としが行われ[4]、運営はNPO法人 文化振興 SGT(Shinjuku Golden street Theater)、1フロアで客席は約50席。演劇[5]のみではなく、音楽・お笑いライブなども行われていた。

過去には「夢と時間はあるけどお金がない」演劇人の為に歌舞伎町の清掃活動をすると劇場使用料が無料になる企画[6]や、学生の発表の場を支援するために映画[7]マジック[8]落語[9]などの劇場使用料を免除したり[注 1]、各種チャリティー公演も行っていて福祉団体などに売上金を寄付していた[10]

2018年からはお笑いコンビ八福亭」のメンバーだった秀吉が支配人を務めていた。

新宿ゴールデン街劇場が入居するビル
(2020年。花園交番通りの公道上より撮影)

2020年8月末日を以って閉館、15年の歴史に幕を閉じた[11]

アクセス[編集]

[12]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 公演当日は、募金活動を行い福祉団体などに寄付を行う。

出典[編集]

  1. ^ 【19位】新宿ゴールデン街劇場(新宿 花園) 出没!アド街ック天国 新宿・代々木・千駄ヶ谷・大久保”. テレビ東京. 2020年2月1日閲覧。
  2. ^ “ユニーク小劇場 都内に続々”. 読売新聞. (2005年4月15日) 
  3. ^ “歌舞伎町物語 2 新宿ゴールデン街劇場”. 読売新聞. (2006年5月17日) 
  4. ^ “新宿ゴールデン街 6 劇場の産声”. 朝日新聞. (2005年2月26日) 
  5. ^ 新宿ゴールデン街劇場 公演情報 検索結果”. CoRich舞台芸術!. 2020年2月1日閲覧。
  6. ^ “掃除すればタダ 粋な劇場”. 読売新聞. (2007年7月5日) 
  7. ^ “ゴールデン街で学生映画”. 朝日新聞. (2006年6月7日) 
  8. ^ “学生マジシャン腕披露”. 朝日新聞. (2006年10月16日) 
  9. ^ “落研盛り上げ 12大学が競演”. 朝日新聞. (2006年7月20日) 
  10. ^ “社協にチャリティ益金 『新宿ゴールデン街劇場』らが”. 新宿区新聞. (2012年1月1日) 
  11. ^ 新宿ゴールデン街劇場、8月末に閉館”. ステージナタリー (2020年7月14日). 2020年7月14日閲覧。
  12. ^ アクセス”. 新宿ゴールデン街劇場. 2020年2月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]