古泉駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
古泉駅
伊予鉄道 古泉駅 (2015年10月)
伊予鉄道 古泉駅 (2015年10月)
こいずみ
Koizumi
IY29 岡田 (1.0km)
(1.3km) 松前 IY31
所在地 愛媛県伊予郡松前町西古泉
駅番号 IY30
所属事業者 伊予鉄道
所属路線 郡中線
キロ程 6.6km(松山市起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
2117[1]人/日
-2014年-
開業年月日 1967年3月9日
テンプレートを表示
ホーム
バリアフリー化された出入口

古泉駅(こいずみえき)は、愛媛県伊予郡松前町にある伊予鉄道郡中線

ルビはこいずみだが、地元発音ではごいずみに近い。鎌田駅同様、郡中線の中では新しい駅である。

駅構造[編集]

島式1面1線のホームを持つ有人駅である。周囲を農地に囲まれた無人駅であったが、近隣に大型ショッピングセンターのエミフルMASAKIが開業したため簡易駅員詰所と簡易トイレを設置の上、2008年(平成20年)9月より有人化された。なお、常設の駅員詰所及び水洗トイレが設置されたことに伴い、簡易設備は撤去された。

改装前はかつて交換可能駅であったかのような構造だったが交換設備が存在した事実はない。かつてY字分岐による交換設備の計画があったので、このような形になっている。現在は改装され、片側に壁とスロープが設置されたため、通常の対向式ホームと変わらない姿になっている。

のりば[編集]

古泉駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 郡中線 余戸松山市方面
松前郡中港方面

駅周辺[編集]

かつては農村と住宅地とが混在している地域であったが、2008年(平成20年)春にフジが中四国最大級のショッピングセンターのエミフルMASAKIを駅に隣接して開業して以来、駅の南側一帯はショッピングセンターの敷地で占められている。

駅前にロータリが設置され、伊予鉄道・松前町ひまわりバスやエミフルMASAKI巡回バスの発着するバス停(古泉駅前)が設けられた。

利用状況[編集]

年度ごとの1日あたり乗降人員は以下の通り[1][2]。2008年のショッピングセンター開業以来、利用者が大きく増加している。

歴史[編集]

  • 1967年(昭和42年)3月9日 - 開業
  • 2008年(平成20年)
    • 5月 - エミフルMASAKI開業に合わせて改装。バリアフリー化(スロープの設置など)。
    • 9月1日 - 嘱託駅員を配置し有人化(日中のみ)。

隣の駅[編集]

伊予鉄道
郡中線
岡田駅 (IY29) - 古泉駅 (IY30) - 松前駅 (IY31)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]