岡田駅 (愛媛県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岡田駅
駅舎(2015年9月)
駅舎(2015年9月)
おかだ
Okada
IY28 鎌田 (1.4km)
(1.0km) 古泉 IY30
所在地 愛媛県伊予郡松前町昌農内
駅番号 IY29
所属事業者 伊予鉄道
所属路線 郡中線
キロ程 5.6km(松山市起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
1059[1]人/日
-2015年-
開業年月日 1910年7月18日
テンプレートを表示

岡田駅(おかだえき)は、愛媛県伊予郡松前町にある伊予鉄道郡中線

ホーム(1番線)
駅名標

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、有人駅である。列車交換可能駅で日中時間帯に列車が行き違うダイヤとなっている。

貨物を取り扱っていた時代には、3番ホームに引込み線があった。

のりば[編集]

岡田駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 郡中線 余戸松山市方面
2 郡中線 松前郡中港方面


利用状況[編集]

年度ごとの1日あたり乗降人員は以下の通り[1][2]

年度 乗降人員
1980年 2,142
1985年 1,639
1990年 1,379
1995年 1,324
2000年 1,016
2005年 1,032
2008年 1,082
2009年 1,092
2010年 1,066
2011年 1,083
2012年 1,112
2013年 1,126
2014年 1,072
2015年 1,059

駅周辺[編集]

駅前の通りは県道であるが、道幅は広くない。

駅舎のすぐ隣には、夜間用の通路があるが、現在は使われてなく、近隣の学校の校外学習や遠足の時などに利用される。

駅舎の南側には一部上屋付きの駐輪場がある。

駅前には、かつて数軒の商店があったが、多くは廃業しており住宅地である。駅前に松山市農業協同組合支所や岡田駅前バス停が(離れたところに伊予岡田バス停もある)、踏切を挟んで東南側に2006年(平成18年)に改装・増床した松山生協(松山市農協の小売業会社)の店舗、東に進むと回転すし店がある。北西側には松前町立岡田中学校と岡田郵便局が立地する。

さらに東の国道56号を越えると、伊予銀行岡田支店や、自動車店、DVD買取販売店、飲食店等が沿道に立地している。国家公務員官舎がさらに東にあり、関係者の駅利用も多い。

歴史[編集]

郡中線開業当初から、当駅と鎌田駅との間の位置に出合駅があったが、当駅開業の直前の1910年(明治43年)7月4日に貨物停車場に変更され、のちに廃止された。出合(であい)とは、重信川とその支流である石手川とが合流する地点という意味である。

隣の駅[編集]

伊予鉄道
郡中線
鎌田駅 (IY28) - 岡田駅 (IY29) - 古泉駅 (IY30)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]