松前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松前駅
伊予鉄道 松前駅 (2009年1月)
伊予鉄道 松前駅 (2009年1月)
まさき
Masaki
IY30 古泉 (1.3km)
(0.7km) 地蔵町 IY32
所在地 愛媛県伊予郡松前町
駅番号 IY31
所属事業者 伊予鉄道
所属路線 郡中線
キロ程 7.9km(松山市起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
948[1]人/日
-2014年-
開業年月日 1896年7月4日
テンプレートを表示

松前駅(まさきえき)は、愛媛県伊予郡松前町にある伊予鉄道郡中線

数少ない直営駅の1つで、余戸駅と共に郡中線の交通結節点に指定されている主要駅[2]

土曜日を除く平日の朝に2便、松山市発松前行きという当駅止まりのダイヤが存在する。 この便は臨時列車扱いであるが実際には定期便として利用されている。(当駅に到着後、松山市方面へと折り返す。)

緊急時の区間運転では折り返し駅となる。

歴史[編集]

南予鉄道の開業時から存在する、非常に長い歴史を持つ駅である。

松前は漁村で、かつては「おたたさん」と呼ばれる行商の女性が当駅から魚介類を天秤棒に担いで乗車し、城下(松山市)へ売りに行った。

駅構造[編集]

対向式2面3線のホームを持つ有人駅である。うち1線は、貨物列車が運転されていたころに側線として使われていた(現在は使われていない)。

なお、当駅のポイント線路は電動式である。郡中線は緊急時に、当駅か余戸駅での折り返し運転を実施する。

現在の駅舎は南予鉄道開業時の明治29年築の可能性があるが、記録が残っていないため証明はできないという[3]

のりば[編集]

松前駅プラットホーム
ホーム 路線 行先 備考
1 郡中線 余戸松山市方面
2 郡中線 郡中港方面
3 現在は不使用 架線がないため、基本的に電車は入線しない。

利用状況[編集]

郡中線各駅の利用客が増加傾向にある一方で、当駅の乗降人員は緩やかに減少していた[4]。その後、2014(平成26年)には増加に転じた[1]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

伊予鉄道
郡中線
古泉駅 (IY30) - 松前駅 (IY31) - 地蔵町駅 (IY32)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]