南京地下鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南京地下鉄(南京メトロ)
1号線の地下鉄車輌。
1号線の地下鉄車輌。
基本情報
中華人民共和国の旗 中国
所在地 江蘇省南京市
種類 地下鉄
開業 2005年9月3日
(14年前) (2005-09-03
所有者 南京市(ナンキン市)
運営者 南京地鉄集団有限公司
公式サイト NJMetro
詳細情報
総延長距離 378 km
路線数 10(営業中)
3(建設中)
11(計画中)
駅数 174
軌間 1,435 mm (標準軌)
電化方式 直流 15000 V 架空電車線方式
最高速度 120 km/h (S9号線)
路線図
路線図
2015年4月1日時点の南京地下鉄路線図。
テンプレートを表示
南京地下鉄
各種表記
繁体字 南京地鐵
簡体字 南京地铁
拼音 Nánjīng Dìtiĕ
発音: ナンチン ティーティエ
テンプレートを表示

南京地下鉄(なんきんちかてつ)は中華人民共和国南京市にある地下鉄である。

概要[編集]

市営鉄道としての歴史は1907年光緒33年)の省寧鉄路(京市鉄路)まで遡れる。2005年4月10日1号線が運営開始し、中国大陸では6番目に地下鉄ができた都市となった。

2017年末現在、1号線2号線3号線4号線10号線S1号線S3号線S7号線S8号線S9号線が運行中で、総延長378km(駅数174駅)、現在中華圏エリアの中で4位、世界で11位となる。なお、5号線6号線7号線が建設中で2020年代前半までに運営が開始される予定である。

営業路線[編集]

1号線:38.9km、27駅
2号線:38.0km、26駅
3号線:44.9km、29駅
4号線:33.75km、18駅
10号線:21.6km、14駅
S1号線:35.8km、9駅
S3号線:36.22km、19駅
S7号線:30.2km、9駅
S8号線:45.2km、17駅
S9号線:52.42km、6駅

1号線(南北線)[編集]

1号線は南北線で、2005年一期プロジェクトおよび西延長線が完工し、さらに2010年に南延長線が完工。2014年に西延長線が10号線へ編入。現在では北より邁皋橋駅、南では中国薬科大学駅まで,全長38.9km。駅数27駅,片道走行時間は約61分間。平均走行速度が約38km/h。

新街口駅で2号線と、そして南京駅3号線と、鼓楼駅4号線と、安徳門駅10号線と、南京南駅で3号線、S1号線S3号線と乗り換えできる。1号線は南京市内の南北軸線中央路、中山路、中山南路に沿って南へ、南京駅鼓楼新街口南京南駅江寧ユニバーシティタウンなど数多くの重要エリアを繋ぐ。

車両はA型車両の6両編成58本で運用。設計上の最高速度は80km/h。全区間運行(邁皋橋駅—中国薬科大学駅)と区間運行(邁皋橋駅—河定橋駅間)が交互運行をしている[1][2]

2号線(東西線)[編集]

2号線は東西線で2010年より運営開始。西より油坊橋駅、東では経天路駅まで。全長37.95km、駅数26駅、全線所要時間は約58分間。平均走行速度が約39km/h。南京市内の東西軸線に沿って河西ニュータウン、新街口、孝陵衛仙林ユニバーシティタウンなど数多くの重要エリアを繋ぐ。

新街口駅で1号線と、大行宮駅3号線と、金馬路駅4号線と、元通駅10号線と、油坊橋駅でS3号線と乗り換えできる。

車両はA型車両の6両編成35本で運用。設計上の最高速度は80km/h。運行間隔はラッシュアワーで4分05秒毎(朝)と4分50秒毎(晩)、週末ラッシュアワーでは4分50秒毎、それ以外は7分間毎程度である[3]

3号線[編集]

3号線は2010年より運営開始、長江北岸の林場駅から、トンネルで長江をくぐり、秣周東路駅まで、全長44.9km、駅数29駅、全線所要時間は約72分間。

泰馮路駅でS8号線と、南京駅で1号線と、鶏鳴寺駅で4号線と、大行宮駅で2号線と、南京南駅で1号線、S1号線S3号線と乗り換えできる。

車両はA型車両の6両編成46本で運用。設計上の最高速度は80km/h。全区間運行(林場駅—秣周東路駅)と区間運行(林場駅—勝太西路駅間)が交互運行をしている。

運賃[編集]

  • 距離制で初乗りは2(約35円)、最高額は15元(約225円)である。

計画[編集]

南京メトロ:南京地下鉄の唯一な経営者、今まで(2018年1月)城市地下鉄は15本(1-15号線)、城際地下鉄11本(S1-S11号線)に計画した。

建設開始が近い路線[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “南京地铁一号线早高峰今起增开1趟列车”. 扬子晚报. (2012年3月9日). http://www.yangtse.com/system/2012/03/09/012890318.shtml 
  2. ^ 一号线西延线 2014年独立为10号线” (中国語). 南京日报 (2010年5月17日). 2014年7月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年6月13日閲覧。
  3. ^ 毛丽萍 (2012年6月4日). “取消三段式运营 南京地铁二号线昨提前恢复正常”. 现代快报. オリジナルの2012年6月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120620143027/http://news.dsqq.cn/kbtt/2012/06/04075503907.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]