南京地下鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南京地下鉄
基礎情報
所在地 中華人民共和国の旗中国江蘇省南京市
種別 地下鉄
路線数 6(営業中)
3(建設中)
14(計画中)
駅数 121
運営
開業日 2005年9月3日
運営者 南京地鉄集団有限公司
仕様
路線総延長 225km
軌間 1,435mm
テンプレートを表示
南京地下鉄
各種表記
繁体字 南京地鐵
簡体字 南京地铁
拼音 Nánjīng Dìtiĕ
発音: ナンジン ディーティエ
テンプレートを表示

南京地下鉄(なんきんちかてつ)は中国南京市にある地下鉄である。

概要[編集]

市営鉄道としての歴史は1907年光緒33年)の京市鉄路まで遡れる。2005年4月10日1号線が運営開始し、中国大陸では7番目に地下鉄ができた都市となった。2015年現在、1号線2号線3号線10号線S1号線S8号線が運行中で、総延長225.4km(駅数121駅)、現在中華圏エリアの中で4位、世界で11位となる。なお、4号線S3号線S7号線S1号線高淳支線が建設中で、数年以内に運営が開始する予定である。


営業路線[編集]

NJmetro20150401.png
1号線
2号線
3号線
10号線
S1号線(空港線)
S8号線

1号線(南北線)[編集]

1号線は南北線で、2005年一期プロジェクトおよび西延長線が完工し、さらに2010年に南延長線が完工。2014年に西延長線が10号線へ編入。現在では北より邁皋橋駅、南では中国薬科大学駅まで,全長38.9km。駅数27駅,片道走行時間は約61分間。平均走行速度が約38km/h。1号線は新街口駅で2号線と、そして南京駅3号線と、安徳門駅10号線と、南京南駅で3号線、S1号線と乗り換えできる。1号線は南京市内の南北軸線中央路、中山路、中山南路に沿って南へ、南京駅鼓楼新街口南京南駅江寧ユニバーシティタウンなど数多くの重要エリアを繋ぐ。1号線では車両がA型車両の6両編成45本で運用。設計上の最高速度は80km/h。全区間運行(邁皋橋駅—中国薬科大学駅)と区間運行(邁皋橋駅—河定橋駅間)が交互運行をしている[1][2]

2号線(東西線)[編集]

2号線は東西線で2010年より運営開始。西より油坊橋駅、東では経天路駅まで。全長37.95km、駅数26駅、全線所要時間は約58分間。平均走行速度が約39km/h。南京市内の東西軸線に沿って河西ニュータウン、新街口、孝陵衛仙林ユニバーシティタウンなど数多くの重要エリアを繋ぐ。新街口駅で1号線と、大行宮駅3号線と、元通駅10号線と乗り換えできる。2号線では車両がA型車両の6両編成33本で運用。設計上の最高速度は80km/h。運行間隔はラッシュアワーで4分05秒毎(朝)と4分50秒毎(晩)、週末ラッシュアワーでは4分50秒毎、それ以外は7分間毎程度である[3]

運賃[編集]

  • 距離制で初乗りは2(約35円)、最高額は9元(約150円)である。

拡張工事[編集]

計画[編集]

南京地下鉄路線図 2030年
南京鉄道交通計画図 2030年

建設開始が近い路線[編集]

中長期計画の路線[編集]

  • 1号線の北部延伸[6]
  • 5,7,8,9,13~17号線も計画中である(2009年の南京市規則局による計画)[7]

脚注[編集]

  1. ^ “南京地铁一号线早高峰今起增开1趟列车”. 扬子晚报. (2012年3月9日). http://www.yangtse.com/system/2012/03/09/012890318.shtml 
  2. ^ 一号线西延线 2014年独立为10号线” (zh-cn). 南京日报 (2010年5月17日). 2010年6月13日閲覧。
  3. ^ 毛丽萍 (2012年6月4日). “取消三段式运营 南京地铁二号线昨提前恢复正常”. 现代快报. http://news.dsqq.cn/kbtt/2012/06/04075503907.html 
  4. ^ 南京地铁4号线、机场线昨开工
  5. ^ 南京地铁4号线2015年建成通车 西康路站取消
  6. ^ 南京地铁1号线北延线近期不开建
  7. ^ 南京主城新增4条加密地铁线 17条全披露

関連項目[編集]

外部リンク[編集]