ガンニバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガンニバル
ジャンル サスペンス[1]
漫画
作者 二宮正明
出版社 日本文芸社
掲載誌 週刊漫画ゴラク
レーベル ニチブンコミックス
発表号 2018年10月19日号 - 2021年12月10日号
発表期間 2018年10月5日[1] - 2021年11月26日
巻数 全13巻
話数 全120話
テレビドラマ:ガンニバル
原作 二宮正明
監督 片山慎三
脚本 大江崇允
制作
放送局 Disney+
放送期間 2022年12月28日 -
話数
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画テレビドラマ
ポータル 漫画テレビドラマ

ガンニバル』は、二宮正明による日本漫画作品。『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)にて、2018年10月19日号[1]から2021年12月10日号まで連載された。

単行本は全13巻。2022年12月時点で累計発行部数は210万部を突破している[2]

カニバリズムを題材として限界集落を舞台とした、サスペンス作品である[3]

2021年1月30日、31日にオンラインイベント「マツリー」が開催され、企画「マンガ誌編集長が選ぶ、2020年のイチオシ作品」にて、『週刊漫画ゴラク』編集長の佐野宣人は本作を選んでいる[4]

2021年10月、本作のドラマ化が発表された[5]。2022年12月28日からDisney+で配信された[6][7]。ドラマの配信を記念して、川口尊をメインとして乱射事件の裏側を描いた特別編が、『週刊漫画ゴラク』2022年12月30日号に掲載されている[8]

あらすじ[編集]

主人公である駐在の阿川大悟は山間の村「供花村」に赴任することになる。前任の駐在が残した「この村の人間は人を喰ってる」という言葉に大悟も疑念を感じるようになる。閉鎖的な村社会で次々と起きる事件に大悟と妻、娘が巻き込まれていく。

書誌情報[編集]

  • 二宮正明『ガンニバル』日本文芸社〈ニチブンコミックス〉、全13巻
    1. 2019年2月18日発売[3][9]ISBN 978-4-537-13881-8
    2. 2019年5月20日発売[10]ISBN 978-4-537-13924-2
    3. 2019年8月19日発売[11]ISBN 978-4-537-13969-3
    4. 2019年11月18日発売[12]ISBN 978-4-537-14174-0
    5. 2020年1月29日発売[13]ISBN 978-4-537-14195-5
    6. 2020年4月20日発売[14]ISBN 978-4-537-14233-4
    7. 2020年7月9日発売[15]ISBN 978-4-537-14260-0
    8. 2020年10月9日発売[16]ISBN 978-4-537-14292-1
    9. 2021年1月9日発売[17]ISBN 978-4-537-14327-0
    10. 2021年4月8日発売[18]ISBN 978-4-537-14362-1
    11. 2021年7月16日発売[19]ISBN 978-4-537-14388-1
    12. 2021年11月18日発売[20]ISBN 978-4-537-14434-5
    13. 2022年2月28日発売[21]ISBN 978-4-537-14465-9

ドラマ[編集]

ガンニバル
ジャンル 連続ドラマ
原作 二宮正明
脚本 大江崇允
監督 片山慎三
出演者 柳楽優弥
笠松将
吉岡里帆
倍賞美津子
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
話数 全7話
製作
プロデューサー 山本晃久
岩倉達哉
配信
放送チャンネルDisney+
放送国・地域日本の旗 日本
放送分33 - 49分
回数7
ガンニバル
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2022年12月28日 -
放送時間毎週水曜日
回数7
公式サイト
テンプレートを表示

2022年12月28日にDisney+で世界に先駆けて日本で独占配信された(全7話。初回配信分のみ2話同時配信)[7][22]。11月1日、TOHOシネマズ シャンテ(東京・千代田区有楽町)において、第35回東京国際映画祭の「TIFFシリーズ部門」[注釈 1]として全世界配信を前に第1話・第2話が先行上映された[23]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 映画作品だけでなく、テレビ放送、インターネット配信などを目的に製作されたシリーズ作品の秀作を選出し、公開に先駆けて上映された。

出典[編集]

  1. ^ a b c “前任者は失踪…田舎の村に駐在することになった男描くサスペンスがゴラクで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年10月5日). https://natalie.mu/comic/news/302528 2021年8月16日閲覧。 
  2. ^ 「次号予告」『週刊漫画ゴラク』2022年12月23日号、日本文芸社、2022年12月9日、 308頁、 ASIN B0BMMB4DDT
  3. ^ a b “山間の村で行われているのは食人…?二宮正明のサスペンス「ガンニバル」1巻”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年2月18日). https://natalie.mu/comic/news/320367 2021年8月16日閲覧。 
  4. ^ “マンガ誌編集長が選ぶ、2020年のイチオシ作品”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年3月5日). https://natalie.mu/comic/column/416418 2021年8月16日閲覧。 
  5. ^ “二宮正明が描く村八分サスペンス「ガンニバル」、柳楽優弥主演でドラマ化”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年10月14日). https://natalie.mu/comic/news/449300 2021年10月14日閲覧。 
  6. ^ Disney+、「四畳半タイムマシンブルース」など日本発作品を全世界配信”. AV Watch (2021年10月14日). 2021年10月17日閲覧。
  7. ^ a b 「ガンニバル」血まみれの柳楽優弥、生々しい歯形のついた腕…ビジュアル3点披露&12月28日配信”. 映画.com (2022年9月13日). 2022年9月15日閲覧。
  8. ^ “ドラマ化も果たした「ガンニバル」特別編がゴラクに、乱射事件の裏側を描く”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年12月16日). https://natalie.mu/comic/news/505386 2022年12月16日閲覧。 
  9. ^ ガンニバル 1 (単行本)”. 日本文芸社. 2021年8月16日閲覧。
  10. ^ ガンニバル 2 (単行本)”. 日本文芸社. 2021年8月16日閲覧。
  11. ^ ガンニバル 3 (単行本)”. 日本文芸社. 2021年8月16日閲覧。
  12. ^ ガンニバル 4 (単行本)”. 日本文芸社. 2021年8月16日閲覧。
  13. ^ ガンニバル 5 (単行本)”. 日本文芸社. 2021年8月16日閲覧。
  14. ^ ガンニバル 6 (単行本)”. 日本文芸社. 2021年8月16日閲覧。
  15. ^ ガンニバル 7 (単行本)”. 日本文芸社. 2021年8月16日閲覧。
  16. ^ ガンニバル 8 (単行本)”. 日本文芸社. 2021年8月16日閲覧。
  17. ^ ガンニバル 9 (単行本)”. 日本文芸社. 2021年8月16日閲覧。
  18. ^ ガンニバル 10 (単行本)”. 日本文芸社. 2021年8月16日閲覧。
  19. ^ ガンニバル 11 (単行本)”. 日本文芸社. 2021年8月16日閲覧。
  20. ^ ガンニバル 12 (単行本)”. 日本文芸社. 2021年11月18日閲覧。
  21. ^ ガンニバル 13 完 (単行本)”. 日本文芸社. 2022年2月28日閲覧。
  22. ^ “柳楽優弥主演、ディズニープラスのオリジナルドラマ「ガンニバル」が今冬配信決定”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年4月15日). https://natalie.mu/eiga/news/474002 2022年8月6日閲覧。 
  23. ^ “日本発のディズニープラス作品「ガンニバル」、全世界配信を前に東京国際映画祭でお披露目!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2022年11月1日). https://eiga.com/news/20221101/20/ 2022年12月16日閲覧。 
  24. ^ a b c d e f g h i j k 柳楽優弥主演のサイコスリラー「ガンニバル」に笠松将、吉岡里帆らが参加”. 映画ナタリー. ナターシャ (2022年10月19日). 2022年10月27日閲覧。