中村祐太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なかむら ゆうたろう
中村 祐太郎
生年月日 (1990-05-11) 1990年5月11日(32歳)
出生地 日本の旗 日本東京都大田区
職業 映画監督俳優
ジャンル 映画
主な作品
出演
全員死刑
岬の兄妹
監督
『太陽を掴め』
テンプレートを表示

中村 祐太郎(なかむら ゆうたろう、 1990年 5月11日- )は、日本の映画監督俳優東京都 大田区出身。多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科卒業[1]

来歴[編集]

2013年、多摩美術大学在学時に制作した『ぽんぽん』が 第25回東京学生映画祭でグランプリ、第16回京都国際学生映画祭で最終審査員賞を受賞する[2]。2015年、卒業制作として発表した『雲の屑』が第27回東京学生映画祭にて観客賞、グランプリのW受賞を果たす[3]。2016年、第29回東京国際映画祭に出品された吉村界人主演『太陽を掴め』にて劇場長編デビュー[4]

2017年、『女流闘牌伝 aki -アキ-』で商業映画デビュー[5]

2021年、第16回大阪アジアン映画祭 インディ・フォーラム部門にて『スウィートビターキャンディ』『新しい風』の2作品が入選を果たした[6][7]

監督作品[編集]

映画[編集]

  • ぽんぽん(2013年)
  • すべては ALL-NIGHT(2013年)
  • 真・あんこまん(2014年)
  • 雲の屑(2015年)

MV[編集]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

撮影[編集]

映画[編集]

プロモーションビデオ[編集]

アニメーション映画[編集]

  • 音楽(2020年1月11日公開)

脚注[編集]

  1. ^ 中村祐太郎監督” (日本語). CINEMA DISCOVERIES. 2020年11月14日閲覧。
  2. ^ ミニシアターに行こう。 | 第25回東京学生映画祭授賞式レポート-グランプリは多摩美術大学 中村祐太郎監督「ぽんぽん」に”. ミニシアターに行こう。 (2013年6月5日). 2020年11月14日閲覧。
  3. ^ 第27回東京学生映画祭 オフィシャルブログ”. ameblo.jp. 2020年11月14日閲覧。
  4. ^ 太陽を掴め | 第29回東京国際映画祭”. 2016.tiff-jp.net. 2020年11月14日閲覧。
  5. ^ ザテレビジョン. “岡本夏美、増田有華の“目力”に圧倒される | 芸能ニュースならザテレビジョン” (日本語). ザテレビジョン. 2020年11月19日閲覧。
  6. ^ スウィートビターキャンディ|OAFF2021|インディ・フォーラム部門” (日本語). www.oaff.jp. 2021年3月13日閲覧。
  7. ^ 新しい風|OAFF2021|インディ・フォーラム部門” (日本語). www.oaff.jp. 2021年3月13日閲覧。
  8. ^ “柳楽優弥主演のサイコスリラー「ガンニバル」に笠松将、吉岡里帆らが参加”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年10月19日). https://natalie.mu/eiga/news/498041 2022年10月19日閲覧。 

外部リンク[編集]