田中俊介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
たなか しゅんすけ
田中 俊介
生年月日 (1990-01-28) 1990年1月28日(28歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県
身長 175 cm
血液型 B型
職業 俳優歌手タレント
ジャンル テレビ番組映画舞台
事務所 フォーチュンエンターテイメント
公式サイト プロフィール

田中 俊介(たなか しゅんすけ、1990年1月28日[1] - )は、日本俳優タレント。男性グループBOYS AND MEN、およびその派生ユニットのYanKee5NO IDEAのメンバーである。

愛知県出身[1]。フォーチュンエンターテイメント所属。BOYS AND MENでのメンバーカラーは銀[2]。愛称はしゅんくん[2]

略歴[編集]

愛知県小牧市生まれ[3]。大学在学中に街頭でのスカウトをきっかけにモデルの仕事を始め、モデル事務所に所属した[4]。かつてはセントラルジャパン所属であったが[5]、BOYS AND MEN加入後にその運営事務所であるフォーチュンエンターテイメントへ移籍をしている。2010年4月、BOYS AND MENの前身プロジェクト「IKEMEN☆NAGOYA」の第1回公開オーディションに参加し、6月にその始動時のメンバーとなった[3]。第1弾公演『ストレートドライブ!』において、プロデューサーの谷口誠治の指名により小林豊とともに主演に抜擢された[6][7]。2011年、第2弾公演『ホワイト☆タイツ』でメインキャスト「ヤンキー5人組」の一人・安藤芳樹の役に就き[8]、派生ユニット・YanKee5のメンバーとなった。

2013年2月に開催されたBOYS AND MENの人気投票「『ホワイト☆タイツII 名古屋本公演』人気投票」において2位を獲得し、1位の田村侑久と二人組ユニット・NO IDEAを結成。10月に田村と外部舞台『鍵』の主演を務めた[9]。2014年のBOYS AND MEN人気投票では3位にランクインした[10]。グループでの活動のほかに、単独でのテレビドラマ、映画出演などで活動。2017年公開の映画『ダブルミンツ』で主演を務めた[11]

人物[編集]

身長175cm、血液型はB型[1]。特技は野球、趣味は映画観賞・筋トレ[1]。小学3年生から高校まで野球を続けた[12]。憧れていた野球選手は中日ドラゴンズ荒木雅博[13]。映画はデヴィッド・フィンチャークエンティン・タランティーノの作品を好む[13]。野球から離れた大学では目標を持たずに過ごしており、この時期に田中と会った谷口誠治が受けた第一印象は「チャラチャラした『今どきの若者』で、僕がいちばん嫌いなタイプ」・「いきがっている田舎のヤンキーかよ」といった良いものではなかったが、面接で話をしたことで印象が変わり、旗揚げ公演の主演に起用したと明かしている[7]

BOYS AND MENでのキャッチフレーズは「白銀のギャップ野郎」[2]。グループ内では兄貴分というポジションであり[14][15]水野勝がリーダーになる以前からグループのまとめ役を買って出ていた[16]。土田拓海と平松賢人、ほか加入時に同じセントラルジャパン所属であった清水天規(現・祭nine.)や平野紫耀[5]と同じく初期メンバーであり、土田や平松は田中の印象を「最初から目立っていた」・「この人はすごく上に行きそうだなって思った」などと語っている[6]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

映画[編集]

配信ドラマ[編集]

  • 学園のクローバー(2013年)[17]
  • キスのカタチ「ワンシーン」(2016年)優斗 役[23]

舞台[編集]

  • ストレートドライブ!(2010年 - 2011年)渋谷徹男 役[6]
  • ホワイト☆タイツ(2011年 - 2012年)安藤芳樹 役
  • ストレートドライブR(2012年)渋谷徹男 役[24]
  • ホワイト☆タイツII(2012年 - 2013年)安藤芳樹/アルフォンゾ 役[25]
  • 東京奇人博覧会(2013年)[17]
  • 鍵(2013年)秋山 役[26]
  • RETURNER(2013年 - 2014年)近藤勇/坂本龍馬[26]

ラジオドラマ[編集]

その他[編集]

  • 大垣共立銀行 手のひらソリューション PRキャラクター「OKBテソちゃん」(2017年)[29]

作品[編集]

電子書籍[編集]

  • 写真集『NO LIMIT: TANAKA』(2015年、中京テレビ放送)[30]
  • CanCam デジタルフォトブック『田中俊介 COLOR-02 “SILVER”』(2018年、小学館)[31]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 田中俊介”. フォーチュンエンターテイメント. 2018年3月12日閲覧。
  2. ^ a b c 《連載》BOYS AND MEN「直筆アンケート」(3) 白銀のギャップ野郎・田中俊介”. ポニーキャニオン (2015年6月11日). 2015年8月9日閲覧。
  3. ^ a b 「ボイメンと妄想デートしない? - 田中俊介」 『中日スポーツ』 2014年4月16日、第4版 22面、Weeklyエンタメ。
  4. ^ 長いよ!覚悟してな《しゅん》”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2012年12月1日). 2015年8月9日閲覧。
  5. ^ a b 2011年5月19日の投稿”. セントラルジャパン. Twitter (2011年5月19日). 2015年8月9日閲覧。
  6. ^ a b c ボイメンWalker, p. 48-58, 「5th Anniversary Interview」.
  7. ^ a b 谷口誠治, 第5章, 第7章.
  8. ^ “名古屋のイケメン集団ミュージカル!! ヤンキーがバレエに挑戦!?”. 東海ウォーカー. (2011年8月14日). http://news.walkerplus.com/article/23882/ 2015年8月9日閲覧。 
  9. ^ “テレピアホールで25周年記念舞台「鍵」 -名古屋ゆかりのエンターテイナー結集”. サカエ経済新聞. (2013年7月18日). http://sakae.keizai.biz/headline/1939/ 2015年8月9日閲覧。 
  10. ^ STAFFよりBOYS AND MEN人気投票の結果をお知らせいたします。”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2014年9月24日). 2018年3月12日閲覧。
  11. ^ “中村明日美子原作「ダブルミンツ」に淵上泰史、田中俊介ら出演”. 映画ナタリー. (2017年1月31日). http://natalie.mu/eiga/news/218749 2017年2月23日閲覧。 
  12. ^ あいスポ:BOYS AND MENスポーツインタビュー 田中俊介. 第1回, 第2階, 第3回. 愛知県振興部スポーツ振興課. 愛知県. 2018年3月12日閲覧。
  13. ^ a b 「BOYS AND MEN “丸裸”スペシャルインタビュー 2017」、『KELLY 2月号』、株式会社ゲイン、2016年12月、 80-81頁。
  14. ^ アイドルじゃない! 名古屋発の男版・宝塚“BOYS AND MEN”とは”. ORICON NEWS (2015年8月12日). 2017年2月22日閲覧。
  15. ^ 名古屋発のエンターテインメント集団 メンバーを代表して7名に直撃インタビュー - BOYS AND MEN”. Deview-デビュー (2016年8月17日). 2017年2月22日閲覧。
  16. ^ 【連載】“ボイメン”しりとり〜“ん”まで続くよどこまでも〜〈第3回目〉田中俊介×勇翔”. ランキングBOX (2016年7月1日). 2017年2月23日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g ボイメンWalker, p. 74-83, 「ボイメン年表」.
  18. ^ ボイメンとSKEがコラボした3夜連続ドラマが放送!”. ザテレビジョン (2017年3月27日). 2017年6月15日閲覧。
  19. ^ BOYS&MEN(ボイ☆メン)の愛知きしめん家族”. テレビ愛知. 2015年10月29日閲覧。
  20. ^ a b ボイメンWalker2, p. 76-81, 「ボイメンビジュアルヒストリー 2015〜2017」.
  21. ^ “BOYS AND MEN:メンバーに聞く〈5〉 田中俊介「自分役に妥協しなかった」”. まんたんウェブ. (2016年10月23日). http://mantan-web.jp/2016/10/23/20161023dog00m200019000c.html 2017年2月23日閲覧。 
  22. ^ 大谷亮平の初主演映画「ゼニガタ」に小林且弥、ボイメン田中俊介、安達祐実ら出演”. 映画ナタリー (2018年2月21日). 2018年3月12日閲覧。
  23. ^ STORY - 『ワンシーン』田中俊介”. 「キスのカタチ 11VARIATIONS OF LOVE」公式サイト. 2016年5月8日閲覧。
  24. ^ 渋谷徹男《しゅん》”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2012年6月6日). 2017年2月23日閲覧。
  25. ^ 千秋楽《しゅん》”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2013年2月11日). 2017年2月23日閲覧。
  26. ^ a b 即完!《しゅん》”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2014年6月18日). 2015年8月9日閲覧。
  27. ^ 夜叉ヶ池で見つけた命 - NHK オーディオドラマ”. NHK. 2015年8月9日閲覧。
  28. ^ 夜叉ヶ池で見つけた命《しゅん》”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2015年3月23日). 2015年8月9日閲覧。
  29. ^ BOYS AND MEN田中俊介が大垣共立銀行の広告キャラクターに!”. BOYS AND MEN OFFICIAL SITE (2017年11月29日). 2018年3月12日閲覧。
  30. ^ 美ボディー写真集プロジェクト - ボイメン☆MAGIC”. 中京テレビ. 2016年3月9日閲覧。
  31. ^ 田中 俊介 COLOR-02 “SILVER””. 小学館. 2018年3月12日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]