チャラ男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チャラ男(チャラお)とは、「チャラチャラした」と形容されるような、言動が軽薄な若い男性のキャラクターを指す日本語若者言葉の表現[1][2]である。

概要[編集]

1990年代から使用されていたが[3]2011年オリエンタルラジオ藤森慎吾がこのキャラクターで再ブレイクし、広く注目された[2][4][5]

藤森以外にチャラ男と評される人物としては、「チャラ男キャラクター」を売りにする芸人である[6]、スポーツ選手では容貌に由来する愛称としてそのように呼ばれるサッカー選手の大津祐樹[7](現横浜F・マリノス)などがいる。また、元埼玉西武ライオンズの内野手であった平尾博嗣には、その風貌と姓から「チャラ尾」という愛称があった[8]

チャラ男のイメージ[編集]

チャラ男は、(日焼けサロンに通って作った)日焼けした肌、茶髪や金髪に染めた髪で、ナンパと合コンに明け暮れるといったイメージで語られることがある[9]

また、ピアスなどのアクセサリー類を身につけていることから「チャラチャラしている」という表現が生まれたとする見方もある[10]

女性から見て「チャラ男は話しやすいし、楽しいし、一緒にいて楽」だが、「逆を返せば、どの女の子にも同じように接するから、彼女がいても浮気してそう…」といったイメージでも語られる[5]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 其山史晃 (2004年5月15日). “「女子高生語」分かる? 「すぐ変わり増える」”. 朝日新聞(朝刊・千葉): p. 31  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  2. ^ a b 藤森慎吾 (2011年8月3日). よしもと☆スタイルVOL.16 藤森慎吾『次の“標的”は少女時代で決まり!!』. (インタビュー). オリコン.. 東京都. http://www.oricon.co.jp/entertainment/interview/2011/ystyle0803/index.html 2011年8月17日閲覧。 
  3. ^ 1990年代の使用例:松原慶 (1997年8月11日). “手作りアクセサリーに走るチャラ男くん 売れるのは同じアイテム”. アエラ: 75.  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  4. ^ “放送塔 礼儀正しい藤森慎吾”. 読売新聞(東京朝刊): p. 34. (2011年11月21日) 
  5. ^ a b 宮みゆき (2011年11月1日). “人気上昇中!?“チャラ男”ってどうなの?”. セキララ・ゼクシィ(リクルート). 2011年12月21日閲覧。
  6. ^ チャラ男のパラパラブログ”. 慶. 2012年11月3日閲覧。
  7. ^ サッカー界の“チャラ男”スペイン撃沈! 茶髪の苦労人が男泣き”. zakzak (2012年7月27日). 2012年11月3日閲覧。
  8. ^ 4/8 平尾博嗣プロデュース「チャラ尾Tシャツ」発売!”. 西武ライオンズ (2009年3月31日). 2013年3月29日閲覧。
  9. ^ 花野雄太 (2010年12月4日). “ひと 石松宏章さん カンボジアに小学校を建てた”. 朝日新聞(朝刊): p. 2  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  10. ^ チャラ男だと勘違いされる行動9パターン”. スゴレン (2010年4月14日). 2011年12月21日閲覧。

関連項目[編集]