大津祐樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大津 祐樹 Football pictogram.svg
Yuki Otsu 2012 Borussia Mönchengladbach (cropped).jpg
ボルシアMG時代(2012年)
名前
愛称 ユウキ[1]、チャラ男[2]
カタカナ オオツ ユウキ
ラテン文字 OTSU Yuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-03-24) 1990年3月24日(26歳)
出身地 茨城県水戸市
身長 180cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 柏レイソル
ポジション FW (ST, WG) / MF (OH, SH)
背番号 10
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2011 日本の旗 柏レイソル 66 (7)
2011-2012 ドイツの旗 ボルシアMG 3 (0)
2012-2014 オランダの旗 VVVフェンロー 42 (5)
2015- 日本の旗 柏レイソル 33 (2)
代表歴2
2011-2012  日本 U-23 14 (6)
2013  日本 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月3日現在。
2. 2013年3月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

大津 祐樹(おおつ ゆうき、1990年3月24日 - )は、茨城県水戸市出身のサッカー選手Jリーグ柏レイソル所属。元日本代表。ポジションはフォワードミッドフィールダー

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

兄の影響で小学校3年生の時にサッカーを始めた[3]。幼少期は小柄な体格で、中学生になっても身長は140cmほどしかしかなかったが、鹿島アントラーズノルテジュニアユースと並行してmalvaサッカースクール水戸校に通い、フットサルのプレーを通じて足元の技術を磨いた[3][4]

鹿島ではユースに昇格できず、東京都成立学園高校に進学[3][4]。同級生にフィッツジェラルド舞行龍ジェームズらがいた[5]。高校1年時の冬には全国高等学校サッカー選手権大会に出場したが、1回戦で敗退した[3][4]。在学中は全国的には無名の選手で、Jリーグクラブからの獲得オファーはなかったため、大学進学を考えていたが、柏レイソルと練習試合を行った際に鈴木康仁スカウト(当時)の目に留まり、熱烈な勧誘を受けて柏へ入団することを決めた[4][6]

クラブ[編集]

柏レイソル[編集]

加入直後の2008年2月、フランサ北嶋秀朗李忠成といったフォワード陣が相次いで離脱したことから、プレシーズンマッチちばぎんカップでいきなりスターティングメンバーに抜擢されたが、対戦相手のエディ・ボスナーに抑えこまれ、プロの洗礼を味わった[4]。この悔しさから徹底したフィジカル強化に取り組み、2009年には攻撃の柱としてリーグ戦33試合に出場し、6得点を挙げたものの、チームはJ2に降格した[4]

翌年もJ1クラブから届いたオファーを全て断り柏に残留したが、筋肉系の負傷が続き、9月にはネルシーニョ監督の意向もあって約1ヶ月間ブラジルサンパウロに渡り、怪我の治療と再発防止のための肉体強化に専念した[4]。J1に復帰した2011年は開幕からレギュラーに復帰し、7月までにリーグ戦10試合に出場した[4]

ボルシアMG[編集]

ボルシアMG時代(2011年)

2011年7月、ドイツ・ブンデスリーガボルシア・メンヒェングラートバッハへ移籍[7]レギオナルリーガ(4部)のリザーブチームでプレーした後、同年10月22日の第10節TSG1899ホッフェンハイム戦で後半39分から途中出場し、ブンデスリーガデビューを果たした[8]。しかし、マルコ・ロイスフアン・アランゴパトリック・ヘアマンといった層の厚い攻撃陣に割って入ることはできず、リーグ戦では3試合、計31分の出場に留まった[9][10]

VVVフェンロ[編集]

2012年8月、出場機会を求めてオランダ・エールディヴィジVVVフェンローへ移籍[10][11]。同年9月15日、第5節NECナイメヘン戦で移籍後初出場を果たした[12]10月21日の第9節フェイエノールト戦では初めてスターティングメンバーに入り、アシストを記録[11]12月9日の第16節フィテッセ戦で初ゴールを決めた[13][14]。同年はリーグ戦22試合に出場したが、チームは昇降格プレーオフで敗退し、5季ぶりのエールステ・ディヴィジ(2部)降格が決まった[15]

2013-14シーズンもチームに残留し、かつて本田圭佑カレン・ロバートが着けていた背番号「10」を引き継いだが、2013年12月15日の第21節MVVマーストリヒト戦で右足アキレス腱断裂の重傷を負い、シーズンの残り全試合を欠場した[16]

2014-15シーズン、2014年8月22日の第3節デ・フラーフスハップ戦で250日ぶりの公式戦復帰を果たした[17]

柏レイソル復帰[編集]

VVVフェンロが財政難に陥ったこともあり、2014年12月12日、古巣の柏レイソルに復帰することが発表された[18][19]。背番号はオランダ時代と同じ「10」に決まったが、柏で日本人選手が10番を背負うのは2003年大野敏隆以来、12年ぶりとなった[20]2015年は脚の違和感によりキャンプから別メニュー調整が続き、スターティングメンバーに復帰した矢先の1stステージ第16節名古屋グランパス戦で左膝後十字靭帯を損傷するなど怪我に苦しんだものの、10月24日の2ndステージ第15節清水エスパルス戦で日本復帰後初ゴールを決めた[21][22][23]

代表[編集]

2011年3月26日の親善試合ウズベキスタン戦でU-22日本代表に初招集され、同年11月のロンドン五輪アジア最終予選ではバーレーン戦、シリア戦で2試合連続ゴールを挙げた[4][9]。翌年の本大会でもグループリーグ第1戦スペイン戦で扇原貴宏のコーナーキックから決勝ゴールを挙げたほか、準々決勝エジプト戦、準決勝メキシコ戦で各1得点を記録し、チームトップの3得点を挙げる活躍でベスト4進出に貢献した[24][25]

2013年2月6日キリンチャレンジカップラトビア戦で国際Aマッチ初出場を果たした[26]

人物[編集]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • 1998年 - 2001年 新荘常磐SSS(水戸市立堀原小学校)
  • 2002年 - 2004年 鹿島アントラーズノルテジュニアユース/malvaサッカースクール水戸校(水戸市立第五中学校)
  • 2005年 - 2008年 成立学園高等学校
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2008 27 J1 14 0 3 0 1 0 18 0
2009 33 6 5 2 1 0 39 8
2010 14 J2 9 1 - 1 0 10 1
2011 J1 10 0 1 0 - 11 0
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 DFBポカール 期間通算
2011-12 ボルシアMG 23 ブンデス1部 3 0 - 1 0 4 0
オランダ リーグ戦 リーグ杯 KNVBカップ 期間通算
2012-13 VVV 17 オランダ1部 22 1 - 1 0 23 1
2013-14 10 オランダ2部 20 4 - 2 0 22 4
2014-15 8 1 - 1 0 9 1
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2015 10 J1 14 1 2 0 2 0 18 1
2016 19 1 4 0 3 2 26 3
通算 日本 J1 90 8 15 2 7 2 112 12
日本 J2 9 1 - 1 0 10 1
ドイツ ブンデス1部 3 0 - 1 0 4 0
オランダ オランダ1部 22 1 - 1 0 23 1
オランダ オランダ2部 28 5 - 3 0 31 5
総通算 152 15 15 2 13 2 180 19
その他の公式戦
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2015 10 7 0
通算 AFC 7 0
その他の国際公式戦

記録[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

日本の旗 成立学園高校
日本の旗 柏レイソル

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 0得点 (2013年)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2013 2 0
通算 2 0

書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大津 祐樹|選手プロフィール(2015)”. 柏レイソル. 2016年2月11日閲覧。
  2. ^ a b 田村修一 (2012年7月26日). “僕たちは本気でメダルを狙っている──大津祐樹(男子サッカーU-23日本代表)”. GQ JAPAN. http://gqjapan.jp/more/people/20120726/otsuyuki 2016年2月11日閲覧。 
  3. ^ a b c d 原田大輔 (2014年12月5日). “Jリーガーたちの原点 番外編「大津 祐樹(VVVフェンロ)」”. サカママ. http://soccermama.jp/column/829 2016年2月11日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i 鈴木潤 (2012年7月28日). “「持っている男」大津祐樹の素顔、努力が生んだ決勝弾”. スポーツナビ. http://sports.yahoo.co.jp/sports/soccer/japan/2012/columndtl/201207280005-spnavi 2016年2月11日閲覧。 
  5. ^ 野本桂子 (2015年11月20日). “舞行龍ジェームズ、成立学園高同級生の柏・大津祐樹とのマッチアップへ意欲”. エル・ゴラッソ. http://blogola.jp/p/61389 2016年2月11日閲覧。 
  6. ^ 鈴木潤. “on the way 13 大津 祐樹”. 柏レイソル. 2016年2月11日閲覧。
  7. ^ “大津 祐樹選手 ボルシアMGに移籍” (プレスリリース), 柏レイソル, (2011年7月20日), http://blog.reysol.co.jp/news/2011/012387.html 2016年2月11日閲覧。 
  8. ^ “ボルシアMG大津「うれしい」ドイツデビュー”. スポーツニッポン. (2011年10月24日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/10/24/kiji/K20111024001882980.html 2016年2月11日閲覧。 
  9. ^ a b 元川悦子 (2012年2月13日). “ボルシアMGと大津祐樹の現在 古豪復活の要因は厳しい生存競争と若手の台頭”. J SPORTS. http://www.jsports.co.jp/press/article/N2012021311062202.html 2016年2月11日閲覧。 
  10. ^ a b “大津、出場機会求めVVV移籍”. 日刊スポーツ. (2012年9月2日). http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20120902-1010325.html 2016年2月11日閲覧。 
  11. ^ a b 元川悦子 (2012年10月26日). “VVVフェンロ:大津祐樹インタビュー 五輪は通過点。オランダで揉まれる大津の今。”. J SPORTS. http://www.jsports.co.jp/press/article/N2012102616041302.html 2016年2月11日閲覧。 
  12. ^ “大津が右ウイングでオランダデビュー、VVVは2点差追いつき連敗ストップ”. ゲキサカ. (2012年9月16日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?104885-106975-fl 2016年2月11日閲覧。 
  13. ^ “大津が移籍後初ゴール&カレンの今季2点目をアシスト! VVVがフィテッセに快勝”. SOCCER KING. (2012年12月10日). http://www.soccer-king.jp/news/world/ned/20121210/85078.html 2016年2月11日閲覧。 
  14. ^ “大津欧州移籍後“初”ゴール/オランダ”. 日刊スポーツ. (2012年12月10日). http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20121210-1057843.html 2016年2月11日閲覧。 
  15. ^ “カレン・大津のVVVフェンロ2部降格 オランダ1部リーグ”. 日本経済新聞. (2013年5月19日). http://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKA0501_Z10C13A5000000/ 2016年2月11日閲覧。 
  16. ^ “大津が右アキレス腱断裂の重傷 今シーズン絶望”. スポーツニッポン. (2013年12月16日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/12/15/kiji/K20131215007211910.html 2016年2月11日閲覧。 
  17. ^ “大津、アキレス腱断裂から250日ぶり復帰”. 日刊スポーツ. (2014年8月24日). http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20140824-1355748.html 2016年2月11日閲覧。 
  18. ^ “大津 柏に復帰、フェンロ財政難で“放出” 古巣から代表狙う”. スポーツニッポン. (2014-12-2-09). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/12/09/kiji/K20141209009427080.html 2016年2月11日閲覧。 
  19. ^ “大津 祐樹選手が移籍加入” (プレスリリース), 柏レイソル, (2014年12月12日), http://blog.reysol.co.jp/news/2014/013184.html 2016年2月11日閲覧。 
  20. ^ 鈴木潤 (2015年2月2日). “【柏レイソル】背番号にまつわるエトセトラ『ブラジルではオカマの番号なんです』”. J論. http://j-ron.jp/n/20150202_t.php 2016年2月11日閲覧。 
  21. ^ 小田智史 (2015年2月18日). “【柏】4年ぶりの凱旋試合――大津祐樹が放つ異色の輝き”. サッカーダイジェスト. http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=7616 2016年2月11日閲覧。 
  22. ^ “大津 祐樹選手の負傷について” (プレスリリース), 柏レイソル, (2015年6月24日), http://blog.reysol.co.jp/news/2015/013690.html 2016年2月11日閲覧。 
  23. ^ “柏、全力プレーで清水に完勝「惨めな試合できない」”. 日刊スポーツ. (2015年10月24日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/1557072.html 2016年2月11日閲覧。 
  24. ^ “大津決めた!日本がスペイン撃破の大金星”. サンケイスポーツ. (2012年7月27日). http://www.sanspo.com/london2012/news/20120726/soc12072622020029-n1.html 2016年2月11日閲覧。 
  25. ^ 小澤一郎 (2012年8月12日). “「4位」という結果から得た収穫と課題 U−23日本代表総括”. スポーツナビ. http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201208120009-spnavi 2016年2月11日閲覧。 
  26. ^ “大津“異例の”A代表デビュー!ドリブルで3人をぶっちぎる”. スポーツニッポン. (2012年7月27日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/02/07/kiji/K20130207005142480.html 2016年2月11日閲覧。 
  27. ^ “サッカーの大津祐樹選手が『エル・ジャポン』に登場!”. ELLE. (2012年10月19日). http://www.elle.co.jp/elletv/fashion/party/yuki_otsu_special_shooting/vol1 2016年2月11日閲覧。 
  28. ^ “今最もホットなサッカー選手・大津祐樹が、電子書籍The World ChampionsでメンズブランドDOWBLとコラボしたスタイルブックを無料配布中!”. メンズファッション.jp. http://www.mensfashion.jp/news/004104.php 2016年2月11日閲覧。 
  29. ^ “サッカー大津祐樹選手が初フォトブック モデル顔負けの“チャラ男”ショット満載”. ORICON STYLE. (2012年11月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2019208/full/ 2016年2月11日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]