BOYS AND MEN 栄第七学園男組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BOYS AND MEN 栄第七学園男組
愛称 第七学園
ジャンル ワイド番組バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 2014年3月31日 -
放送時間 月曜 22:00 - 24:30
放送局 CBCラジオ
パーソナリティ BOYS AND MEN
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

BOYS AND MEN 栄第七学園男組』(ボーイズ・アンド・メン さかえだいなながくえんおとこぐみ)は、CBCラジオで、2014年3月31日から放送されているワイドラジオ番組

概要[編集]

CBCラジオでは2000年9月まで、後述する放送時間帯に『本気汗』という生ワイド番組が放送されていたが、2000年10月にTBSラジオ制作の『BATTLE TALK RADIO アクセス』の同時ネットを開始し、それ以降、CBCラジオではこの時間帯における自社制作による生ワイド番組を制作・放送していなかった。2014年4月の番組改編より、リスナーのターゲットを10代に転換し、月曜日にこの番組が編成されることになった。この時間帯でのCBCラジオによる自社制作の生ワイド番組は14年ぶりとなる[1]

この番組は、2012年4月から2014年3月まで放送されていた『0時のつぶやき』2部の火曜日『BOYS AND MENの栄第七学園男組』を放送曜日・放送枠を移動したうえで、放送時間をこれまでの30分から150分に拡大し、さらに充実を図ったもの。「名古屋市にある(架空の)高校『第七学園』の中にある、イケメンなのに落ちこぼれが集まる『男組』の生徒たち(BOYS AND MEN)が、東海地方を元気にするために日々活動していく」という設定である[2]。『第七学園』という名称は、BOYS AND MENのオリジナルミュージカル作品に由来している[3]

番組内では、投稿者のラジオネームを「ヤンキーネーム」としている。

リアルタイムの情報発信にGoogle+を活用する[2][注 1]。ラジオ番組であるが、リアルタイムでの写真の更新や動画の配信があり、出演者は必ずBOYS AND MENの基本スタイルである学ランの衣装を着用している[注 2]

放送時間[編集]

  • 月曜 22:00 - 24:30(月曜 22:00 - 翌日 0:30)
月曜日に『CBCドラゴンズナイター』があり、中継が延長した場合は、通常は20時台の番組である『AKB48 今夜は帰らない…』(20:00 - 20:30)と『SKE48 観覧車へようこそ!!』(20:30 - 21:00)を中継終了後に繰り下げて放送(通常21時台の番組は休止)を行い、そのあとから開始となる。

特別放送

  • 2014年12月29日は「年末終業式SP ナンバーワンは誰だ!? 大カラオケバトルロワイヤル」と題し、21:00 - 21:30と22:00 - 25:00(30日1:00)の拡大放送を行った[6]。この放送はUstreamにて映像を交えた同時放送も行われた。
  • 2015年12月28日は、21:00 - 21:30に「ザコ共和国」(#Ustream参照)による「ザコ共和国 国営放送」、22:00 - 25:00(29日1:00)に「栄第七学園男組 カラオケ紅白歌合戦 〜社長、それまだ言っちゃダメなやつです。〜」の二部構成での特番を放送[7]。前年と同じくUstreamにて映像を交えた同時放送も行われた。

パーソナリティ[編集]

メンバーの中から週替わりで基本的には毎回3人が出演。毎週ごとの日直がGoogle+の更新を担当する。リーダーの水野は学級委員という役割で毎週出演し進行役を担うが、2015年後半からは水野不在の放送も増え、その際は別のメンバー(主に本田や吉原など)が学級委員代理として進行役を担う。ただし、出演メンバー3人以外に「見学」という名目でスタジオにいるメンバーが一部コーナー出演や飛び入り出演をすることが常態化しており、2時間30分の間に3人しか出演しないというケースはほとんどない。
『0時のつぶやき』時代は、内部ユニット・YanKee5の5名(から毎回3人)がレギュラー出演者であったが[8]、当番組から弟分ユニット・の6名がレギュラーに加わった。

過去の出演者[編集]

  • 若菜太喜( - 2016年3月) - BOYS AND MEN脱退により降板。

コーナー[編集]

番組内におけるコーナーは、実際にある学校の活動がモチーフになっている。基本的には22時台が「授業」、23時台は「部活動」、0時台は「放課後」という括りであるが、部活動のコーナーが22時台に行われる場合もある。また、外回り中継などの通し企画もある。

授業(22時台)
歴史
過去の放送翌日の日付にあった歴史的な出来事や、その日付が誕生日である人物の名言などを学ぶ。
社会
ニュースや話題の出来事を学ぶ。
保健
女性向けウェブサイトのニュースやリアルタイムで募ったリスナーからのアンケート調査結果などから、女性の気持ちを学ぶ。
国語
リスナーから送られた「大切な人宛ての手紙」を代読する。
部活動(23時台)
合唱部
『CBCこども音楽コンクール』[9]との連動企画。中学・高校の合唱部を訪れる。2016年3月、そのメンバーである本田・平松・吉原がBOYS AND MENとは別活動となる派生ユニット「第七学園合唱部」を結成し、ミニアルバムでCDデビューする予定であると発表された[10]
演劇部
与えられた設定の人物になり、即興劇を演じる。
ヒーロー部
男の憧れであるヒーローを目指し、個人対決で様々な勝負企画に挑戦する。
心理学研究会
心理クイズのコーナー。
文芸部
リスナーから送られてきた語句をランダムに選出し、川柳を完成させる。
ボイギリ部
大喜利コーナー。
軽音楽部
リスナーやメンバーの思い出の曲をエピソードとともに紹介。アーティストのゲスト出演やメッセージなどもここに含まれる。
演芸部
土田とピン芸人・酒井直斗がお笑いコンビ「第七学園演芸部」を組み、漫才やコントを披露。2016年夏、キングオブコントに出場した[11]
放課後(24時台)
空き時間
出演メンバーによるフリートークのコーナー。
生徒相談室
(その日のテーマとは関係ない)普通のメール紹介コーナー。
個人コーナー
「水野のののしってください」(水野)
「水野のコネタ」(水野)
「シルバーナイト田中」(田中)
「本田セレクト 少女漫画の名言」(本田)
「イイ声部」(吉原)
「恋するウサギちゃんの素朴なお悩み相談室」(小林)
「タムタムのくだらないお悩み相談室」(田村)
「ハモリ部」(田村)
「辻本達規のタイトルコール選手権」(辻本)
など。
ボイメン占い
出演メンバーがくじを引き、「大吉」「中吉」「小吉」を選ぶ。大吉を引いたメンバーが「今週のラッキーアイテム」を発表する。
今週の宿題
リスナーからの要望に応じた写真をGoogle+に掲載する。
外回り中継企画
「土田探検隊」(土田)
「進撃の勇翔」(勇翔)

過去のコーナー[編集]

ボイメンマップ」(ちずコレ部)(番組開始時 - 2016年3月)
アプリ「ちずコレ」とのコラボレーション。女性リスナーから指名を受けたメンバーが、生電話で妄想デートを繰り広げる。「ちずコレ」のサービス終了に伴いコーナーも終了。
女子力アップ委員会」(2014年夏)
近鉄パッセ提供。メンバーが女子に勧めたい洋服や浴衣、水着などについて語る。実際に近鉄パッセを取材するロケも行った[12]
給食」(2015年2月 - 3月)
最新の学校給食事情を学んだり、給食にまつわる思い出を募ったりする。ドミノ・ピザ協賛。
男電話」(2015年春)
男性リスナーとの電話コーナー。

『ナガオカ×スクランブル』との連動[編集]

同枠火曜日 - 金曜日のワイド番組『ナガオカ×スクランブル』パーソナリティの永岡歩(CBCアナウンサー)は、番組初回のゲスト出演以降、頻繁に飛び入り出演をするなど関わりが大きい。

  • 『ナガオカ×スクランブル』の通常の番宣スポットとは別に、本番組のみのBOYS AND MENに対してメッセージを送るスポットが放送される。
  • 2014年12月8日 - 11日放送の本番組および『ナガオカ×スクランブル』内では、永岡と吉原・水野・田村・田中がラジオドラマで共演した「男と男のショートストーリ」が放送された[13]
  • 『ナガオカ×スクランブル』で2015年6月にBOYS AND MEN研究生の番組『ケンキュウ×スクランブル』を放送するなど、永岡と研究生がコラボレーションする機会が多い[14]

Ustream[編集]

2015年より、番組放送開始の30分前からUstreamにて配信を行うことが恒例となった。出演するのはレギュラー本放送においてフルタイムでの出演メンバー3人に選ばれる機会の少なく、「見学」という立場でCBCのスタジオに来ている土田・平松・勇翔・若菜が中心。このメンバーには「ザコ共和国」という通称があり、さらに勇翔はそこにも属さない「勇翔自治区」と称している。

内包番組[編集]

  • lol-エルオーエル- hibikiのヒビスタグラム(2016年10月3日 - 、23:30 - 23:40) - パーソナリティ:hibiki(lol

過去の内包番組[編集]

音楽[編集]

  • エンディングテーマ - BOYS AND MEN「夢のカタチ」

DVDリリース[編集]

  • 『BOYS AND MEN栄第七学園男組「はい、みんなが盛り上がるまでに5分かかりました。」の舞台裏、からの「あの1位発表のシーンをもう一度!」』(2016年3月28日)
    • 2016年1月6日に刈谷総合文化センターアイリス大ホールにて行われたライブ『BOYS AND MEN栄第七学園男組「はい、みんなが盛り上がるまでに5分かかりました。」』のDVD化作品[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 出演者およびスタッフは、放送内やブログなどでGoogle+を「ぐぐたす」(特にAKB48グループが用いるGoogle+の通称)と呼ぶこともある。[4][5]
  2. ^ これは『0時のつぶやき』時代も同様であった。

出典[編集]

  1. ^ “深夜ラジオ 10代照準 CBC、生放送復活”. 朝日新聞デジタル. (2014年3月28日). オリジナルの2014年4月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140412101618/http://www.asahi.com/articles/ASG36449MG36OIPE00Q.html 2016年4月1日閲覧。 
  2. ^ a b CBCラジオ「BOYS AND MEN 栄第七学園男組」 - hicbc.com”. 中部日本放送. 2014年4月4日閲覧。
  3. ^ 充実【MASARU】”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2014年4月7日). 2014年10月6日閲覧。
  4. ^ 2014年3月12日の投稿 - 第七学園 Google+”. 2014年4月4日閲覧。
  5. ^ 稽古終了【MASARU】”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2014年3月31日). 2014年4月4日閲覧。
  6. ^ さあ!2014年ラスト放送です!… - 第七学園 Google+” (2014年12月29日). 2015年1月22日閲覧。
  7. ^ ラジオ年末年始オススメ番組 12月28日(月)のおすすめ番組は? - hicbc.com”. 中部日本放送. 2016年4月1日閲覧。
  8. ^ 0時のつぶやき > 2ブログ > パーソナリティ★プロフィール 火 BOYS AND MENの栄第七学園男組”. 中部日本放送. 2014年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月1日閲覧。
  9. ^ こども音楽コンクール - hicbc.com”. 中部日本放送. 2016年4月1日閲覧。
  10. ^ デビューだーい!!〜KENTO〜”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2016年3月9日). 2016年4月1日閲覧。
  11. ^ 『キングオブコント』挑戦中! 名古屋からの刺客・第七学園演芸部(土田拓海&酒井直斗) 「挑戦することが大切だと伝えたい」”. インターネットTVガイド (2016年8月16日). 2016年11月15日閲覧。
  12. ^ 天国の東側《しゅん》”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2014年6月26日). 2015年6月28日閲覧。
  13. ^ STAFFより「CBCラジオ」出演のお知らせです。”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2014年12月6日). 2015年6月28日閲覧。
  14. ^ ナガオカ×スクランブル > BOYS AND MEN研究生研究生!!”. 中部日本放送 (2016年1月1日). 2016年4月1日閲覧。
  15. ^ 「はい、みんなが盛り上がるまでに5分かかりました。」の舞台裏、からの「あの1位発表のシーンをもう一度!」DVD発売のお知らせ - CBCラジオ INFORMATION”. 中部日本放送. 2016年4月1日閲覧。

外部リンク[編集]

CBCラジオ平日月曜日夜ワイド(深夜)番組
前番組 番組名 次番組
荻上チキ・Session-22
(22:00 - 23:55)
(フルネットで放送する為、自社制作枠廃止)
0時のつぶやき
(0:00 - 0:30)
BOYS AND MEN 栄第七学園男組
-