ハガキ職人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハガキ職人(ハガキしょくにん)とは、特定のラジオ番組雑誌に優秀なネタハガキイラスト入りのハガキを数多く投稿し、その他の番組リスナーや雑誌読者からもその名が広く知られている常連投稿者の事を指す用語である。

概要[編集]

「ハガキ職人」という言葉は、1981年から1990年にかけてニッポン放送で放送されたラジオ番組『ビートたけしのオールナイトニッポン』が由来とされる。最初に「ハガキ職人」を造語した、あるいは名乗った人物については諸説あり、同番組の構成作家であった高田文夫は常連投稿者だったベン村さ来ペンネーム。のち放送作家)が「最初に使った[1]」とする一方、同じく常連投稿者だった道上ゆきえ(ペンネーム)が自称したことから同番組内で使われ始めたとする説[要出典]もある。

やがて、上記番組のスタイルを模倣した『とんねるずの二酸化マンガンクラブ』(文化放送)や『とんねるずのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)でも用いられるようになった[要出典]

なお、近年は、ハガキよりも電子メール投稿のほうが主になっているラジオ番組が増えてきており、この場合「メール職人」、「ネタ職人」と呼称されている。

商標[編集]

なお、平仮名の「はがき職人」はコナミホールディングス株式会社商標である(商標公告平08-059860)。

ラジオにおけるハガキ職人[編集]

ハガキ職人を輩出した主なラジオ番組[編集]

かつてラジオのハガキ職人だった有名人[編集]

2013年の春ごろに上京し、現在はアルバイトをしながら構成作家見習い。
  • 嘉門達夫 - 『MBSヤングタウン』に投稿。
  • 古田新太 - 『とんねるずのオールナイトニッポン』に投稿。
  • 春日萌花 - 『緒方恵美の銀河にほえろ!』に投稿。
  • 高柳進哉 - 『西川貴教のオールナイトニッポン』などに投稿、後に放送作家となった。
  • 星野源 - 『コサキン』『バナナマンのバナナムーンGOLD』などに投稿。

テレビにおけるハガキ職人[編集]

実例は少ないが、番組視聴者からのハガキ投稿によって成り立つテレビ番組も存在する。

ハガキ職人を輩出した主なテレビ番組[編集]

かつてテレビのハガキ職人だった有名人[編集]

  • 所ジョージ - 主に『明石家マンション物語』内の人気コーナー「大日本意味無し教」にハガキ職人として投稿し出演(のちにイメージテーマ曲『意味無いじゃん』(アルバム収録曲)を制作した)。

雑誌におけるハガキ職人[編集]

ハガキ職人を輩出した主な雑誌[編集]

  • ゲーメスト新声社) - 読者投稿コーナー『ゲーメストアイランド』が人気を博す。特にイラスト投稿のレベルが高く、多数のプロ作家(新声社発行誌によるものを含む)が輩出している。後継誌の『月刊アルカディア』(エンターブレイン)においても『アルカディアフロンティアーズ』というタイトルで継続中。
  • 週刊少年ジャンプ集英社) - 2代目の読者投稿コーナー『ジャンプ放送局』は、ジャンプコミックスで単行本化されるほどまでに人気を博す。
  • 週刊ファミ通エンターブレイン) - この雑誌の読者投稿コーナー『ファミ通町内会』は、前身『ファミコン通信』(アスキー)が創刊された1986年に開始し、2011年現在も連載中。また、過去には『ゲーム帝国』というコーナーも掲載され、ファミ通町内会と共にコアな人気を博していた。
  • 週刊SPA!扶桑社) - 1993年から続く投稿コーナー『バカはサイレンで泣く』を連載中。ネタのレベルが高く、各業界にもその名前が知られている。
  • 宝島宝島社) - かつてこの雑誌に掲載されていた読者投稿コーナー『VOW』は、雑誌内から撤退した後も独自で出版され続けている。
  • 電撃G's magazine(アスキー・メディアワークス) - 読者コーナーや挿絵募集・4コマ投稿など、美少女キャラクター系やアニメ・ゲーム系雑誌としては珍しく読者投稿に強みを持つ。
  • ファンロードラポート大都社インフォレスト) - 老舗のアニメ情報誌。内容の殆どを読者投稿コーナーに費やしているという独特の紙面構成を持つ。創刊当時から80年代は男性投稿者が中心だったが、90年代中期以降は女性投稿者がほとんどを占める。同人作家に投稿者が多く、ここからプロになった者も多い。
  • 漫画ブリッコセルフ出版白夜書房) - ハガキ投稿者に漫画を描かせ、デビューさせたことがある。これについて、後にハガキ1枚で漫画を描かせるのは無謀ではないかとの問いに、当時の編集者だった大塚英志は「はがき1枚で実力は十分にわかるもの」と答えている。
  • オリコン・ウィークリー(現オリ★スタオリコン・エンタテインメント) - 読者投稿コーナー『オリコン通信』があり、投稿するハガキ職人は「寄稿士」(貴公子との洒落)と呼ばれていた。
  • ビックリハウスパルコ出版) - 誌面の殆どを投稿で構成していたサブカルチャー雑誌。現在廃刊。
  • ポンプ(現代新社) - 誌面全てを投稿で構成していた。現在廃刊。
  • TJかがわ - (ホットカプセルあわわ) - 創刊当初から連載されていた『笑いの文化人講座』が人気を博していた。現在は休刊。

特に有名な現役のハガキ職人[編集]

かつて雑誌のハガキ職人だった有名人[編集]

()内は、その人物が当時使用していたペンネーム。

脚注[編集]

  1. ^ 高田文夫『ご笑納下さい 私だけが知っている金言・笑言・名言録』(新潮文庫、2019年)pp.32-33
  2. ^ アニメ「おそ松さん」「銀魂」脚本家は元はがき職人 ナイナイ岡村、現在の活躍に驚き”. トレンドニュース (2015年11月13日). 2015年11月13日閲覧。

関連項目[編集]