井沢ひろし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井沢ひろし(いざわ - 、1968年1月8日 - )は、日本ライター漫画原作者

雑誌の構成などを担当する際は、「井沢どんすけ」「ハルソラ」という名義を使用している。

来歴[編集]

学生時代、「どんちゃん」のペンネームで週刊少年ジャンプの読者コーナー『ジャンプ放送局』の常連投稿者(ハガキ職人)として活躍し、9代目チャンピオンとなる。当時『ジャンプ放送局』の構成担当であったフリーライターのさくまあきらによると、「彗星のように現れて9代目チャンプになった」と振り返っている[1]

優勝後はライターになることを志し、さくまあきらに弟子入りする[1]。『ジャンプ放送局』のアシスタントを経て、編集プロダクションキャラメル・ママ』に所属し、プロのライターになる。

『ジャンプ放送局』終了後、週刊少年ジャンプにて1997年から開始された読者コーナー『ハガキ戦士 ジャンプ団』の構成を担当。2016年まで長年に渡り、週刊少年ジャンプの読者コーナーの構成を担当した。

フリーランスでの活動を経て、2014年9月9日に『株式会社ハルソラ』を設立。所属しているのは井沢のみである。会社設立以降は、雑誌の構成担当時の名義を「ハルソラ」とする。

人物[編集]

2011年1月8日、以前より交際していた女性と入籍。同年6月3日、軽井沢の教会で挙式、7月30日、代官山のイタリアン・レストランで披露宴を執り行った。

さくまとは公私ともに親交があり、『桃太郎伝説』『桃太郎電鉄』シリーズの製作にも関わっている。また、さくまが新作ゲームを制作した際は、テストプレーヤーとして必ず井沢を指名する。さくまによると、「私さくまあきらが決定したチューニングを、覆すことができる唯一の男」「どんちゃん(井沢の愛称)は、ゲームが面白かったら何時間でもぶっ通しでテストプレイを続けるが、つまらないと判断したらコントローラを置いてさっさと帰ってしまう、恐怖の大魔王。」と評している[2]

主な作品[編集]

マンガ原作[編集]

アニメ脚本[編集]

構成・原稿担当[編集]

井沢どんすけ名義
ハルソラ名義

ゲーム制作[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]