石川昭人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石川 昭人いしかわ あきひと 1974年10月21日 - )は、放送作家。個人事務所株式会社φ(ファイ)代表取締役社長千葉県市原市生まれ、埼玉県さいたま市(旧浦和市)出身。埼玉県立浦和西高等学校卒、専門学校中退。身長180cm、血液型A型。

長年にわたり金髪・ドクロのシルバーアクセサリーがトレードマークとなっている。愛称は「石川アニキ」(※福山雅治が命名。福山曰く、同時期にオールナイトニッポンを担当して一番仲が良かったシンガーソングライター石川よしひろにちなんだらしい。)

経歴[編集]

デビューまで[編集]

広島県大竹市に在住していた小学校時代、中国放送人気ラジオ番組『サテライトNo.1』を聴きラジオと出会う。 中学時代に埼玉県浦和市に引っ越す。埼玉県立浦和西高校入学後は、軟式野球部主将になった。3打点で打点王になった。高校2年生のときにニッポン放送で放送されていた番組『ウッチャンナンチャンのオールナイトニッポン』の常連ハガキ職人として活躍する。

放送作家に[編集]

1994年に『ウッチャンナンチャンのオールナイトニッポン』の構成作家に「お前を作家にしてやろうか?」と言われ、同年秋『上柳昌彦の花の係長 ヨッ!お疲れさん』で放送作家となった。その後、『西川貴教のオールナイトニッポン』と『ゆずのオールナイトニッポン』などをヒットさせる。

パーソナリティーとして[編集]

2005年12月中旬、ニッポン放送 ポッドキャスティングステーションの『激ウラ!!西川貴教のオールナイトニッポン』に出演料なしで出演する。2006年5月から、番組は石川個人のサイト(現在はファイ運営)に移転し、『石川・ホンマ・ぶるんのBe-side Your Life』として配信中。 2006年10月にニッポン放送の『THE 放送サッカーズ』を担当する。2006年10月20日に所属事務所ファイを設立。

人物・エピソード[編集]

  • 豪快な笑い声と素人離れしたトークが特徴。リスナーを「お前(ら)」と呼び、相手を冗談めかして明るくではあるが罵倒するというのがラジオでの基本的なスタイル。西川貴教のオールナイトニッポンでは、第2のパーソナリティー的な扱いで、西川のボケにツッコミや悪ノリをしている。
  • 電気グルーヴのオールナイトニッポン』のリスナーだったため、トークや原稿の節々に彼らの影響がみられる。
  • パーソナリティとリスナーが電話を通して繋がるということをラジオの醍醐味と考えており、リスナーとの電話を大事にしている。
  • 本人いわく「頼まれた仕事は断れないタイプ」。

現在の担当番組[編集]

構成[編集]

出演[編集]

過去の担当番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

人生初、地上波レギュラーメインパーソナリティ。キャッチコピーは「ラジオ界の裏番長」、番組名考案者とされている。石川とリスナーとの生電話「マジックテレフォン」が軸。番組エンディングは自身の初担当番組『上柳昌彦の花の係長 ヨッ!お疲れさん』同様、必ず外中継。2006年10月期の聴取率調査では、全曜日の同番組の中で、トップの聴取率を記録(鈴木おさむ担当の木曜日OA及び番組HPより)。放送期間は2006年10月4日-2007年3月28日である。石川が他の3人より無名であること、ラジオしか仕事がないことなどを毎回イジられた。

他多数

ウェブ配信[編集]

  • 西川貴教のイエノミ!!(2011年 - 2017年 、ドワンゴ・ニコニコ生放送) - 構成・演出
  • ALICE9ちゃんねる(ニコニコ生放送) - 構成・演出
  • 黒夢のユメニコ(ニコニコ生放送) - 構成・演出
  • ぶいおん!!!(ニコニコ生放送) - 構成・演出

イベント[編集]

  • ALL LIVE NIPPON vol.4
  • ALL LIVE NIPPON vol.6(1日目)
  • イナズマロックフェス - 竜神ステージ(旧 エンタメステージ)の構成・舞台監督(2010年∼2018年)
  • 爆絶開運!新春モンスト大感謝祭 - 構成・舞台監督(2017年1月)
  • EXIT TUNES ACADEMY UNDOKAI - 構成(2017年∼2018年)

など

書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]