本間俊彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本間 俊彦(ほんま としひこ、1976年6月2日 - )は、山形県酒田市出身のフリーランスの放送作家

人物・経歴[編集]

幼少の頃に読んだ藤子不二雄の作品に憧れて漫画家を目指していた。

ヴィジュアル系バンドを愛好している。録音の回(番組では、ロックオンと呼称)には西川貴教と2人でビジュアル系(傷ついた天使が羽を休めてる系)について語り合ったこともある。カフを上げずにしゃべり出すことも多く、西川によく怒られていた。

キャラクター[編集]

話が下手で、いじられやすいことなどから、駄目人間キャラクターとして扱われることが多い。

西川貴教のオールナイトニッポン』では、本間くん・本間さんの愛称で親しまれ、数々のレイブ(主に番組スタッフが犠牲となる過激な罰ゲーム)を受けたことで知られる[1]。2001年、本人の許可なしに自宅の家財道具一式をフジテレビジョンメディアタワービル25階(当時のニッポン放送社屋)に運ばれた「引越しレイヴ」が有名。体中にマジックで落書きされたりと、放送とはまったく関係のないところでレイヴを受けた事もある。

ロックバンド「Lunch in Tika」では木間一(きまはじめ)、もしくはKima Hazimeとしてギターを担当していたが、2009年6月に解散。なお、本人は「自分は木間一と別人であり、メル友である。」と述べている。

エピソード[編集]

  • 小(酒田市立亀城小学校)・中(酒田市立第三中学校)・高のニックネームは「ビュー」。
  • 知ってる?24時。でロックバンドを結成しようとしたが、当時パーソナリティだった上田晋也が辞める直前だったので、番組リニューアルと同時にロックバンド結成はフェードアウトしてしまった。
  • 西川貴教のオールナイトニッポン』やニッポン放送 ポッドキャスティングステーションの『激ウラ!!西川貴教のオールナイトニッポン』内でよく話していた「アゲアゲでいきましょうよ!」「アゲアゲで行くに決まってんだろ!」は、番組内で流行語となった。
  • 福澤朗ラヂオ☆スター リラックス』ではコント構成の傍ら、同番組のディレクター石田誠(本間の2003年当時のロックバンドにも参加)とともにコントに出演していた。しかし演技力に乏しく、台詞を頻繁に間違えたり噛んだりするため、パーソナリティやリスナーからあきれられ、特に福澤朗からはコントコーナーを行うたびに呆れられていた。
  • くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン』では「ゴミメガネ」の愛称でリスナーから親しまれていた。同番組で女性ミキサー大城英子(後述の上田義塾のメンバー)と漫才をさせられたが、笑わせどころが分かっていない漫才をやってしまい、相方の大城からも「お前は本当にゴミだ」という評価を受けていた。
  • 2007年6月にアフロヘアーにした。
  • 2008年春にくりぃむしちゅーのANNで、自主的に女装をし始め、上田や有田から「ユニセックスをはき違えている」と言われていた。
  • くりぃむしちゅーのANNにおいて、有田が女性に対して不信感を持っているため、本間の写真を待受画像にする事を提案した。女性に騙されそうになった際、本間の写真を見ることで「どんな女性もゴミなんだ」と思えるようにするためである。有田の考えに賛同するリスナーや本間の待ち受けが欲しいリスナーはメールを送るように促され、番組にメールが殺到した。待ち受け希望のリスナーには、本間自ら待ち受け画面を添付したメールを一つ一つ返信した。件名は「ありうえ」や「ゴミ」となっていた。
  • 上田ちゃんネル草野球チームの上田義塾の発足メンバー。右投げ右打ち、ポジションは主に遊撃手。上田義塾にいる本間に嫉妬した石川昭人ぶるんぶるん平田が、上田義塾に加入するきっかけにもなった人物。しかし、上田によると練習に1回も来ず、故障者リスト入りしたらしい。

担当番組[編集]

過去の番組[編集]

出演している番組[編集]

書籍[編集]

  • 氣志團現象 RADIO★GIGS(構成アシスタント)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]