星空ワイド 今夜もシャララ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

星空ワイド 今夜もシャララ(ほしぞらワイド こんやもシャララ)は、1977年4月4日 - 1982年10月1日まで、平日(月曜〜金曜)深夜に放送された、CBCラジオ中部日本放送)の若者向けラジオ番組である。通称「今シャラ(こんシャラ)」。

概要[編集]

1970年代、CBCラジオはニッポン放送から『オールナイトニッポン』のネット乗り入れが始まる直前の時間帯である、月 - 金曜日23時 - 24時台に、平日夜の若者向け番組の時間帯の開拓に着手した。当番組の前に『ジョイジョイナイト』( - 1976年3月)や『ジャストリクエスト』(1976年4月 - 1977年3月)などを放送していたが、何れも短命に終わっていた。

『ジョイジョイナイト』『ジャストリクエスト』は音楽番組だが、当番組は制作方針を一転。当時、土曜昼に放送していた『土曜天国』で、パーソナリティを務めていた、つボイノリオを始め、地元タレントの水谷ミミ伊藤秀志。同局の若手アナウンサーの有望株であった、多田成男小堀勝啓など、個性の強いタレントとアナウンサーを、パーソナリティに起用。パーソナリティの話術で、番組を押し進める形式となった。

当初は男女ペアのパーソナリティが番組を進行していたが、その後、各曜日毎に、1名のパーソナリティが単独で担当。番組末期は再び男女ペアのパーソナリティが担当する形式に戻った。

放送時間は、当初は23:00 - 24:30までだったが、1978年4月より、23:30 - 24:30に短縮された。このような小規模なリニューアルを繰り返し、5年6ヶ月の歴史に幕を閉じた。

この番組が放送されていた、23時 - 24時台は『今夜もシャララ』の名を冠しつつ、女性リスナーの取り込みも図った新番組『今夜もシャララ ぽっぷるfeeling』が開始(1984年3月終了)。その直前の時間帯の21時 - 22時台は、1980年代のCBCラジオを代表するラジオ番組となる『小堀勝啓のわ!Wide とにかく今夜がパラダイス』の放送を開始した(1989年9月終了)。

2013年11月25日(月)22:00 - 23:55に『伝説の深夜ラジオ復活祭』の一環として、つボイノリオ、伊藤秀志のパーソナリティで、一夜限りの復活放送が行われた。

パーソナリティーの変遷[編集]

太字は当時CBCアナウンサー[1]

期間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1977年4月~9月 多田成男 小原初美[2]
小堀勝啓
つボイノリオ
権田増美
森ミドリ[2] 藤本憲幸
水谷ミミ[3]
1977年10月~1978年3月 藤本憲幸
水谷ミミ
森ミドリ
1978年4月~9月 エバ
北村想
1978年10月~1979年3月 多田成男
木村奈保子
小堀勝啓
白木章子
野口小太郎
西部みどり
1979年4月~9月 つボイノリオ
権田増美
篠田百合子 多田成男
八島洋子
水谷ミミ
山本洋三
1979年10月~1980年9月 小堀勝啓 野口小太郎
稲葉洋子
1980年10月~1981年9月 つボイノリオ 水谷ミミ 小堀勝啓 伊藤秀志 八島洋子
1981年10月~1982年3月 つボイノリオ
小西雅子
水谷ミミ
岡村洋一
小堀勝啓
白木章子
伊藤秀志
宮崎恵美子
冨田和音
権田増美
1982年4月~9月 冨田和音
大島千佳子

番組で放送された主なコーナー[編集]

  • 大発見や~のコーナー - 多田担当日のコーナー。リスナーから寄せられた大発見を「大発見や~」[4]というガナリと共に紹介。
  • 今週のびっくりさん - つボイ・権田担当日のコーナー。リスナーから寄せられた「びっくりしたこと」を紹介。
  • 新・ことわざ辞典 - つボイ・権田担当日のコーナー。リスナーから寄せられた新作のことわざ(ことわざというよりは明らかにギャグであるものも少なからず寄せられていた)を紹介。権田卒業後は「続・ことわざ辞典」と改題された。
  • 修学旅行リポート - つボイノリオ担当日のコーナー。当時のアシスタントであった、権田増美が歌ったコーナー限定のテーマソング(「修学旅行の歌」)が話題となった。
  • ごめんなさいのコーナー - つボイ・権田担当日のコーナー。前週の放送時のトチリ等についてのリスナーからのお叱りのハガキを紹介。但しリスナーの指摘に対しつボイは言い訳に終始するのがお約束の様になっており、素直に謝ることは無かった。
  • トサカコーナー - 藤本・水谷担当日のコーナー。リスナーから寄せられた怒りのハガキを紹介。ハガキの最後に「バカヤロー!」というフレーズが付けられるのが慣例となっていた。
  • ワーストミュージック ベストテン - 小堀勝啓担当日のコーナー。
  • どて焼きミュージック - 小堀勝啓担当日のコーナー。
  • 力道山物語 - 水谷ミミ、山本洋三担当日のコーナー。ショートドラマ形式。「力道山物語」となっているが、話は評伝ではなく、全て架空の話であった。
  • 今シャラ・プレイアカデミー - カネボウ食品(現・クラシエフーズ)提供の、いわゆる企画ネット。コーナー後に、「プレイガムタイム」名義のラジオ番組風CM(当時カネボウ食品から発売されていた『プレイガム』のCM)が放送されていた。開始当初は島津靖雄アナの『島やんのプレイガムタイム』、後に荒川戦一アナの『荒せんのプレイガムタイム』となった。[5]

ほか。

テーマ音楽[編集]

番組前期(1980年9月まで)[編集]

オープニング・エンディング共詳細不明。

番組後期(1980年10月以降)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2017年7月現在、アナウンサーとして在籍しているのは冨田のみ。多田と小堀は定年等で退職後、フリーアナウンサーとしてCBCの番組に出演中。
  2. ^ a b 前番組『ジャストリクエスト』から引き続き担当。
  3. ^ 番組開始当初は「ひだともこ」という無名の新人(表記不詳)がアシスタントを務めていたが、間もなく水谷が登場してアシスタントの座を賭けてひだと勝負するという展開となり、結局水谷が勝利してアシスタントの座に就いた。[要出典]
  4. ^ 元ネタは三代目笑福亭仁鶴のレコードである。
  5. ^ 毎日放送でも『MBSヤングタウン』内で、『ヤンタン・プレイアカデミー』及び松井昭憲アナウンサーによる『マッちゃんのプレイガムタイム』が放送されていた。
CBCラジオ 平日23:00 - 24:30( → 23:30 - 24:30)枠
前番組 番組名 次番組
ジャスト リクエスト
星空ワイド 今夜もシャララ