荻上チキ・Session-22

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
荻上チキ・Session-22
ジャンル 情報・バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 2013年4月1日 -
放送時間 月曜 - 木曜 22:00 - 翌0:55(175分)
金曜 22:00 - 23:55(115分)
放送回数 732[1]
放送局 TBSラジオ
ネットワーク JRN
パーソナリティ 荻上チキ
出演 南部広美
テーマ曲 作曲・編曲:菊地成孔
演奏:坪口昌恭
プロデューサー 長谷川裕
公式サイト 公式サイト
特記事項:
火曜 - 金曜(月曜 - 木曜深夜)0時台のみ『荻上チキ・Session-22 Midnight Session』のタイトルで放送。
テンプレートを表示

荻上チキ・Session-22』(おぎうえチキ・セッション トゥエンティートゥー)とは、TBSラジオキーステーションに、JRN系列局で放送のラジオ番組ワイド番組)である。

火 - 金曜日0時台(月 - 木曜日深夜)の放送では『荻上チキ・Session-22 Midnight Session』(おぎうえチキ・セッション トゥエンティートゥー ミッドナイト・セッション)を名乗る。

概要[編集]

本番組の前番組『ニュース探究ラジオ Dig』(以降「前番組」とする)でパーソナリティのひとりを務めた荻上チキをメインキャスターとする番組[2]。荻上が提唱するポジティブな改善策の提案、いわゆる「ポジ出し」の思想をベースにして、「任せて文句を言う」のではなく、「引き受けて考える」ためのヒントを提示する、新しい時代のニュース情報番組を目指す[2]。この番組ではテーマやニュースに合わせて「探究モード」「バトルモード」「わいわいモード」などと、柔軟に形式を変化させながら、番組を進行していく[2]

22時から23時台のテーマはおもに時事的な問題や政治問題を取り上げ[3]、スタジオに招いたり電話出演したゲストとの会話、またはあらかじめやりとりを録音した音源を交えながら、議論を進めていく。24時台の『Midnight Session』では、おもに新刊や新曲を発表したスタジオゲストと文化的な話題について気軽に話し合う形式となっている。

モード一覧[編集]

この一覧以外にも必要に応じて「モード」が設定される。

  • 探求モード
  • バトルモード
  • わいわいモード
  • ありなしモード
  • レクチャーモード
  • SOSモード
  • 直訴モード
  • 会見モード
  • 相談モード
  • もしもモード
  • 提案モード
  • 証言モード
  • ノウハウモード
  • ランキングモード
  • ディスカッションモード
  • ワールドワイドモード
  • 分析モード
  • 取材報告モード
  • 対局モード
  • 中継モード
  • 追悼モード

放送時間[編集]

  • 月曜日 - 木曜日 22:00 - 翌0:55
  • 金曜日 22:00 - 23:55

出演者[編集]

代理パーソナリティ[編集]

荻上が体調不良・取材都合・長期休暇などにより、代理のパーソナリティが出演したことがある(カッコ内は当日の「Main Session」でのモード)。

  • 2013年7月12日:藤木TDC(レクチャーモード)
  • 2013年9月30日:神保哲生(探求モード)
  • 2013年10月1日:速水健朗(探求モード)
  • 2013年10月2日:國分功一郎(対局モード)
  • 2013年10月3日:柳瀬博一(探求モード)
  • 2013年10月4日:藤木TDC(リサーチモード)
  • 2013年12月20日:速水健朗(わいわい→ランキングモード)
  • 2014年5月1日:神保哲生(ディスカッションモード)
  • 2014年5月2日:藤木TDC(わいわいモード)
  • 2014年8月18日:神保哲生(探求モード)
  • 2014年8月19日:開沼博(探求モード)
  • 2014年9月15日:木村草太(ディスカッションモード)
  • 2014年9月16日:藤木TDC(追悼モード)
  • 2014年9月17日:柳瀬博一(探求モード)
  • 2014年9月18日:神保哲生(取材報告モード)
  • 2014年9月19日:速水健朗(わいわいモード)
  • 2014年11月14日:木村草太(レクチャーモード)
  • 2015年7月6日:神保哲生(検証モード)
  • 2015年7月7日:藤木TDC(探求モード)
  • 2015年7月20日:新雅史(ディスカッションモード)
  • 2015年7月21日:木村草太(提案モード)
  • 2015年7月22日:武田砂鉄(取材報告モード)
  • 2015年7月23日:開沼博(探求モード)
  • 2015年7月24日:倉敷保雄(わいわいモード)

代理アシスタント[編集]

南部の休養により、代理のアシスタントが出演したことがある。

タイムテーブル[編集]

出典は番組の公式ホームページより[4]

本編
  • 22:00 - オープニング
  • 22:10 - Daily News Session
  • 22:40 - ローカル枠(TBSは交通情報、TBS以外は音楽のみ流れる)[5]
  • 22:45 - Main Session
  • 23:35 - ローカル枠(TBSは交通情報と天気予報、TBS以外は音楽のみ流れる)[6]
  • 23:40 - 曜日別コーナー
  • 23:50 - 本編エンディング、翌0時台の紹介[10]
Midnight Session
  • 翌0:00 - News Remix
  • 翌0:20 - Session Plus
  • 翌0:30 - Session袋とじ
  • 翌0:50 - エンディング[11]

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 放送時間 放送期間 脚注
現在
関東広域圏 TBSラジオ 月 - 木曜 22:00 - 翌0:55
金曜 22:00 - 23:55
2013年4月1日 - 製作局
北海道 HBCラジオ 月 - 木曜 22:00 - 23:55 [12][13]
新潟県 新潟放送(BSN) 月 - 金曜 22:00 - 23:55 [14]
富山県 北日本放送(KNB)
沖縄県 琉球放送(RBC) 火 - 金曜 0:00 - 0:55
(月曜 - 木曜深夜)
2013年4月2日 - [15]
過去
静岡県 静岡放送(SBS) 月 - 金曜 22:00 - 23:55 2013年4月1日 - 2014年3月28日 [14][16]
中京広域圏 CBCラジオ 月 - 木曜 22:00 - 23:55 2013年4月1日 - 2014年3月27日 [17][18]
熊本県 熊本放送 月 - 金曜 22:00 - 23:55 2013年4月1日 - 2015年3月27日 [14]
広島県 中国放送 火 - 木曜 22:00 - 23:55 2013年4月2日 - 2015年9月24日 [19][14][20][21]

テーマソング[編集]

  • ローカル枠(22時台): 「Far Beyond The Stars」(LUSRICA
  • ローカル枠(23時台): 「Misty Grove」(indigo jam unit

備考[編集]

  • 放送終了後にオープニングやエンディングトークを除いた各コーナーが「TBS RADIO podcasting954」でポッドキャスト配信されている[22]。なお、TBSラジオの配信ルールにより「Main Session」は放送1週間まで、その他は1か月で削除される。
  • 番組内では適時番組のハッシュタグ「#ss954」でTwitterに投稿されたものや、番組に送られたメールを読み上げることもあり、当日のメール参加者から抽選で毎日3名には番組のロゴをあしらった「チキ坊缶バッジ[23]が郵送される[24]。また、別のノベルティグッズとして番組Tシャツがある。
  • 年末年始は生放送を行わず、その年の放送テーマからいくつかを再度放送する「傑作選」として放送される。ストリーミング放送は中止となる。
  • スペシャルウィーク(聴取率調査週間)のプレゼント用に、「ポジ出し」にかけて、名古屋市の老舗乾物問屋との共同開発し、今日マチ子のイラストをあしらった出汁パック「ポジ出汁」が開発された。当初は非売品であったが、反響を受けTBSのグッズショップ「TBSストア」やTBSラジオの通販サイトで販売している[25]。また、同様のノベルティ商品として「ポ・地サイダー」と称する地サイダーを開発している。
  • 荻上が不在で代理パーソナリティによって放送される回は、ジングルに「荻上チキ」とコールの入らないものが使用される他、ローカル枠の音楽が22時台と23時台が逆になるなど、通常放送との違いがある。TBSラジオのサイトやradikoの番組表では、あらかじめパーソナリティ変更されることが決まっている場合、番組名が『(代理パーソナリティ名)・Session-22』と表記変更されることがある。
  • 2013年8月9日、ゲストにフリーライター・中川淳一郎を迎えたが、中川は泥酔状態でスタジオ入りし、言葉遣いが乱暴過ぎたことから途中退場となるトラブルがあった。それに対し、リスナーから電話、メールTwitterで多数のクレームが寄せられ、プロデューサーが経緯を説明する事態となった。なお、この日のテーマはインターネットの「炎上」を取り上げた「ネット炎上夏祭り2013」であった[26]。その後、中川は同年8月13日に謝罪コメントを寄せ、さらには同年10月25日の「アルコール依存症」の特集に出演し専門医の「公開生診断」を受けた[27]
  • 日本民間放送連盟が主催する、「日本民間放送連盟賞」の「ラジオ生ワイド番組」部門で、2015年5月20日放送「三里塚闘争とは何だったのか?」が最高賞の「優秀」として選出された[28][29]

脚注[編集]

  1. ^ 2016年1月19日現在。同日のオープニングトークより。
  2. ^ a b c TBSラジオ・2013年春の新番組”. 2013年3月20日閲覧。
  3. ^ ほかにスポーツの話題などを取り上げることもある。
  4. ^ タイムテーブル
  5. ^ 2016年3月25日をもって22時台ローカル枠廃止
  6. ^ 2015年3月27日をもって23時台ローカル枠廃止
  7. ^ 番組での呼称は「毎日新聞 N検 Session」
  8. ^ 定期で行われることはなく、番組オープニングに不定期で行われる。
  9. ^ 2015年9月24日をもってスポンサー降板によりコーナー廃止
  10. ^ ここで缶バッジ当選者が発表される。
  11. ^ 翌日のテーマが決まっている場合は、ここで発表される。
  12. ^ 2013年12月31日のみ『年越しBANBAN RADIO!』を放送のため、ネット休止。
  13. ^ 金曜は自社制作番組『親びん&亜樹のEZOマリアージュ』・『一斉送信:宅飲みするよ!』の放送のため非ネット。2015年3月27日をもって金曜のネット終了した。
  14. ^ a b c d 2013年8月16日のみ、『千原ジュニアと鈴木幹也のオールナイトニッポンGOLD』を放送のため、ネット休止。
  15. ^ 「Midnight Session」のみネット。
  16. ^ 2014年3月31日より『レコメン!』をフルネットに切り替えるため。金曜は、他局制作の番組を放送。
  17. ^ 金曜は自社制作番組放送のため非ネット。
  18. ^ 2013年11月25日 - 2013年11月28日は自社制作番組『弾けたオヤジは、止められない〜伝説の深夜ラジオ復活祭』放送のため、ネット休止。
  19. ^ 月・金曜は自社製作番組放送のため非ネット。
  20. ^ 2014年3月28日をもって金曜のネット終了。
  21. ^ 2016年5月27日はオバマ大統領の広島訪問に合わせ、中国放送からの放送のためネット、RCCカープナイターは22:00で延長打ち切りとなった。
  22. ^ ポッドキャスト一覧
  23. ^ これがチキ坊缶バッジです!
  24. ^ 読み上げられた人に限ってもらえる訳ではない。
  25. ^ 番組特製『ポジ出汁』 販売継続決定!! - 荻上チキ・Session22 2014年6月6日
  26. ^ 2013年08月09日(金)「ネット炎上夏祭り2013」(わいわいモード) - 荻上チキ・Session22
  27. ^ 2013年10月25日(金)「アルコール依存症」(提案モード) - 荻上チキ・Session-22
  28. ^ 日本民間放送連盟賞 / 2015年(平成27年)入選作品・事績 - 日本民間放送連盟
  29. ^ 「荻上チキ・Session-22」日本民間放送連盟賞受賞! 荻上チキ・Session-22 - 2015年9月18日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBSラジオ 月曜 - 金曜 22:00-23:55
前番組 番組名 次番組
荻上チキ・Session-22
(2013年4月1日 - )
-
TBSラジオ 月曜〜木曜 23:55-24:00
荻上チキ・Session-22
(2013年4月1日 - )
-
TBSラジオ 火曜 - 金曜 0:00-0:55(月曜〜木曜深夜)
荻上チキ・Session-22~Midnight Session~
(2013年4月2日(1日深夜) - )
-