開沼博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

開沼 博(かいぬま ひろし、1984年3月13日[1] - )は、日本の社会学者。2016年より立命館大学衣笠総合研究機構准教授、東日本国際大学客員教授[2]

来歴[編集]

福島県いわき市出身。福島県立磐城高等学校東京大学文学部卒業、同大学院学際情報学府博士課程在籍[3]。指導教員は吉見俊哉上野千鶴子ゼミに参加していた。2011年1月に、地元に近い東京電力福島第一原子力発電所をめぐる地域開発や福島県政について、ポストコロニアリズムの観点から論じ戦後日本の近代化の過程を理論化した修士論文を2011年1月に提出。それが2011年3月11日の東日本大震災福島第一原子力発電所事故の発生に伴い、アクチュアルな話題として脚光を浴びる。同論文は改訂増補を加えて2011年6月に『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』のタイトルで青土社より出版され、第65回毎日出版文化賞(人文・社会部門)及び第32回エネルギーフォーラム賞特別賞を受賞した。

『「原発避難」論──避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』で第6回地域社会学会賞選考委員会特別賞受賞。『漂白される社会』で第12回新潮ドキュメント賞候補、『はじめての福島学』で第36回エネルギーフォーラム賞優秀賞受賞、第14回新潮ドキュメント賞候補。

これまでに福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)ワーキンググループメンバー、復興庁東日本大震災生活復興プロジェクト委員、読売新聞読書委員、早稲田大学文化構想学部非常勤講師、福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員を歴任。

現在、経済産業省資源エネルギー庁総合資源エネルギー調査会原子力小委員会委員、楢葉町放射線健康管理委員会副委員長、Yahoo!基金評議員、福島大学うつくしまふくしま未来支援センター客員研究員等を務める。

メディア出演・連載[編集]

現在の定期的なメディア出演・連載は以下[4]

テレビ[編集]

  • KFB福島放送「ふくしまスーパーJチャンネルふくしま」(16:50-19:00)コメンテーター(毎週金曜日出演)
  • TOKYO MX「モーニングCROSS」(7:00-8:30)コメンテーター(月1回程度出演)

ラジオ[編集]

  • NHK福島放送局「こでらんに5」(17:00-18:00)火曜パーソナリティ(毎週火曜日出演)
  • JFN系列局「サードプレイス」(5:30-6:00)パーソナリティ(毎週木曜日出演)
  • ふくしまFM「サードプレイス(再)」(19:30-20:00)パーソナリティ(毎週土曜日出演)
  • NHKラジオ第一全国「NHKマイあさラジオ 社会の見方・私の視点」(6:43頃-)レギュラー専門家(月1回程度出演)

雑誌[編集]

その他[編集]

  • 電気新聞』「時評・ウエーブ」オピニオン(月1回程度)

過去のメディア出演・連載[編集]

以下は、これまでのメディア出演・連載の一部。

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]