藤木TDC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤木 TDC(ふじきティーディーシー、本名:藤木 直(ふじき ただし)、1962年 - )は、日本フリーライター。初期は「藤木ただし」「藤木タダシ」名義も使用。

来歴[編集]

秋田県出身。1981年4月に上京[1]1985年レンタルビデオ店の店員をしながら、アダルトビデオブームによる創刊ラッシュのアダルトビデオ専門誌で雑誌ライターとしてデビュー。エロメディアの評論家となり[2]、『噂の眞相』誌では12年間にわたって「アダルトビデオ構造主義」「新性紀猥物史観」を連載した。その後はジャンルの幅を広げて、一般記事も手がけるフリーライターとなる[3]。AVや風俗、昭和芸能史や日本映画、東京の繁華街に関する執筆を行っている。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『醜聞聖書 The bible of scandal』(洋泉社、1998年)
  • 『アダルトメディア・ランダムノート』(ミリオン出版、2004年)
  • 『アダルトビデオ革命史』(幻冬舎新書、2009年)
  • 『場末の酒場、ひとり飲み』(ちくま新書 2010年)
  • 『アダルトビデオ最尖端~身体と性欲の革命史~』(コアマガジン 2011年) のち『ニッポンAV最尖端 欲望が生むクールジャパン』として文春文庫
  • 『陰謀馬券の正体』(宝島SUGOI文庫 2011年)
  • 『昭和酒場を歩く―東京盛り場今昔探訪』(自由国民社 2012年)
  • 『昭和遺産探訪』(宝島社 2012年)
  • 『東京戦後地図 ヤミ市跡を歩く』(実業之日本社、2016年)

共著[編集]

  • 別冊宝島 一億人のAV』(宝島社、1994年)
  • 『別冊宝島 性メディアの50年』(宝島社、1995年)
  • 『別冊宝島 芸能界スキャンダル読本』(宝島社、1997年)
  • 『特集アスペクト 20世紀のアダルトビデオ』(アスペクト、1998年)
  • 『東京裏路地〈懐〉食紀行 まぼろし闇市をゆく』(ブラボー川上との共著、ミリオン出版、2002年、後にちくま文庫)
  • 『続東京裏路地〈懐〉食紀行 まぼろし闇市へ、ふたたび』(ブラボー川上との共著、ミリオン出版、2008年)
  • 『昭和幻景 消えゆく記憶の街角』(イシワタフミアキ写真、ミリオン出版、2009年)
  • 『日活不良監督伝 だんびら一代 藤浦敦』(藤浦敦著, 藤木TDC(構成)、洋泉社、2016)
  • 『東京ディープツアー 2020年、消える街角』(毎日新聞出版、2016)

漫画原作[編集]

出演番組[編集]

  • ニュース探究ラジオ Dig(2010年4月〜2013年3月、TBSラジオ)※水曜パーソナリティー(2010年4月〜2011年9月)、木曜パーソナリティー(2011年10月〜2012年10月)、金曜パーソナリティー(2012年11月〜2013年3月)

出典[編集]

  1. ^ 藤木TDC「狂った果実」『映画秘宝EX 爆裂!アナーキー日本映画史1980-2011』洋泉社、2012年、p.38
  2. ^ ボクらの時代のエロ・イノベーション大全、『週刊SPA!』、1999年12月27日号、38頁。
  3. ^ 藤木TDC『アダルトビデオ革命史』幻冬舎新書、2009年、p.248.

外部リンク[編集]