ニュース時事能力検定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニュース時事能力検定(にゅーすじじのうりょくけんてい)とは、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会などが主催する検定試験。略称はN検

概要[編集]

ニュース時事能力検定<ニュース検定>とは、新聞やテレビのニュース報道を読み解くための「時事力」を認定するもので、「時事問題」の理解に欠かせないキーワードや、社会の仕組みと流れについての知識を6段階に分けて測定する唯一の検定試験である。

政治経済暮らし国際問題社会環境の5テーマから出題され、総合的な時事問題の理解力(時事力)を6段階で判定する。

この検定試験は2007年にスタートし、全国主要都市で年2回程度実施されている。また、全国252校、600の学部・学科の大学・短大・高校の入学試験において、出願および判定での優遇・一部試験科目免除などに活用されている。


検定級[編集]

協会が公開している検定級の概要は以下の通りである。

難易度 目安 程度
5 小学校中高学年・中学生 国内を中心に、社会のルールやできごとに関心を持つ。
4 ★★ 小学校高学年・中学生 新聞やテレビのニュースに関心を持ち、自分の暮らしと結びつけて考えられる。
3 ★★★ 中学生・高校生 基本的なニュースを、社会の仕組みの中に位置づけて理解できる。
準2 ★★★★ 高校生・大学生・一般 さまざまなニュースを、現代社会の諸問題と関連づけて理解できる。
2 ★★★★★ 高校生・大学生・一般 ニュースを批判的に読み解き、自分なりの意見を導ける。
1 ★★★★★★ 大学生・一般 新聞社説レベルの記事も読み解き、社会や自分の新たな課題を設定できる。

出題範囲[編集]

検定日の約1ヶ月前までのニュースを下記の5つの領域から出題される。

公式テキスト・問題集には1月~翌年1月末までのニュースを中心に収めており、2~4級の検定問題は約6割がその内容から出題される。

  1. 政治
  2. 経済
  3. 暮らし
  4. 社会環境
  5. 国際問題

実施要項[編集]

詳細は公式サイトを参照。

出題数・回答形式
45問。4択のマークシート方式だが、1級のみ一部記述式が含まれる。(07年12月、08年6月実施分では記述式は5問出題)
試験時間
50分(各級共通)
合格基準
2級~5級は100点満点で概ね70%以上。1級は80%以上。正確な点は非公表。
受検資格
2~5級は制限無し、併願可能。1級の受検は、2級合格者のみ。
受験会場
公開会場は全国45ヶ所。(随時変更・追加されるため、詳細は公式サイトを参照。)
他、中学高校、大学や予備校などの団体受験者には準会場の設定もある。
検定料
5級 2000円、4級 2500円、3級 3000円、準2級 3500円、2級 4500円、1級 6500円
合格率
5級 96.3%、4級 78.8%、3級 51.4%、2級 48.0%、1級 15.7%
※2011年度(第13回 - 第16回)の実績。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]