國分功一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
國分 功一郎
生誕 1974年7月1日(41歳)
日本の旗 日本千葉県
時代 21世紀の哲学
地域 日本哲学
学派 大陸哲学ドゥルーズ派
スピノザ主義
一元論
研究分野 形而上学認識論存在論
倫理学
表象文化論
文明社会哲学政治哲学
哲学史思想史
主な概念 スピノザの方法
消費、浪費
退屈
欲望快楽
テンプレートを表示

國分 功一郎(こくぶん こういちろう、1974年7月1日 - )は、日本哲学者高崎経済大学経済学部准教授

人物[編集]

千葉県柏市出身。1997年早稲田大学政治経済学部卒業。2009年東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了。学位は、DEA哲学パリ第10大学2001年)、DEA・言語学社会科学高等研究院2002年)、及び博士(学術)(東京大学、2009年[1]

東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻における博士学位請求論文は「スピノザの方法」。論文の内容は、17世紀合理主義哲学者バールーフ・デ・スピノザがその著書『知性改善論』において提示しようとした「方法methodus」を解明するもの。主査は森山工、副査は山脇直司増田一夫原和之鈴木泉らが務めた。[2]

研究領域[編集]

主な研究対象は次の二つである。一つは17世紀の哲学に関する研究、もう一つはフランス現代哲学に関する研究である[1]。博士論文であり初の単著となった著作は、スピノザ論(『スピノザの方法』)であった。また、現代哲学の研究はジル・ドゥルーズを中心に進められ、『ドゥルーズの哲学原理』などの著作が出版されている。同時に國分は、〈暇と退屈の倫理学〉というテーマのもと、現代社会分析を進めている。

経歴[編集]

  • 1974年7月1日千葉県生まれ。
  • 1997年3月、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業
  • 1997年4月、東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻修士課程入学
  • 1997年10月、ストラスブール大学哲学科Licence課程入学
  • 2000年3月、東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻修士課程修了
  • 2000年4月、東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程進学
  • 2000年10月、パリ第10大学哲学科DEA課程入学
  • 2001年9月、パリ第10大学哲学科DEA課程修了
  • 2001年10月、パリ第10大学哲学科Doctorat課程入学
  • 2001年10月、社会科学高等研究院言語科学科DEA課程入学
  • 2002年9月、社会科学高等研究院言語科学科DEA課程修了
  • 2006年3月、東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学
  • 2006年4月、東京大学大学院総合文化研究科21世紀COEプログラム「共生のための国際哲学交流センター」(UTCP)研究拠点形成特任研究員
  • 2007年10月、東京大学大学院総合文化研究科グローバルCOEプログラム「共生のための国際哲学教育研究センター」(UTCP)研究拠点形成特任研究員
  • 2008年4月、高崎経済大学経済学部講師
  • 2009年5月、東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了(課程博士)博士論文「スピノザの方法[3]
  • 2011年4月、高崎経済大学経済学部准教授(現職)
  • 2015年4月、キングストン大学近代ヨーロッパ哲学研究センター(イギリス)留学

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

監修[編集]

  • 『哲子の部屋1――哲学って、考えるって何?』、NHK『哲子の部屋』制作班著、河出書房新社、2015年。
  • 『哲子の部屋2――人はなぜ学ばないといけないの?』、NHK『哲子の部屋』制作班著、河出書房新社、2015年。

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]