安田菜津紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安田 菜津紀
生誕 日本の旗 日本神奈川県
教育 上智大学卒業
職業 studioAFTERMODE所属フォトジャーナリスト[1]
配偶者 佐藤慧(studioAFTERMODE所属フォトジャーナリスト[2][3][1]

安田 菜津紀(やすだ なつき、1987年 - )は日本のフォトジャーナリスト。studio AFTERMODE所属。カンボジアを中心とした東南アジア中東アフリカでの貧困難民の問題や、東日本大震災被災地を取材している。

人物・経歴[編集]

1987年に神奈川県に生まれる[4]。 16歳のときから「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアを訪れるようになる[5]。その後、上智大学総合人間科学部教育学科を卒業した[6]

2008年毎日放送情熱大陸』500回放送記念回に出演[7]2010年、初個展「『緑の壁』HIVと共に生きる」をコニカミノルタプラザで開催した[8]

2011年の東日本大震災以降は、被災地の一つである陸前高田を取材している[4]

2012年、「HIVと共に生まれる -ウガンダのエイズ孤児たち-」で第8回名取洋之助写真賞を受賞した[9]

著書[編集]

  • 『アジア×カメラ −正解のない旅へ−』(幸田大地白潟禎共著、2011年第三書館
  • 『ファインダー越しの3.11』(渋谷敦志佐藤慧共著、2011年、原書房
  • 『君とまた、あの場所へ: シリア難民の明日』(安田菜津紀著、2016年、新潮社
  • 『それでも、海へ 陸前高田に生きる』(安田菜津紀著、2016年、ポプラ社)

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

関連人物[編集]

脚注および出典[編集]

外部リンク[編集]