よつ葉乳業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:よつ葉乳業のロゴならびに各工場の外観の画像提供をお願いします。2017年8月
よつ葉乳業株式会社
Yotsuba Milk Products Co.,Ltd
JA-Hokkaido-Bldg-01.jpg
本社のある北農ビル外観(2007年6月)
種類 株式会社
略称 よつ葉
本社所在地 日本の旗 日本
060-0004
札幌市中央区北4条西1丁目1 北農ビル12階
北緯43度03分59秒 東経141度21分16秒 / 北緯43.06639度 東経141.35444度 / 43.06639; 141.35444座標: 北緯43度03分59秒 東経141度21分16秒 / 北緯43.06639度 東経141.35444度 / 43.06639; 141.35444
本店所在地 080-0104
北海道河東郡音更町新通二十丁目3番地
設立 1967年1月23日
業種 食料品
法人番号 1460101001924
事業内容 牛乳及び乳製品の製造・販売
代表者 代表取締役社長 有田 真
資本金 31億円
売上高 1,027億円(2016年度)
従業員数 793名(2017年3月31日現在)
関係する人物 太田寛一(創業者)
外部リンク http://www.yotsuba.co.jp
テンプレートを表示

よつ葉乳業(よつばにゅうぎょう)は、札幌市中央区に本社のある企業(登記上の本店は河東郡音更町)。ホクレン農業協同組合連合会(ホクレン)の関連法人。コーポレートスローガンは、「北海道のおいしさを、まっすぐ。」。

商品[編集]

沿革[編集]

よつ葉乳業の創業者である太田寛一は、1966年昭和41年)に酪農の先進国であるヨーロッパへ視察した際、生産者が加工から販売までを手掛けている農村の姿を目の当たりにし、北海道農業にも酪農家自身が地域の乳業メーカーに出資して生産から流通までを一体化した仕組みを構築する必要性を学んだ[1]。帰国後、1967年(昭和42年)に十勝管内にある8つの農業協同組合(農協)が中心となった農民資本の乳業会社「北海道協同乳業」を設立し、乳製品工場(現在の十勝主管工場)が稼働した[1]。その後、根釧、オホーツク北見、宗谷の酪農家から出資を受け、各地区に工場を設置した[1]1986年(昭和61年)には社名とブランド名を統一するため、「北海道農協乳業」としていた社名を「よつ葉乳業」に変更した。

年表[編集]

  • 1966年昭和41年):十勝管内農協組合長会議にて工場建設決議[2]
  • 1967年(昭和42年):「北海道協同乳業」として設立し、十勝工場(現在の十勝主管工場)完成[2]
  • 1969年(昭和44年):市乳工場完成[2]
  • 1970年(昭和45年):十勝工場加工第2工場完成[2]
  • 1972年(昭和47年):「北海道農協乳業」に社名変更[2]
  • 1973年(昭和48年):根釧工場完成[2][3]。畜産振興事業団(現在の農畜産業振興機構)からの出資受入。
  • 1974年(昭和49年):北見工場(現在のオホーツク北見工場)完成[2]
  • 1976年(昭和51年):根釧工場に市乳工場完成[2]
  • 1978年(昭和53年):十勝工場市乳工場完成[2]
  • 1981年(昭和56年):大阪流通センター(現在の大阪支店)開設[2]
  • 1982年(昭和57年):東京流通センター(現在の東京支店)開設[2]。十勝工場チェダーチーズ工場完成[2]
  • 1983年(昭和58年):札幌市に本社移転[2]
  • 1984年(昭和59年):宗谷工場完成[2]
  • 1986年(昭和61年):「よつ葉乳業」に社名変更[2]
  • 1988年(昭和63年):リサーチセンター(現在の中央研究所)完成[2]。東京都武蔵野市に食品・環境・農業に関する専門図書館「よつ葉ライブラリー」開設(2011年閉館)[4]
  • 1992年平成04年):東京工場完成[2]。十勝工場カマンベールチーズ工場完成[2]
  • 1998年(平成10年):総合衛生管理製造過程の承認(牛乳部門)。
  • 1999年(平成11年):総合衛生管理製造過程の承認。(加工乳・乳飲料・クリーム・脱脂乳部門)
  • 2001年(平成13年):ISO14001審査登録。(十勝主管工場、根釧工場、オホーツク北見工場、宗谷工場)
  • 2004年(平成16年):ドイツ製無塩バターに金属片混入し、製品回収。十勝主管工場新市乳工場完成[2][5]。チェダーチーズ製造工程で使用しているフィルター破損し、金属片混入の恐れがあるため、対象製品を自主回収。
  • 2005年(平成17年):外部に委託生産して自社で販売している飲料製品の一部に凝固の恐れがあるため、対象製品を自主回収。
  • 2007年(平成19年):オホーツク北見工場乳製品加工施設完成[2]
  • 2010年(平成22年):チーズ研究所開設[2][6]
  • 2011年(平成23年):十勝主管工場バター・液状生産施設完成[2]
  • 2013年(平成25年):十勝主管工場粉乳生産施設完成[2][7]。FSSC認証登録(十勝主管工場、宗谷工場)。
  • 2014年(平成26年):FSSC認証登録(根釧工場、東京工場)。ハラール認証取得(根釧工場、宗谷工場)
  • 2015年(平成27年):十勝主管工場チーズ生産施設完成[2]。FSSC認証登録(オホーツク北見工場)。ハラール認証取得(十勝主管工場チーズ工場)。
  • 2017年(平成29年):創立50年。経営理念、よつ葉グループ企業行動憲章「よつ葉 Way」制定。ハラール認証取得(オホーツク北見工場)。

事業所[編集]

関連会社[編集]

  • よつ葉物流
  • くみあい乳業
  • よつ葉テクノサービス
  • 台湾よつ葉フードテック
  • よつ葉乳業アジア
  • とみん自動車運輸

スポンサー番組[編集]

過去にスポンサーをしていた番組

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 巨人の星 (アニメ)#再放送も参照。
  2. ^ 提供読みはOPが「天気予報です。よつ葉乳業がお送りします。」、EDが「よつ葉乳業がお送りした、天気予報を終わります。」であった。

出典

  1. ^ a b c 創業者『太田寛一』”. よつ葉乳業. 2017年12月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 沿革”. よつ葉乳業. 2017年12月27日閲覧。
  3. ^ 試験操業始める 北海道農協乳業の釧路工場 濃縮乳、水分3分の1に”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1973年9月13日). 2017年12月27日閲覧。
  4. ^ “よつ葉ライブラリー閉館のお知らせ” (プレスリリース), よつ葉乳業, (2011年2月7日), http://www.yotsuba.co.jp/topics/23-02-07library.html 2017年12月27日閲覧。 
  5. ^ “十勝主管工場 新市乳工場の稼動開始について” (プレスリリース), よつ葉乳業, (2004年9月29日), http://www.yotsuba.co.jp/topics/16-10-01f.html 2017年12月27日閲覧。 
  6. ^ “よつ葉乳業が十勝にチーズ研究所”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2010年9月18日). http://www.tokachi.co.jp/news/201009/20100918-0006645.php 2017年12月27日閲覧。 
  7. ^ “よつ葉乳業の新工場完成”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2013年3月16日). http://www.tokachi.co.jp/news/201303/20130316-0015018.php 2017年12月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]