パセオ (札幌市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パセオ
paseo
Paseo入口.jpg
店舗概要
所在地 060-0806
札幌市北区北6条西2丁目
座標 北緯43度04分07秒 東経141度21分07秒 / 北緯43.06861度 東経141.35194度 / 43.06861; 141.35194
開業日 1989年7月14日[1]
施設所有者 札幌駅総合開発
施設管理者 札幌駅総合開発
商業施設面積 16,411 m²[3]
営業時間 10:00 - 21:00(ショッピング)
11:00 - 22:00(レストラン)
駐車台数 約1,100台[2]
最寄駅 JR logo (hokkaido).svg 札幌駅
ST Logo.svg さっぽろ駅
最寄IC Sasson Expwy Route Sign.svg 札幌北IC
外部リンク 札幌 パセオ JRタワー

パセオpaseo)は、札幌市北区北海道旅客鉄道(JR北海道)札幌駅にある商業施設。JRタワーJRタワースクエア)を構成する施設になっている。

概要[編集]

札幌駅高架下の商業施設として開業。地上1階と地下1階の東西に広がっており、地上1階の西コンコース・地下1階のウエストアベニューより西側を「paseo WEST」、地下1階のウエストアベニューとイーストアベニューの間を「paseo CENTER」、地上1階の東コンコース・地下1階のイーストアベニューより東側を「paseo EAST」としている。札幌市営地下鉄東豊線さっぽろ駅への連絡口がある[4]

沿革[編集]

  • 1989年平成元年):札幌駅高架下商業施設「パセオ」一次開業(7月)[5]、グランドオープン(11月)[5]
  • 2002年(平成14年):改装オープン[6]
  • 2005年(平成17年):パセオを運営する札幌ステーション開発が、JRタワー札幌ステラプレイス)を運営する札幌駅南口開発、アピアを運営する札幌駅地下街開発、エスタを運営する札幌ターミナルビルと合併し、「札幌駅総合開発」と商号変更[7]
  • 2009年(平成21年):ポイントカード(ポイントプログラム)「パセオポイントカード」新規加入終了(2010年3月末ポイント付与、2011年3月末ポイント交換終了)[要出典]
  • 2011年(平成23年):全面改装オープンし[8]、ロゴマーク変更。

施設[編集]

paseo WEST

pase CENTER

paseo EAST

  • ファッションやヘルス&ビューティ関連などの専門店が出店している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JR札幌駅高架下、「パセオ」が14日に開業”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1989年7月13日). 2017年9月4日閲覧。
  2. ^ 建物概要”. JRタワー. 2017年9月1日閲覧。
  3. ^ 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC (PDF)”. 日本ショッピングセンター協会. 2017年9月4日閲覧。
  4. ^ さっぽろ駅 駅構内図 (PDF)”. 札幌市交通局. 2017年9月4日閲覧。
  5. ^ a b 開発の経過”. JRタワー. 2017年9月4日閲覧。
  6. ^ パセオ*きょう改装オープン*飲食店街の雰囲気一新”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2002年10月25日). 2017年9月4日閲覧。
  7. ^ 立澤芳男 (2011年8月24日). “都市生活で読む日本の実態シリーズNo.4 (PDF)”. ハイライフ研究所. pp. 14-15. 2017年9月1日閲覧。
  8. ^ 「パセオ」若者向け一新*全面改装、きょうオープン*札幌”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2011年11月12日). 2017年9月4日閲覧。

外部リンク[編集]