えひめ飲料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社えひめ飲料
Ehime beverage Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
791-8603
愛媛県松山市安城寺町478番地
設立 2003年4月
業種 食料品
法人番号 2500001005202
事業内容 清涼飲料の製造および販売
代表者 代表取締役社長 山﨑博
資本金 67億5,000万円
主要株主 全国農業協同組合連合会(愛媛県本部)
外部リンク http://www.ehime-inryo.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社えひめ飲料(えひめいんりょう)は、愛媛県松山市に本社を置く飲料メーカーである。清涼飲料製造販売を事業とする。

概要[編集]

後述の「ポンジュース」で知られる企業。

もとは農協自体で製造から販売まで手掛けていたが、当該農協が全国組織と統合したのと前後して、組合・公益法人による営利事業に対する規制が強化され、営利事業は一般企業を作ってそこに移管させる必要が生じたことから設立されたものである。したがって、全国組織の全国農業協同組合連合会が株主となっている。

この会社と同じ位置付けにあるのが、“サンレイ”のブランドで知られる佐賀県農業協同組合(JAさが)の子会社「株式会社ジェイエイビバレッジ佐賀」である。

沿革[編集]

  • 1948年(昭和23年) - 母体である愛媛県青果販売農業協同組合連合会が発足。
  • 1952年(昭和27年) - 三津工場落成。ポンジュース発売開始。
  • 1964年(昭和39年) - 事務所・研究所が愛媛県松山市中須賀町に落成。
  • 1971年(昭和46年) - 松山工場落成。
  • 1974年(昭和49年) - 東京工場落成。
  • 1980年(昭和55年) - 三津工場を松山工場に統合。
  • 1992年(平成4年) - 管理センタービル(現:本社屋)落成。茨城工場落成。
  • 1998年(平成10年) - 愛媛県農業協同組合連合会が発足。
  • 2003年(平成15年) - ジュース事業を農協組織から分離し、「株式会社えひめ飲料」設立。

事業所[編集]

製造工場[編集]

ポンジュース[編集]

ポンジュースとは1952年(昭和27年)に発売された果汁飲料である。「えひめのまじめなジュース」をキャッチコピーに販売されている。姉妹品としてポン(POM)の名を冠したグレープやりんごの果汁飲料も存在する。

発売当時の愛媛県青果農業協同組合連合会会長であった桐野忠兵衛が発売前年アメリカで柑橘類の加工工場を視察し、愛媛のみかん産業発展のためにみかんジュースの製造販売を発案したことで商品化された。発売当初は果汁100%ではなかったが[1]1969年(昭和44年)果汁100%に変更された。現在はこの時をポンジュースの誕生としており2009年(平成21年)に「40周年」を迎えたとして盛大にキャンペーンを打った。

名称の由来は当時の愛媛県の久松定武知事が日本一(ニッポンイチ)のジュースになるようにという意味をこめて名付けたことによる。ただし、愛媛(特に中予地方)の方言で「ポン」は「くだらないもの」、「糞」という意味もあり、発売当時は「糞のジュースか?」と揶揄されたこともある。オランダ語で柑橘果汁を指すponsや文旦を指すpomelo、果樹栽培法pomology(英語)などの言葉との関わりも考慮されている[2]。当初ローマ字表記はPONであったが、前述の柑橘と関係の深い言葉とのつながりを重視し1953年(昭和28年)に現在のPOM表記に変更された。

当初は農協組織が直接販売まで手掛け、一時明治乳業(現明治)や宝酒造から委託販売されていた時期もあったが、組合の営利活動規制により現在はえひめ飲料が製造から販売までを一貫して行う。愛媛県青果農業協同組合連合会時代のCMソング『愛媛みかんの歌』『ポンジュースの歌』は、藍美代子が歌い、作詞は伊藤アキラ、作曲は平尾昌晃が担当している。非売品のソノシートのジャケットには東君平のイラストがある。

「ポンジュースの出る蛇口」
「愛媛県では水道の蛇口のひねるところが3つあり、青い蛇口は水、赤い蛇口はお湯、オレンジの蛇口はポンジュースが出る」というジョーク都市伝説がある。えひめ飲料自身が販売促進キャンペーン用の賞品として利用する。また、今治市のJAおちいまばり直売所「さいさいきて屋」や、松山空港のロビーに期間限定で[3]「ポンジュースの出る蛇口」が設置される。
みかんのうた
SEX MACHINEGUNSが愛媛のみかんへの「愛」を歌う曲であり、歌詞にはポンジュースが含まれている。またえひめ飲料は、SEX MACHINEGUNSが愛媛でライブを行う際に大量のポンジュースや花を贈る。同曲中ではみかんを「オレンジに負けない黄金色の果実」と呼ぶが、ポンジュースはみかんとオレンジ両方の果汁を使用するものもあるが、みかんのみの商品も存在する。
みかんごはん
愛媛県の学校給食で、ダシの代わりにポンジュースを入れた炊き込みご飯である。「あけぼのめし」「オレンジピラフ」ともいう。
みかんパン
愛媛県の学校給食で、見た目は普通のコッペパンと同じだが、中はオレンジ色で、酸味がある。
ジュースの日
ジュース給食ともいい、愛媛県のすべての公立の小中学校で夏場に週に1度ポンジュースが配られる。
コラボ商品
ポンジュースコロン(江崎グリコ):ポンジュースで作ったクリームを使ったコロン。四国限定。
チロルチョコ ポンジュース(チロルチョコ):オレンジ色のチョコの中にポンジュースのゼリーが入っている。
ポンジュースグミ2(サクマ製菓):ポンジュースで作ったグミ。すっぱいパウダー付きで名前に「2」が付いた。
ポンジュースとヨーグルト(四国乳業):ポンジュースで作ったフルーツソース入りヨーグルト
ポンジュースシャーベット(栄屋乳業):ポンジュース入りのシャーベット
ハイチュウポンジュース(森永製菓):ポンジュース味のハイチュウ。一度製造終了したが、2014年5月から同年8月まで「ポンジュースハイチュウアソート」として期間限定で復活。
チューハイ果実の瞬間 贅沢みかんテイスト(アサヒ飲料):ポンジュース味のチューハイ
ポンジュースもち (国分 (商社)(日本橋菓房):ポンジュース入りのもち。2012年11月末から2013年5月末までの期間限定販売。
ポン 果実スパークリング(日本たばこ産業) :ポンジュースを使った炭酸飲料。2013年3月11日から自動販売機限定[4]

脚注[編集]

  1. ^ 発売当時は低果汁飲料であってもジュースという呼称が使用できた。
  2. ^ えひめ飲料ホームページQ&A「ポン」の名前の由来
  3. ^ 松山空港での「ポンジュース蛇口」試飲イベントの実施について(2017年4月12日)”. 松山空港利用促進協議会プレスリリース. 2017年7月26日閲覧。
  4. ^ “はじける!ポンジュース 自販機限定で炭酸になった”. (2013年3月21日). http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/jcast-168283/1.htm 2013年3月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]