武田砂鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
武田 砂鉄
(たけだ さてつ)
誕生 (1982-10-29) 1982年10月29日(40歳)
日本の旗 日本 東京都[1][2]
職業 フリーライター
言語 日本語
最終学歴 成城大学経済学部
活動期間 2014年 -
主題 時事問題社会問題芸能
主な受賞歴 第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞(2015年)
第9回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞(2016年)
デビュー作 『紋切型社会』
公式サイト 武田砂鉄|フリーライター
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

武田 砂鉄(たけだ さてつ、1982年10月29日 - )は、日本フリーライターラジオパーソナリティー。元編集者[3]東京都東大和市出身[4][5][6]。身長185cm[7]。著作『紋切型社会』で第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞などを受賞[2]

砂鉄はペンネーム。

略歴・人物[編集]

明治学院中学校・明治学院東村山高等学校卒業[8]。祖父は新聞記者で、幼い頃から実家には本が沢山あった[9]。高校の頃からハードロックヘヴィメタルに入れ込む[1]。特に音楽評論家である伊藤政則の文章からの影響を度々語っている。19歳の時に音楽誌『beatleg magazine』編集部へ、ルーズリーフに書いた文章を持ち込み、掲載されたのがライターとしての初仕事であった[1]。以後、同誌でコラムの連載を開始。この連載は、武田が出版社に就職している間も会社には秘密で続けられた。

大学卒業後[2]、2005年から2014年8月まで出版社河出書房新社時事問題ノンフィクション書籍の編集者として勤務し、退職後フリーライターとなる[3][2][1]。『beatleg』、『TRASH-UP!!』、『STRANGE DAYS』、『SPA!』、『ヘドバン』cakes、CINRA.NET、Yahoo!ニュースハフィントン・ポストなど雑誌やウェブニュース系の連載を多数持つ[2][10]

2015年4月、初の著作『紋切型社会』を上梓。同年9月藤原新也の選考により、同書で第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞[2]。2016年3月には第9回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞を受賞した[11]

2021年12月には自身も『アシタノカレッジ」でパーソナリティーをしている、TBSラジオの『開局70周年記念 TBSラジオ公式読本』の責任編集を務める。

サインの横には毎回ウサギのイラストを添えており、このウサギは学生時代から年賀状などにも描いていた。2022年7月に発売された『べつに怒ってない』では、武田の描いたウサギがカバーにも使用されている。

著書[編集]

単著[編集]

共著・寄稿[編集]

雑誌連載[編集]

ネット連載[編集]

  • ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜(2014年3月 - 2022年7月、コンテンツ配信サイト『cakes』)

現在の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

過去の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

  • クロノス(2018年8月27日、28日、TOKYO-FM) - サブMC
  • ACTION(2019年4月5日 - 2020年9月25日、TBSラジオ) - 金曜パーソナリティ
  • 「新時代のコトバ会議」(TBSラジオ 2021年1月1日)
  • JRN・TBSラジオ報道特別番組「総選挙開票スペシャル2021」(TBSラジオ 2021年10月31日)
  • TBSラジオ開局70周年 特別番組 「大感謝祭」第3部(TBSラジオ 2021年12月24日)
  • アフター6ジャンクション <読書>についてアレコレ語らう雑談企画『ブック・ライフ・トーク』(TBSラジオ 2022年5月3日)
  • JRN・TBSラジオ報道特別番組「開票ライブ!参院選2022」(TBSラジオ 2022年7月10日)
  • ジェーン・スー 生活は踊る(TBSラジオ、2021年9月1日、2022年5月4日、2022年10月31日) - 代理パーソナリティー(ジェーン・スーが休みを取得したことによる)
  • ROCK ENTERTAINMENT 高見沢俊彦のロックばん(TBSラジオ、2023年1月8日 - 1月15日)- 高見沢俊彦とロック談義

テレビ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ネット連載『ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜』が「cakes」サービス終了に伴ってネット連載終了、そのまま『週刊朝日』の「今週のわだかまり」として連載開始。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 「リレーインタビュー私の分岐点第313回 武田砂鉄さん」『ビッグイシュー 日本版』第348巻、2018年12月1日、 3ページ。
  2. ^ a b c d e f 受賞作品|Bunkamuraドゥマゴ文学賞Bunkamura、2016年10月5日閲覧。
  3. ^ a b 永江朗、「ベストセラー解読 紋切型社会[著]武田砂鉄」、『週刊朝日』2015年7月3日、book asahi.com、2016年10月5日閲覧。
  4. ^ TBSラジオ『アシタノカレッジ』金曜パーソナリティ武田砂鉄INTERVIEWTV Bros.note版、2021年2月28日閲覧)
  5. ^ 矢部太郎さんも本には大量の付箋が!『武田砂鉄さんの目線で地元を感じるところはどこかな?』”. TBSラジオ (2021年7月16日). 2022年11月23日閲覧。
  6. ^ 「実家の方を前にして…なかなか不便な場所ですよね」能町みね子が武田砂鉄の地元をほじくる!”. TBSラジオ (2022年3月7日). 2022年11月23日閲覧。
  7. ^ フォーラム通信2020春号
  8. ^ 武田砂鉄が語る不遇の時代 モテる奴らに負けないための悪巧み2019年3月25日
  9. ^ 2022年5月3日20:00-『アフター6ジャンクション』
  10. ^ 武田 砂鉄日経ビジネスオンライン、2016年10月5日閲覧。
  11. ^ わたくし、つまりNobody賞受賞者、(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞、2016年10月5日閲覧。

外部リンク[編集]