嫌われる勇気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
嫌われる勇気
自己啓発の源流「アドラー」の教え
著者 岸見一郎
古賀史健
イラスト 羽賀翔一
発行日 2013年12月13日
発行元 ダイヤモンド社
ジャンル 臨床心理学精神分析学
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 296
公式サイト book.diamond.ne.jp
コード ISBN 978-4478025819
Portal.svg ウィキポータル 医学と医療
Portal.svg ウィキポータル 哲学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』(きらわれるゆうき じこけいはつのげんりゅう アドラーのおしえ)は、岸見一郎古賀史健の共著による、アルフレッド・アドラーの「アドラー心理学」を解説した書籍。2013年12月13日ダイヤモンド社より出版された。

2015年舞台化された[1]

2017年には同書を原案としたテレビドラマフジテレビ系で放送されている[2]

概要[編集]

アルフレッド・アドラーの「アドラー心理学」を哲学者(哲人)と若者の会話を通して、分かりやすく解説をしている。

2014年にビジネス書ランキングの年間2位、2015年には1位を獲得した[3]

また、2015年には韓国でも年間ベストセラー1位となった[3]

舞台[編集]

嫌われる勇気』(きらわれるゆうき)のタイトルで、2015年9月から10月に赤坂RED/THEATERで上演された。演出・脚本は和田憲明[1]

書籍に登場する青年は女性に書き換えられている[4]

キャスト(舞台)[編集]

テレビドラマ[編集]

嫌われる勇気
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2017年1月12日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 渡辺恒也
橋爪駿輝
演出 池澤辰也
及川拓郎
星野和成
脚本 徳永友一
大石哲也
ひかわかよ
プロデューサー 目黒正之
井元隆佑
出演者 香里奈
加藤シゲアキ
椎名桔平
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 データ放送
オープニング NEWSEMMA
エンディング 大塚愛
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回は15分拡大放送。
テンプレートを表示

嫌われる勇気』(きらわれるゆうき)のタイトルで、本書を原案に刑事ドラマにアレンジして[2]2017年1月12日から毎週木曜22時 - 22時54分[注 1]フジテレビ系の木曜劇場枠で放送されている。主演は香里奈[5]

2017年2月、日本アドラー心理学会は「ドラマのアドラー心理学理解は日本及び世界のアドラー心理学における一般的な理解とはかなり異なっている」として、放送中止か大幅な脚本の見直しを求めるフジテレビへの抗議文を、日本アドラー心理学会のサイトに掲載した[6][7]

キャスト(テレビドラマ)[編集]

庵堂 蘭子(あんどう らんこ)〈32〉
演 - 香里奈(14歳当時:桜田ひより
警視庁捜査一課8係所属の刑事。階級は警部補[8]。本庁の捜査一課ではナンバーワンの検挙率である[9]。彼氏無しの独身で丁寧な口調で話す[10]。相棒は青山。一匹狼で滅多に笑顔を見せない不愛想な性格。その上、捜査会議に出ず捜査員の推理を「(その推理) 明確に否定します。」の言葉とともに一蹴し自分の意見を貫くアドラー心理学で提唱される特徴をそのまま具現化した様な人物[8]。又、携帯電話を所持しているが捜査中に持ち歩く事は無く、実質彼女が何処にいるのかを探る為の鍵が青山である。青山には「先輩」呼ばわりをせず、それ以外で自分の事を呼ぶ様に命令する。1999年、14歳の時誘拐され1週間後に救助されたが学校に登校すると自分の机に花瓶を置かれる嫌がらせにあった。だが、彼女は元々教室にあった花瓶にその置かれた花を活け直す等、精神的に乗り越えた結果、今の様な性格になる。事件の鍵となる証拠を発見した時、いつも一つ括りにしている髪を解く癖がある。さらに、「見つけた。」と口にする。上記にもある通りかなり人間関係を築くのが非常に困難な個性を持つ性格であるが、アドラー心理学の知識を用いて犯人やその周りの人々に意見を言う等、変わり者ながら正義感の強い女性である。
青山 年雄(あおやま としお)〈28〉
演 - 加藤シゲアキ
警視庁捜査一課8係所属の新人刑事。庵堂の相棒。幼少期から刑事志望であり、社交的で積極的にコミュニケーションを取る性格。その反面人に嫌われたくない思いが非常に強く、自分とは正反対の性格である庵堂に手を焼くが、足繁く通う帝都大学の教授、大文字の勧めでアドラー心理学の特徴を彼女から学び始める。又怖いものが非常に苦手で、暗闇の中で唐突に物が落ちて来た時は悲鳴をあげ庵堂の腕にしがみ付いた事がある等、男性としては頼りない一面が存在する[11]
大文字 哲人(だいもんじ てつと)〈52〉
演 - 椎名桔平
帝都大学文学部心理学科教授で警視庁に事件のプロファイリング像を提供する特別コンサルタント。専門は犯罪心理学だがその他心理学の知識も持つ。[10]落ち着いた物腰で話すが、心理学の知識で人の心の闇等も知り尽くした結果、世の中をネガティブに捉えるペシミストになった。度々訪れる青山には庵堂の行動をアドラー心理学の知識になぞらえて考える様諭す。
半田 陽介(はんだ ようすけ)〈55〉
演 - 升毅[5]
警視庁捜査一課8係係長。庵堂の超が付く程の単独行動に悩む一方、三宅の情報収集能力を高く買っており、彼を信頼する。現場主義で物分かりが良い。
小宮山 正明(こみややま まさあき)〈42〉
演 - 戸次重幸[5]
警視庁捜査一課8係所属の刑事。相棒は浦部。一見落ち着いた性格に見えるが中身は出世ばかりを考えていて浦部に闘争心を燃やしながら嫌味を吐く、陰湿で強かな男性。
浦部 義孝(うらべ よしたか)〈38〉
演 - 丸山智己[5]
警視庁捜査一課8係所属の刑事。相棒は小宮山。かつて庵堂とバディを組んでいたが、散々振り回された為、彼女と新しい相棒の青山を「青年[注 2]」呼ばわりしてまとめて毛嫌いし、青山には雑用を押し付ける横柄な性格[11]。又8係1番の武闘派ではあるが、彼のパンチは必ず梶に交わされている。自称FBI仕込みのプロファイリングで推理を披露するが、尽く庵堂に前述のように言われ否定される[注 3]
三宅 隆俊(みやけ たかとし)〈26〉
演 - 桜田通[5]
警視庁捜査一課8係所属刑事。インターネットオタクでパソコンでの情報収集に非常に長けている。常に無表情ではあるがその中に秘められた情熱や信念を捜査にぶつける。報告は半田と誰かの会話に割り込みして話す。
相馬 めい子(そうま めいこ)〈28〉
演 - 相楽樹[5]
帝都大学医学部法医学講座の助教授監察医の若い女性。何処かセクシーな雰囲気があり、遺体が殺害された時の状況を誘惑交じりに青山やその他男性刑事に説明する[8]。事件に関する自身の見立てを「妄想ですか?」などと決めつけられるなど庵堂の振る舞いにイライラしており、彼女の弱みを握るべく大文字に接近するが、逆に自身の劣等感を指摘される[9]
自身の関係者(元彼)が被害者として司法解剖に回されてきた時は他の解剖医に依頼したが、手掛りを得るため、鑑識に証拠の再鑑定をプロとして依頼するなど、精神的に強いところを見せた[12]
梶 準之助(かじ じゅんのすけ)〈45〉
演 - 正名僕蔵[5]
鑑識課主任鑑識官。妻子持ち。誰もが庵堂を嫌う中、彼女の思考や言動、推理に注目し、「さすが庵堂蘭子」と口癖を言う。庵堂が前述の発言をすると「出た。」と叫ぶ。又、鑑識課の人間でありながら浦部が殴り掛かってくるのをかわす等、余程高い身体能力の持ち主である事が伺える。その代わり、村上のイジリで妻が浮気すると引っ掛けられた時には滅法弱い。
村上 由稀菜(むらかみ ゆきな)〈22〉
演 - 岡崎紗絵[5]
鑑識課鑑識係。若いながら、並外れた勘と嗅覚を持ち事件の重要な証拠を発見すべく日々奮闘している。庵堂を尊敬する一方、梶をイジる日々を過ごす。
間雁 道子(まかり みちこ)〈20〉
演 - 飯豊まりえ[5]
帝都大学文学部心理学科所属の大文字の助手。庵堂に関心を持っている為か彼女の聞き込み先に同行する場面がある。
土方 登志郎(ひじかた としろう)〈36〉
演 - 寿大聡[5]
帝都大学文学部心理学科准教授。天然な性格。大文字の指示で来客にお茶を汲む事もある。

ゲスト[編集]

第1話[編集]

天野 真紀〈43〉
演 - 南野陽子
ファッション雑誌「美venus」モデルであり、コンブ茶会スクール主催。
植村 彩子
演 - 石田ひかり
コンブ茶会スクール参加者のセレブ主婦。
坪内 翔平
演 - 坂田聡
天野真紀をストーキングして逮捕された男性。
鈴村 美里
演 - 青山倫子
コンブ茶会スクール参加者の主婦。茶会を苦手に感じていた。
赤塚 留美
演 - 藤本恭子
殺害された1人目のファッション雑誌「美venus」モデル。
丹羽 優香
演 - 中井理恵
殺害された2人目のファッション雑誌「美venus」モデル。
少女[13]
演 - 本間菜穂
ケーキ屋さんで最後の1個のショートケーキを母にねだる女の子。

第2話[編集]

稲葉 聡〈52〉
演 - 池内万作
ロペル文具広報部執行役員。
大村 絵実華〈28〉
演 - 大後寿々花
ロペル文具商品開発部所属の社員。喫煙者。
竹内 順平〈28〉
演 - 笠原秀幸
ロペル文具広報部社員。
前島 成美〈享年27〉
演 - 中村瑠璃亜
1年前に手首を果物ナイフで切って自殺した社員の女性。
市川 尚道〈42〉
演 - 神農直隆
ロペル文具商品開発部執行役員。高層ビルから転落死した。
光川 美希
演 - 藤本泉
ロペル文具社員。庵堂らに前島が自殺した部屋を「呪いがかけられている」と呼ぶ噂がある事を教える。

第3話[編集]

仁科 恵
演 - 高月彩良
沙織の教え子で、遺体の第一発見者の女子高生。学力は学年トップクラスの秀才であり、庵堂と対立する。
仁科 美子
演 - 霧島れいか
恵の母親
吉野 沙織
演 - 上野なつひ
名門女子高の数学教師。被害者。
三島 玲子
演 - 久保陽香
名門女子高の元英語教師。
相良 裕子
演 - 森高愛
西田 美由紀
演 - 加村真美
北崎 絵梨子
演 - 花影香音
市川 葵
演 - 飯村未侑
恵の同級生。

第4話[編集]

狸穴 さゆり
演 - 前田亜季
勝利の娘。
狸穴 治子
演 - 朝加真由美
勝利の妻。
狸穴 寿也
演 - 水橋研二
勝利の息子。
武藤 秀一郎
演 - 平野貴大
勝利の秘書。
狸穴 勝利
演 - 山田明郷
元大臣。心不全で死去。
藤澤 功
演 - 大村波彦
国会議員。
吉川 有美
演 - 小松彩夏
狸穴家の家政婦。
米村 正蔵
演 - 柴田明良
勝利のかかりつけ医。

第5話[編集]

霧島 塔子
演 - 内山理名
フラワーデザイナー。美沙とは幼馴染だが、直也をめぐり犬猿の仲になっている。
山岸 美沙
演 - 中島亜梨沙
直也の妻。幼い時の事故で足に障害が残る。
山岸 直也
演 - 六角慎司
帝都大学准教授で、美沙の夫。被害者。

スタッフ(テレビドラマ)[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル[16] 脚本 演出 視聴率 備考
第1話 1月12日 最強アドラー女子が始動!勇気の心理学で殺人事件の謎を解け 徳永友一 池澤辰也 8.1%[17] 15分拡大
第2話 1月19日 呪われた部屋の謎!ブラック企業狂想曲! 6.4%[18]
第3話 1月26日 競争に殺された教師!女対女緊迫の頭脳戦 大石哲也 及川拓郎 6.6%[19]
第4話 2月02日 容疑者は一族全員!承認欲求を否定せよ! ひかわかよ 7.2%[20]
第5話 2月09日 美しき計画殺人!血塗られたバレンタイン[21] 徳永友一 星野和成 6.1%[22]
第6話 2月16日 被害者は元カレ!?遺体が語る四年前の約束 ひかわかよ 6.2%[23]
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
フジテレビ 木曜劇場
前番組 番組名 次番組
Chef〜三ツ星の給食〜
(2016年10月13日 - 12月15日)
嫌われる勇気
(2017年1月12日 - 3月〈予定〉)
人は見た目が100パーセント
(2017年4月〈予定〉 - )

スピンオフドラマ[編集]

道子とキライちゃんの相談室』(みちことキライちゃんのそうだんしつ)のタイトルで、2017年1月12日(1月11日の深夜)から全3話の予定で放送されている。飯豊まりえが演じる間雁道子が、ドラマ『嫌われる勇気』をPRしながら、大文字教授の研究室の訪問客の悩みをアドラー心理学に基づいて解決していく[24]

  • キャスト
    • 間雁 道子 - 飯豊まりえ
    • キライちゃん - 栗原類(声の出演)[24]
  • 放送日程

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 初回は15分拡大放送。
  2. ^ 半田も青山をこう呼ぶ。
  3. ^ 庵堂の見立てと一致した場合は「明確に肯定します。」となる。

出典[編集]

  1. ^ a b “ベストセラー『嫌われる勇気』がサスペンスフルな舞台劇に!(1) 脚本・演出の和田憲明氏に聞く”. ダイヤモンドオンライン. (2015年9月22日). http://diamond.jp/articles/-/78851 2016年12月14日閲覧。 
  2. ^ a b “『嫌われる勇気』を刑事ドラマに大胆アレンジ 主演は香里奈”. ORICON STYLE. (2016年11月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2082199/full/ 2016年12月14日閲覧。 
  3. ^ a b “ベストセラー年間1位を独占! 『嫌われる勇気』が韓国で熱狂的に支持される理由”. ダイヤモンドオンライン. (2015年12月25日). http://diamond.jp/articles/-/83855 2016年12月14日閲覧。 
  4. ^ “ベストセラー『嫌われる勇気』がサスペンスフルな舞台劇に!(2)出演する俳優陣に聞く”. ダイヤモンドオンライン. (2015年9月23日). http://diamond.jp/articles/-/78889 2016年12月14日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j “ドラマ「嫌われる勇気」追加キャストが続々決定!”. Smartザテレビジョン. (2016年12月14日). https://thetv.jp/news/detail/95569/ 2016年12月14日閲覧。 
  6. ^ “「嫌われる勇気」、日本アドラー心理学会から抗議”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年2月12日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1778013.html 2017年2月12日閲覧。 
  7. ^ テレビドラマ『嫌われる勇気』に対するフジテレビへの抗議文 (PDF)”. 非営利社団法人日本アドラー心理学会 (2017年2月3日). 2017年2月12日閲覧。
  8. ^ a b c 第1話より。
  9. ^ a b 第3話より
  10. ^ a b 嫌われる勇気”. 相関図. フジテレビ. 2017年1月17日閲覧。
  11. ^ a b 第2話より。
  12. ^ 第6話より
  13. ^ 本間菜穂 (2017年1月1日). “#本間菜穂 ☆2017年 始動☆”. 2017年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月25日閲覧。
  14. ^ “大塚愛が香里奈主演ドラマ「嫌われる勇気」で9年ぶり主題歌、犯人役で出演も?”. スポーツ報知. (2016年12月15日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161215-OHT1T50091.html 2016年12月15日閲覧。 
  15. ^ “NEWS新シングルは加藤シゲアキ出演ドラマOP曲、恋を歌ったアッパーチューン”. 音楽ナタリー. (2016年12月22日). http://natalie.mu/music/news/214306 2016年12月22日閲覧。 
  16. ^ 信濃毎日新聞 該当各日 テレビ欄参照
  17. ^ マイペース貫く香里奈「嫌われる勇気」初回8.1%”. 日刊スポーツ (2017年1月13日). 2017年1月25日閲覧。
  18. ^ 香里奈「嫌われる勇気」第2話振るわず急落6.4%”. 日刊スポーツ (2016年1月20日). 2017年1月25日閲覧。
  19. ^ 香里奈が主演「嫌われる勇気」第3話は6.6% 前回から0.2ポイント上昇”. スポーツ報知 (2017年1月27日). 2017年1月27日閲覧。
  20. ^ 香里奈が主演「嫌われる勇気」第4話は7.2% 2回連続で視聴率上昇”. スポーツ報知 (2017年2月3日). 2017年2月19日閲覧。
  21. ^ 朝日新聞 該当各日 テレビ欄参照
  22. ^ 香里奈が主演「嫌われる勇気」第5話は6.1% 同ドラマ最低も男性視聴者は支持”. スポーツ報知 (2017年2月10日). 2017年2月10日閲覧。
  23. ^ 香里奈「嫌われる勇気」めい子の元彼水死体6.2%”. 日刊スポーツ (2017年2月17日). 2017年2月17日閲覧。
  24. ^ a b “飯豊まりえが「嫌われる勇気」スピンオフドラマに出演”. Smartザテレビジョン. (2017年1月11日). https://thetv.jp/news/detail/97643/ 2017年1月11日閲覧。 

外部リンク[編集]