水の中の八月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水の中の八月』(みずのなかのはちがつ)は、関川夏央の短篇小説集、およびその表題作である。単行本は、1989年(平成元年)に講談社より出版された。表題作は1998年にテレビドラマ化されている。

収録作品[編集]

  • 水の中の八月
  • 慶州バスターミナル
  • 一九六三年の四月
  • 感傷的七月
  • 一九八六年の冬
  • 韓国からのラブレター
  • 青い流れのその向こう

テレビドラマ[編集]

水の中の八月』は、上記の短篇小説を原作とする、1998年(平成10年)にNHKで放送されたハイビジョンドラマ。国内外で多数の賞を受賞している。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

全編にわたって千葉県木更津市にて撮影が行われた。

その他[編集]

  • 第39回 ギリシャ・テッサロニキ国際映画祭ゴールデン・アレクサンダー賞(最優秀外国作品賞)、国際批評家連盟賞
  • 第46回 サン・セバスティアン国際映画祭新人監督賞
  • 第15回 ベルギー・モンス国際映画祭最優秀脚本賞
  • 第2回 NHK アジア・フィルム・フェスティバル正式出品作品

外部リンク[編集]