望月六郎 (映画監督)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

望月 六郎(もちづき ろくろう、1957年9月5日 - )は、日本映画監督AV監督

来歴・人物[編集]

  • 東京都出身。
  • 慶應義塾大学文学部中退。大学在学中に演劇に目覚め、唐十郎主宰の「状況劇場」などに足繁く通う。
  • 1981年、イメージフォーラム付属研究所入学。
  • 卒業後、映像作家の金井勝に師事、その間書かれた脚本が中村幻児監督の目にとまり、『少女縄人形』として、1983年に映画化される。
  • 中村監督の助監督を経たのち、1985年、『本番ビデオ・剥ぐ』で監督デビュー。
  • 1987年、Eスタッフ・ユニオンを結成し、演出する。代表作は「フラッシュバック」、「逆ソープ天国」(アリスJAPAN)など。
  • 1991年、自叙伝的な自主制作映画の『スキンレスナイト』で映画界に復帰。国内外10か所以上の映画祭で招待され話題となる。
  • 『極道記者』(1993年)に出演した奥田瑛二は、この作品以降、継続的に望月作品に出演。
  • 1995年、『新・悲しきヒットマン』で日本映画プロフェッショナル大賞ベスト1&監督賞受賞。
  • 『鬼火』『無国籍の男 血の収穫』『恋極道』の1997年公開の3作により、1997年度、キネマ旬報の監督賞を受賞。
  • 1999年、一般的には代表作と言っても良い『皆月』(花村萬月原作)は、俳優の北村一輝の出世作となる。
  • 任侠やロマンポルノで扱われるアウトロー・暴力・エロティシズムといった素材を扱いながら、過去の映画へのノスタルジーに回収されることのない「喪失感」の伴う表現が得意。経験に裏打ちされたオーソドックスでシンプルな演出のなかに、良質なプログラム・ピクチャーの余韻と繊細さを感じさせる。
  • 2006年末、満を持して自身が脚本・演出を務める劇団「DOGA DOGA+(plus)」を旗揚げ。精力的に活動している。
  • 2008年8月、月刊アクトレス「月刊」シリーズの中では初となる声優をモデルとしたイメージDVDである月刊落合祐里香を発表する。
  • 2012年に2回、浅草を舞台に、日本の文豪の方々の作品をモチーフに、贋作シリーズを立ち上げる。1回1500人の動員を達成。
  • 2012年、脚本家としても、頭角を表している。立松和平の原作を脚本中。
  • 2016年、劇団の運営により生活が困窮していることを公にした。

監督作品[編集]

  • 汚い奴
  • 少女縄人形
  • 本番ビデオ・剥ぐ
  • フラッシュバック
  • 逆ソープ天国
  • スキンレスナイト
  • 極道記者
  • 極道記者2・馬券転生篇
  • 新・悲しきヒットマン
  • 鬼火
  • 無国籍の男 血の収穫
  • 恋極道
  • 皆月
  • オジコンギャルのおやじ逆ナンパ
  • 今昔伝奇 花神
  • 修羅の血
  • 修羅の軍団
  • 修羅の軍団 完結編
  • 偽装殺人
  • 獅子の血脈
  • 覇王道
  • 通貨と金髪
  • 弱虫(チンピラ)
  • 濡れた赫い糸
  • かまち
  • 外道
  • 月刊インリン・オブ・ジョイトイ 血ト汗ト汁
  • 月刊落合祐里香

舞台演出作品[編集]

  • DOGADOGA+ 『贋作 人形の家』 
  • DOGADOGA+ 『贋作 春琴抄』
  • DOGADOGA+『贋作 伊豆の踊り子』
  • DOGADOGA+『贋作 春琴抄2012』唐十郎氏も初観劇を。

テレビ主演[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]