皆月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
皆月
監督 望月六郎
脚本 荒井晴彦
製作総指揮 中村雅哉
出演者 奥田瑛二
吉本多香美
北村一輝
音楽 遠藤浩二
撮影 石井浩一
配給 日活
公開 1999年
上映時間 114分
製作国 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

皆月』(みなづき)は、望月六郎監督、奥田瑛二主演の日本映画である。1999年日活系ほかで公開。

1998年、第19回吉川英治文学新人賞を受賞した花村萬月の同名小説が原作。この映画で日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞を吉本多香美が受賞した。この映画では吉本のヌードを伴う濡れ場が話題となった。

出演者[編集]

ストーリー[編集]

「みんな月でした。がまんの限界です。さようなら」という手紙を残し去ってしまった妻を追って、冴えない中年の男と義理の弟、そして知り合ったばかりのソープ嬢がともに暮らし始め、そして旅に向かう…。

テーマ曲[編集]