この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

安藤桃子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

あんどう ももこ
安藤 桃子
別名義 安藤 モモ子
生年月日 (1982-03-19) 1982年3月19日(38歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
職業 映画監督
ジャンル 映画
活動期間 2010年 -
活動内容 2010年:『カケラ』で映画監督デビュー
著名な家族 犬養毅(曽祖父)
犬養健(祖父)
奥田瑛二(父)
安藤和津(母)
安藤サクラ(妹)
柄本佑(義弟)
公式サイト MOMOKO ANDO BLOG
テンプレートを表示

安藤 桃子(あんどう ももこ、1982年3月19日[1] - )は、日本の映画監督。妹は女優の安藤サクラ、母方の曾祖父は戦前の首相犬養毅

略歴

父・奥田瑛二、母・安藤和津の間に生まれる。

高校時代よりイギリスに留学し、ロンドン大学芸術学部を次席で卒業。その後、ニューヨーク大学に進学し、映画作りを学び、監督助手として働きはじめる[2]

2010年安藤 モモ子名義で『カケラ』で監督デビューを果たす。

2011年、小説『0.5ミリ』を出版し、作家デビューを果たす。

2014年3月14日に一般男性(僧侶)と結婚[3]。同年、自身の小説『0.5ミリ』を映画化し、自身で監督・脚本を務めた。主演には妹の安藤サクラを迎え、姉妹共作を実現した[4]。同作のロケを行った高知市に移住[5]

2018年5月下旬に離婚[6]

主な作品

映画

※ 無印は監督のみを担当。

小説

主な出演

テレビ

ラジオ

CM

受賞歴

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ Vol.50 安藤 桃子さん”. スープフレンズ. Soup Stock Tokyo. 2014年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月1日閲覧。
  2. ^ MOMOKO ANDO BLOG”. 2014年10月22日閲覧。
  3. ^ “奥田瑛二の長女・安藤桃子が結婚&妊娠6か月”. スポーツ報知. (2014年10月29日). オリジナルの2014年10月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141029162447/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20141029-OHT1T50004.html 2014年10月30日閲覧。 
  4. ^ “安藤桃子監督&安藤サクラ姉妹、摩擦を補う“最強”コンビで挑んだ「0.5ミリ」”. 映画.com. (2014年10月21日). http://eiga.com/news/20141021/14/ 2014年10月22日閲覧。 
  5. ^ “安藤桃子監督、映画館作っちゃう!移住の高知に文化根付かせたい”. スポーツ報知. (2014年10月4日). オリジナルの2014年10月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141005003950/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20141003-OHT1T50363.html 2020年1月9日閲覧。 
  6. ^ “安藤サクラの姉・安藤桃子監督が離婚…14年結婚の僧侶と”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年6月15日). https://hochi.news/articles/20180614-OHT1T50250.html 2020年1月1日閲覧。 
  7. ^ 変愛小説集 日本作家編”. 講談社BOOK倶楽部. 2014年10月22日閲覧。
  8. ^ “『私の男』に日本映画大賞!第69回毎日映画コンクール発表!”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2015年1月21日). https://www.cinematoday.jp/news/N0069955 2020年1月1日閲覧。 
  9. ^ 安藤桃子監督、妹・サクラ主演『0.5ミリ』で上海国際映画祭・アジア新人賞最優秀監督賞!”. シネマトゥデイ (2015年6月20日). 2015年6月22日閲覧。

外部リンク