dele

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

dele』(ディーリー)は、本多孝好による日本の小説、およびテレビドラマメディアミックスプロジェクトである[1]

意味は校正用語で「削除」のことで、パソコンやスマホに残された不都合なデジタル記録を依頼により抹消する仕事屋・坂上圭司と真柴祐太郎を通して「デジタル遺品」に光を当てる[2]。小説とドラマではキャラクターは同一ながらそれぞれ違った内容となる。

概要[編集]

作家の金城一紀KADOKAWAによるプロジェクト「PAGE-TURNER」によるもので、本多に映像作品の企画を依頼し[3]、本多がかねてストックしてあった構想の中から本作が選ばれた[4]

プロジェクトの早い段階から山田孝之菅田将暉に出演をオファーし、主人公コンビはこの二人に当て書きされている[5]

あらすじ[編集]

dele.LIFE」(ディーリー・ドット・ライフ)は、あらかじめ登録しておくと、依頼人の死後、パソコンやスマホに遺るデジタル記録を内密に抹消する業務を請け負う会社である。

依頼人が設定した時間を超えてパソコンやスマホが操作されなければ、所長の坂上圭司の「モグラ」と呼ばれる端末に信号が届く。3カ月前に雇われた真柴祐太郎の仕事は、車いすの圭司に代わって依頼者の死亡確認をすることだった。

しかし、データ削除に至る過程で、2人は図らずも依頼人の人生や秘密に触れていき、そこに隠された真相をひも解かねばならない状況へと追い込まれる。

依頼人の人生に立ち入らない主義の圭司と、依頼人の遺した「思い」をできるだけかなえようと奔走する祐太郎は、互いに相反する立場で葛藤しながらも、徐々に絆を深めていく。

登場人物[編集]

坂上圭司(さかがみ けいし)〈33〉
演 - 山田孝之
「dele.LIFE」を経営しているプログラマーで、deleのアプリ開発者。原因不明の難病により下半身の麻痺が進行し、車いす生活を送っている。
常に冷静沈着、偏屈でプライドが高いが、洞察力・観察力は優れている。依頼人には干渉しようとせず淡々と接するが、祐太郎に絆されて依頼人への優しさを見せることもある。
事務所に併設されている部屋で寝起きしていて、難しい依頼のときは祐太郎に車を運転させて自ら現場に出向く。知識欲旺盛で仕事に没頭すると寝食を忘れてパソコンに向かう。親しい人からは「ケイ」と呼ばれている。
真柴祐太郎(ましば ゆうたろう)〈25〉
演 - 菅田将暉
「dele.LIFE」に雇われている何でも屋で、依頼人の死亡確認や、所在がわからない依頼人のパソコン、スマホの在り処を探す足を使った業務を担当。
ふらふらしているようでいて、情報収集時には臨機応変に対応するなど能力は高い。人懐こく人から好かれやすいが、自分の深いところまで他人に立ち入って来られるのは苦手。過去には「フリーランスのガキの使い」と称してグレーゾーンの仕事ばかりしてきたが、黒には染まらない素直さや純粋さも持ち合わせている。
祖母が遺した木造一軒家に祖母の飼い猫であったタマサブロウ(タマさん)と共に暮らしていて、料理や家事はすべて自分でこなしている。
坂上舞(さかがみ まい)〈37〉
演 - 麻生久美子
圭司の姉で弁護士。亡父から受け継いだ「坂上法律事務所」の所長。圭司に言わせると「変態」である。
父の時代は企業法務中心の事務所だったが、舞に代替わりしてからは主に富裕層をターゲットにあらゆる相談に応じる個人向け事務所となり、現在7人の弁護士と20人以上のスタッフを抱えている。「dele.LIFE」はこの事務所の地下にあり、業務提携もしている。
ドラマ版では舞が圭司と祐太郎を引き合わせる役割を担う。
藤倉遥那(ふじくら はるな)
祐太郎の近所に住む幼馴染。
祐太郎の亡き妹と同級生だった。現在は看護師をしている。祐太郎が家に帰れない時などにタマさんの世話をしにやってくる。

小説[編集]

dele
著者 本多孝好
発行日 2017年6月
発行元 KADOKAWA
ジャンル ミステリー
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 304
コード ISBN 978-4041049037
ISBN 978-4041068052文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

2016年12月号から翌年4月号まで『小説 野性時代』に本多孝好による連作短編「dele」が連載され、2017年6月29日に単行本が刊行された。その際に映像化の予定であると告知され、イメージ映像もつくられた[6]

同誌に2017年12月号から2018年3月号まで「dele2」が連載された。

2018年5月25日、ドラマ制作発表日に「dele」の文庫本が刊行された。

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

dele
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜 23:15 - 00:15(60分)
放送期間 2018年7月27日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 常廣丈太
瀧本智行
脚本 本多孝好、金城一紀瀧本智行
青島武徳永富彦渡辺雄介
プロデューサー 山田兼司(テレビ朝日)
太田雅晴(5年D組
出演者 山田孝之
菅田将暉
麻生久美子
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト

特記事項:
第2・3話に限り、通常時遅れネットの静岡朝日テレビでも臨時同時ネット。第3話は熱闘甲子園放送の為、23:45-0;50の放送
テンプレートを表示

2018年7月からテレビ朝日金曜ナイトドラマ枠で放送されている。山田孝之と菅田将暉のダブル主演。

ドラマ制作発表前から「山田菅田」「菅田山田」の名義でTwitterInstagramを開設し、どのようなプロジェクトなのかSNS上で話題となっていた[7]

脚本は、本多孝好の原案を元に複数の脚本家による競作で、小説とは違ったエピソードを描く。 本多が脚本にも初挑戦している他、『相棒シリーズ』の徳永富彦、『追憶』原案・脚本などの青島武らが参加、『グラスホッパー』などの映画監督・瀧本智行が監督・脚本、撮影は映画『帝一の國』や米津玄師のMV等の今村圭佑が初のテレビドラマ撮影を手がけるなど、異色の座組が実現した[1]

キャスト[編集]

主要登場人物[編集]

ゲスト[編集]

第1話
第2話
第3話

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル[9] 脚本 監督
第1話 7月27日 死後、不都合な記録を削除致します 本多孝好 常廣丈太
第2話 8月03日 ダイイングメッセージの真相 渡辺雄介
第3話 8月10日 28年の逃亡犯と監視された女 青島武 瀧本智行
テレビ朝日系列 金曜ナイトドラマ
前番組 番組名 次番組
家政夫のミタゾノ
(第2シリーズ)
(2018年4月20日 - 6月8日)
dele
(2018年7月27日 - )
僕とシッポと神楽坂
(2018年10月 - 〈予定〉)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “山田孝之✕菅田将暉、金曜ナイトドラマにW主演!最高のスタッフ集結も実現”. テレ朝ポスト. (2018年5月25日). http://post.tv-asahi.co.jp/post-47924/ 2018年6月2日閲覧。 
  2. ^ “山田孝之×菅田将暉、7月ドラマでタッグ! “デジタル遺品”に光を当てる”. cinemacafe. (2018年5月25日). https://www.cinemacafe.net/article/2018/05/25/56880.html 2018年6月2日閲覧。 
  3. ^ “deleの作り方”. 公式サイト. (2018年7月18日). http://dele.life/interview/ 2018年7月31日閲覧。 
  4. ^ “あなたの死後、消したいデータはありますか?”. ダ・ヴィンチ. (2017年7月11日). https://ddnavi.com/interview/385375/a/ 2018年7月22日閲覧。 
  5. ^ “山田孝之と菅田将暉がタッグ、デジタル遺品巡るドラマ「dele」7月より放送”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年6月4日). https://natalie.mu/eiga/news/283597 2018年5月25日閲覧。 
  6. ^ “本多孝好著『dele ディーリー』6月29日発売!本作のイメージ動画も公開!”. カドブン. (2017年6月29日). https://www.kadokawa.co.jp/product/321606000505/ 2018年6月2日閲覧。 
  7. ^ “山田孝之&菅田将暉、謎のSNSアカウントは7月期のW主演ドラマのためだった”. ORICON STYLE. (2018年5月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2112143/full/ 2018年6月2日閲覧。 
  8. ^ “麻生久美子、山田孝之と“姉弟役”、『時効警察』以来11年ぶり金曜ナイトドラマに出演”. ORICON STYLE. (2018年6月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2114111/full// 2018年6月23日閲覧。 
  9. ^ 該当各日 『朝日新聞』 テレビ欄

外部リンク[編集]