キャラクター (2021年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キャラクター
CHARACTER
監督 永井聡
脚本 長崎尚志
川原杏奈
永井聡
原案 長崎尚志
製作 村瀬健
唯野友歩
出演者 菅田将暉
FukaseSEKAI NO OWARI
高畑充希
中村獅童
小栗旬
音楽 小島裕規“Yaffle”
主題歌 ACAね(ずっと真夜中でいいのに。)×Rin音 Prod by Yaffle
「Character」
撮影 近藤哲也
編集 二宮卓
制作会社 AOI Pro.
製作会社 映画「キャラクター」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2021年6月11日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 16.0億円[1]
テンプレートを表示

キャラクター』は、2021年6月11日に公開された日本映画。監督は永井聡、主演は菅田将暉で、SEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseの俳優デビュー作でもある[2]PG12指定

概要[編集]

「売れない漫画家が殺人犯の目撃者となり、その殺人犯をモデルに漫画を執筆して売れたら」というアイデアを元に、登場人物(キャラクター)それぞれの人間模様を描く。

原案・脚本は浦沢直樹の『MASTERキートン』や『20世紀少年』の共同原作者でもある長崎尚志で、彼のアイデアを元に、企画の川村元気とプロデュース担当の村瀬健で10年以上前から構想を練った完全オリジナル作品。

長年企画が難航していたが、「『帝一の國』でタッグを組んだ菅田の存在が『喜怒哀楽だけでなく様々な色を出せる俳優』として映画化を推し進めた」と村瀬は語っている。

また、主人公の運命を狂わせる殺人鬼役には「新鮮で想像がつかず、アーティスティックな人物」を探していたところでFukaseにたどり着き、撮影の2年前から村瀬が熱心にオファーしていた。Fukaseは当初は断るかどうか悩んだというが「実生活ではできない事を擬似経験をしてみたい」という思いから、1年間演技のワークショップに通うなどの役作りを経てオファーを受けた[3]

同年にはノベライズ版、およびコミカライズ版が発売予定。なお、映画版、ノベライズ版、コミカライズ版でそれぞれ異なる展開とエンディングが描かれる[4]

登場人物[編集]

主要人物[編集]

山城圭吾(やましろ けいご)
演 - 菅田将暉
漫画家を夢見る青年。お人好しのため悪人を描くことができず、万年アシスタントとしてくすぶっていた。しかし、ある殺人事件を目撃してしまい、その犯人をモデルに描いたダガーという殺人鬼の登場するサスペンス漫画「34(さんじゅうし)」が大ヒットしたことで運命が大きく狂っていく。
両角(もろずみ)
演 - FukaseSEKAI NO OWARI
天才的な殺人犯。山城の描くサスペンス漫画「34」に登場する殺人鬼「ダガー」のモデル。四人家族を標的に殺人を繰り返す。
川瀬夏美(かわせ なつみ)
演 - 高畑充希[5][6]
山城圭吾の恋人。漫画「34」の連載後は彼と結婚をしている。
真壁孝太(まかべ こうた)
演 - 中村獅童[5][6]
神奈川県警察本部捜査第一課警部補。清田の上司。
清田俊介(せいだ しゅんすけ)
演 - 小栗旬[5][6]
神奈川県警察本部捜査第一課巡査部長。両角の起こした殺人と山城の描いた漫画「34」の共通点にいち早く気づき、真相を追う。真壁とは同郷。

その他の人物[編集]

大村誠(おおむら まこと)
演 - 中尾明慶
漫画雑誌編集者。ヒットメーカー。
辺見敦(へんみ あつし)
演 - 松田洋治
過去に殺人歴のある男。自らを殺人事件の犯人だと供述する。
本庄勇人(ほんじょう はやと)
演 - 宮崎吐夢
人気漫画「オカルトハウザー」の作者。山城圭吾は彼の下でアシスタントとして働いている。
加藤一郎(かとう いちろう)
演 - 岡部たかし
漫画雑誌編集長。
山城健太(やましろ けんた)
演 - 橋爪淳
山城圭吾の父。
山城由紀(やましろ ゆき)
演 - 小島聖
山城健太の再婚相手。
山城綾(やましろ あや)
演 - 見上愛
山城由紀の連れ子。
浅野文康(あさの ふみやす)
演 - テイ龍進
神奈川県警察本部捜査第一課巡査部長。清田の先輩。
奥村豊(おくむら ゆたか)
演 - 小木茂光
神奈川県警察本部捜査第一課警部。真壁、清田の上司。

スタッフ[編集]

  • 原案:長崎尚志
  • 監督:永井聡
  • 脚本:長崎尚志、川原杏奈、永井聡
  • 音楽:小島裕規“Yaffle”
  • 製作:石原隆、松岡宏泰
  • 企画:川村元気
  • プロデュース:村瀬健
  • 劇中漫画:江野スミ(山城)、古屋兎丸(本庄)
  • 劇中漫画編集:豊田夢太郎
  • プロデューサー:唯野友歩
  • 撮影:近藤哲也
  • 照明:溝口知
  • 美術:杉本亮
  • 録音:石貝洋
  • 編集:二宮卓
  • スクリプター:佐山優佳
  • キャスティングディレクター:元川益暢
  • 装飾:安藤千穂
  • スタイリスト:申谷弘美
  • 衣装:松川好伸
  • ヘアメイク:荒木美穂、江口洋樹(Fukase)
  • VFXスーパーバイザー:須藤公平
  • 音響効果:勝亦さくら
  • 助監督:藤江儀全
  • 制作担当:金子堅太郎
  • 音楽プロデューサー:北原京子
  • ラインプロデューサー:鶴賀谷公彦
  • 配給:東宝
  • 制作プロダクション:AOI Pro.
  • 製作:映画「キャラクター」製作委員会(フジテレビジョン、東宝)

主題歌[編集]

「Character」[7]
作詞:ACAね(ずっと真夜中でいいのに。)×Rin音 / 作曲:ACAね×Rin音×Yaffle / 歌:ACAね×Rin音 Prod by Yaffle

ノベライズ版[編集]

2021年5月7日に発売。原案・脚本の長崎自ら執筆を担当[4]

  • 長崎尚志『キャラクター』小学館〈小学館文庫〉2021年5月7日発売[8]ISBN 978-4-09-407013-2

コミカライズ版[編集]

月刊!スピリッツ』(小学館)にて、2021年5月号から[9]同年7月号まで連載された[10]。作画はいわや晃[4]

  • 長崎尚志(原案・脚本)、川原杏奈(脚本)、永井聡(脚本)、いわや晃(漫画)『キャラクター』小学館〈ビッグコミックス〉、2021年5月28日発売[11]ISBN 978-4-09-861087-7

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 2022年記者発表資料(2021年度統計)”. 日本映画製作者連盟. 2022年1月26日閲覧。
  2. ^ “菅田将暉主演映画『キャラクター』2021年6月公開へ SEKAI NO OWARIのFukaseが俳優デビュー”. realsound. (2020年12月8日). https://realsound.jp/movie/2020/12/post-669107.html 2020年12月9日閲覧。 
  3. ^ “菅田将暉映画で俳優デビュー、Fukaseが殺人鬼役”. 日刊スポーツ. (2020年12月8日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202012070000774.html 2020年12月9日閲覧。 
  4. ^ a b c "菅田将暉とFukase共演作「キャラクター」結末異なる小説版&マンガ版が発売". 映画ナタリー. ナターシャ. 2021年3月24日. 2021年3月24日閲覧
  5. ^ a b c "菅田将暉主演『キャラクター』に小栗旬、高畑充希ら出演 殺人鬼役Fukaseを捉えた特報も". Real Sound. blueprint. 2021年2月23日. 2021年2月24日閲覧
  6. ^ a b c "小栗旬&高畑充希&中村獅童、菅田将暉×セカオワFukase「キャラクター」に参戦! 特報も完成". 映画.com. エイガ・ドット・コム. 2021年2月23日. 2021年2月24日閲覧
  7. ^ "菅田将暉主演『キャラクター』主題歌はACAね×Rin音×Yaffleの限定コラボ". シネマカフェ. イード. 2021年4月20日. 2021年4月20日閲覧
  8. ^ キャラクター”. 小学館. 2021年5月28日閲覧。
  9. ^ “正しい性教育学ぶ新連載が月スピで、「キャラクター」マンガ版や「映像研」連載再開も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年3月27日). https://natalie.mu/comic/news/376871 2021年5月27日閲覧。 
  10. ^ “おかざき真里「阿・吽」7年の連載に幕、読者投票で選ばれたブックカバーが付録に”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年5月27日). https://natalie.mu/comic/news/429889 2021年5月27日閲覧。 
  11. ^ キャラクター(コミカライズ)”. 小学館. 2021年5月28日閲覧。

外部リンク[編集]