村瀬健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村瀬 健(むらせ けん)は、フジテレビジョン編成制作局ドラマ制作センター所属のテレビドラマプロデューサー

プロフィール[編集]

早稲田大学社会科学部卒業後、1997年日本テレビ放送網入社。入社後はドラマ制作部に配属され、以降ドラマ畑を歩む。アシスタントディレクターやアシスタント・プロデューサーとしてキャリアを積み、2000年に「ナツのツボミ」で初演出、2002年に「続・平成夫婦茶碗」で初プロデュースした。その後、「愛情イッポン!」、「火垂るの墓」などの作品をプロデュースし、2006年には賛否両論を巻き起こした「14才の母」をプロデュースし、話題となる。

2008年1月にフジテレビへ移籍。その移籍後第一作目として「太陽と海の教室」をプロデュース。

主な作品[編集]

日本テレビ[編集]

フジテレビ[編集]

BeeTV[編集]

映画[編集]

関連項目[編集]

  • 若松央樹(同じく日本テレビから移籍)
  • 東康之(同じく日本テレビから移籍)

外部リンク[編集]