杉本亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すぎもと りょう
杉本 亮
出生地 日本の旗 日本
職業 プロダクションデザイナー美術監督
ジャンル 映画、CF、PV、インテリアデザインなど
 
受賞
日本アカデミー賞
優秀美術賞(第34、37回)
その他の賞
第59回ACC TOKYO CREATIVE AWARD クラフト賞
テンプレートを表示

杉本 亮(すぎもと りょう、1976年 - )は、日本の美術監督

略歴[編集]

1997年、美術助手としてプロダクションデザイナー種田陽平、 原田満生[1]に師事。映画『亡国のイージス』『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』などでセットデザイナー経て、2007年阪本順治監督作品 映画『カメレオン』で初のプロダクションデザイナー(美術監督)として参加。李相日監督 映画『悪人』『許されざる者』にて日本アカデミー賞優秀美術賞を受賞。2019年には『 三井住友カード「Thinking Manシリーズ」』にて「2019 59th ACC TOKYO CREATIVE AWARD」クラフト賞を受賞。近年の活動は、永井聡監督「恋は雨上がりのように」(2018)、陳思誠監督「唐人街探案3」(2020.1公開)、大友啓史監督「影裏」(2020.2公開)三谷幸喜監督「誰かが、見ている」(2020.9配信開始)土井裕泰監督「花束みたいな恋をした」(2021.1公開予定)永井聡監督「キャラクター」(2021.6公開予定)等がある。その他、CF、PV、インテリアデザイン等、幅広い分野で活躍中。

作品経歴[編集]

映画[編集]

CM・PV[編集]

STORE[編集]

  • エルラギート(Bar / 新宿区荒木町) / デザイナー
  • ネ・プラス ウルトラ 銀座店(Bar / 中央区銀座) / デザイナー
  • 縁(Bar / 練馬区) / デザイナー
  • ダイス(Bar / 中央区銀座) / デザイナー
  • 十佐近(Bar / 神奈川県) / デザイナー
  • BILLY(Bar / 新宿区 ゴールデン街) / デザイナー
  • 歯車 (Bar / 新宿 神楽坂) / デザイナー
  • ラ・ユロット (Bar / 港区元麻布) / デザイナー
  • ネ・プラス ウルトラ 六本木店 (Bar /港区六本木) / デザイナー
  • 魚河岸ごはん とときち (和食 / 新宿3丁目 ) / デザイナー
  • ル・パラン -2- (Bar / 新宿3丁目) / アシスタントデザイナー
  • フルールブラン (Wine Bar / 新宿3丁目) / アシスタントデザイナー
  • Bar Salon de Shimaji (Bar/ 西麻布) / デザイナー

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]