ジャパンゲートウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社ジャパンゲートウェイ
JAPAN GATEWAY CO., LTD.
種類 株式会社
本社所在地 100-0005
東京都中央区日本橋室町4-1-21 近三ビルヂング7F
設立 2006年11月14日
事業内容 化粧品等の企画・販売・輸出入
代表者 遠藤由美(代表取締役)
資本金 1億円
従業員数 90人
外部リンク http://www.j-gateway.jp/
テンプレートを表示

株式会社ジャパンゲートウェイは、東京都千代田区に本社を置く化粧品等の販売等を営む企業である。

概要[編集]

株式会社ジャパンゲートウェイは、東京都千代田区に本社をおく、シャンプーなどのヘアケア製品、ボディウォッシュなどのボディケア製品の販売を主力とする化粧品系メーカーである。 【ノンシリコン】や【石油系ゼロ】などのコンセプトを提示することにより、消費者に気づきと選択を提供している。 設立当初は、日本の優れたモノ創りへのこだわりを尊重しつつ、日本の商習慣に適応するよう、プロデュース業に徹していたが、2010年《Reveur》発売をきっかけに自社製品の展開を開始している。

地域密着型のドラッグストアにおいての取り組みが厚く、設立当初はナショナルチェーンにおいてジャパンゲートウェイプロデュースの商品を見かけることなかった。 また、当時無償提供されていた1回使いきりタイプのサンプルを商品化して発売しトライアルユーザーを増やす、ネット販売が激化したタイミングで、CDをシャンプーとセット梱包販売してCD視聴ユーザーを増やす、何故白しかないのか…?といった素朴な疑問からピンクの綿棒《CottonBouquet》を企画発売するなど購買意欲の促進と売り場の提案に務めている。

価格訴求ではなく価値訴求に重きを置き、商品提案や売り場提案をし続けた結果、2013年1月13日付 日本経済新聞にて「ヒット商品、デフレ回避」というタイトルで"デフレ回避に貢献した商品"として紹介される。 その後、各社からも900円台のノンシリコンシャンプーが発売されるようになり、プライスリーダーとして業界から注目されるようになった。

2006年設立年から2010年Reveur発売年まではテレビCMは一切行わず、店頭との取組みのみで認知知名度を上げ消費者の支持を得ていたが、2011年7月発売Rigaos、2012年3月発売 Reveur-SCALPのタイミングでテレビCMを大々的にうち、一般的にも認知が進むことになった。とは言え、カンパニーネームを公にせず、あくまでもブランド認知を広げることに従事していた。

また、RigaosのFIFAクラブワールドカップ2012およびFIFA U-17 ワールドカップ2013への協賛、Reveurの2012フィギュアスケートGP FINALおよび2013フィギュアスケートGP FINALへの協賛も実行し、ブランド名でのパネル広告掲載にも意欲的に参加していた。

見た目にも華やかな容器と確かな商品力が功を奏して、女性美容雑誌にて発表される”読者が選ぶベストコスメ”において連続して受賞している。

一年に一度開催されるジャパンドラッグストアショーに7年連続で出場しており、それまでの日用品展示会という枠を越えた先鋭的な演出を施すコトから業界専門誌「ExhibitionDesign」にてブースの紹介がなされている。

当初より実施していた企業限定スキームは、昨今の動向であるPB(プライベートブランド)を企業が手がけるSB(ストアブランド)化の動きに通じており、日用雑貨のブランド化、販売店の差別化にはいち早く着手していたと思われる。

社長自身が手がける独自のマーケット戦略には他社を寄せ付けない勢いがあり、型破りの次なる戦略に注目が集まる。一方計画性のなさが影響して在庫過多、利益構造の崩壊が起きており、その回復までどう乗り切るかも合せて注目されるコトとなる。

10年目を迎える2015年には、来るべき2019年(全女性の2人に1人が50台以上になる見込み)を見据え、ネオシニア向けヘアケア剤やオーガニック市場への本格参入がなされる様子。

国税局の税務調査について[編集]

  • 2014年(平成26年)7月 東京国税局の税務調査により、追徴税額 約1億円を納めた。
東京国税局の税務調査によりグループ会社のラボーテ・ジャポンとあわせて、平成25年5月期までの4年間で約3億円の申告漏れが指摘された。ジャパンゲートウェイは、すでに修正申告し納税済みである。

沿革[編集]

  • 2006年-東京都港区六本木にて設立。《美肌一族シートマスク》シリーズの販売を開始
  • 2007年~-高品質ノンシリコンヘアケアブランドを半年おきに6ブランド発売
  • 2010年-「1000円以下のノンシリコン」《Reveur》発売
  • 2011年-「オトコにはオトコのヘアケアを」《Rigaos》発売
  • 2012年-東京都千代田区丸の内に本社移転。石油系ゼロ!」《Mellsavon》発売。 MBS【せやねん!】の人気コーナー“メチャ売れ”にて紹介《Reveur》
  • 2013年-日本経済新聞にてデフレ回避に貢献した商品として紹介される。“1.5秒に1本売れているノンシリコン”としてメディアに取り上げられる《Reveur》。「石油系ゼロ!進化した粉」《Choice!》発売
  • 2014年-第53回ジャパンパッケージングコンペティション(JPC)にて経済産業大臣賞受賞《Choice!》。3億円所得隠し報道。中国催事シングルデーにて、1億2000万円もの実績をあげる[1]《Reveur》。テレビ東京【ガイアの夜明け】[2]。にて紹介《Reveur》
  • 2015年-インバウンド需要に対応する形で本格的に海外展開開始。organic市場に本格参入


主な取り扱いブランド[編集]

  • Reveur (レヴール)
  • Mellsavon (メルサボン)
  • Rigaos (リガオス)
  • NUDYAURA (ヌーディオーラ)
  • PLAYBACK (プレイバック)
  • DIFRESCA (ディフレスカ)
  • LaPudeur (ラプドゥール)
  • Voloute(ヴォルーテ)
  • b3(スリーボム)
  • Choice! (チョイス)
  • DENTAL BEAUTY CARE (デンタルビューティーケア)
  • N,AbyNUDYAURA(エヌエーバイヌーディオーラ)
  • gift (ギフト)
  • DearJungle (ディア・ジャングル)
  • salon de apres (サロン・デュアプレ)
  • SCALABO (スカラボ)
  • HiLaris (ヒラリス)
  • AquaAura (アクアオーラ)
  • love&hate (ラブ&ヘイト)
  • ne'kur (ネクア)
  • 雫(シズク)
  • KingCoconut (キングココナッツ)
  • DAGOMBA BUTTER(ダゴンババター)
  • 美肌一族・新美肌一族


CM出演タレント[編集]

提供番組[編集]


備考[編集]

外部リンク[編集]