LOVE (菅田将暉のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LOVE
菅田将暉スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル エピックレコードジャパン
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ゴールド(CD日本レコード協会[1]
  • 菅田将暉 アルバム 年表
    PLAY
    (2018年)
    LOVE
    (2019年)
    『LOVE』収録のシングル
    1. ロングホープ・フィリア
      リリース: 2018年8月1日
    2. まちがいさがし(配信限定)」
      リリース: 2019年5月14日
    ミュージックビデオ
    「ロングホープ・フィリア」 - YouTube
    「まちがいさがし」 - YouTube
    「キスだけで feat. あいみょん」 - YouTube
    テンプレートを表示
    映像外部リンク
    『LOVE』全曲試聴トレーラー映像

    『LOVE』(ラブ)は、日本歌手菅田将暉の2枚目のスタジオ・アルバム2019年7月10日エピックレコードジャパンから発売された。

    リリース[編集]

    完全生産限定盤(大判フォトブック付き)、初回生産限定盤(DVD付き)、通常盤(CDのみ)の3形態でのリリース[2]。完全生産限定盤の大判フォトブックはアルバムに参加したミュージシャンとの制作風景やバンドメンバーとの北海道でのレコーディング合宿の模様を収めてある。初回生産限定盤のDVDは菅田自身が監督したアルバム収録曲のクローバーをイメージしたショートムービー入り。 完全限定生産版のジャケットとフォトブックは上飯坂一が手がけ、通常版と初回生産限定盤のジャケットは俳優・仲野太賀が撮影している[2]

    背景[編集]

    タイトル「LOVE」は様々な人との出会いとその人たちと過ごしてきた時間への愛情という意味でつけられた。楽曲提供はプライベートで親交のアーティスト達であり、アルバムジャケットや特典映像も含めて友人たちとの交流を楽しみながらつくることがテーマとなっている[3]

    収録曲[編集]

    1. まちがいさがし
      作詞・作曲:プロデュース:米津玄師 / 編曲:米津玄師、トオミヨウ
      配信シングル
      関西テレビ制作・フジテレビ系火曜21時ドラマ『パーフェクトワールド』主題歌
    2. クローバー
      作詞・作曲:石崎ひゅーい / 編曲:トオミヨウ
      菅田と石崎の交流がはじまった当初からあった曲で石崎が菅田をイメージしてつくっている。初回限定生産版特典のDVDにこの曲をテーマにしたショートムービーが収録されている。
    3. ロングホープ・フィリア
      作詞・作曲:秋田ひろむamazarashi) / 編曲:出羽良彰
      4th Single
      劇場アニメ『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄〜』主題歌
    4. 7.1oz
      作詞:菅田将暉・柴田隆浩 / 作曲・編曲:柴田隆浩忘れらんねえよ
      前作「PLAY」に収録された「ピンクのアフロにカザールかけて」と同様に、菅田が詞を柴田に送り、柴田が手直しして曲をつけている。
    5. ドラス
      作詞・作曲:菅田将暉 / 編曲:川口圭太
      タイトルは「ドラマ・ブルース」を省略したもの。菅田がTVドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』に主演していたときに作られた曲である。
    6. つもる話
      作詞・作曲:菅田将暉 / 編曲:川口圭太
    7. キスだけで feat. あいみょん
      作詞・作曲:あいみょん / 編曲:トオミヨウ
    8. りびんぐでっど
      作詞・作曲・編曲・プロデュース:志磨遼平ドレスコーズ
      2016年の映画『溺れるナイフ』で共演して以来懇意にしている志摩からの提供曲。オクシモロンの手法で作詞されている[4]
    9. TONE BENDER LOVE
      作詞・作曲:菅田将暉、KNEEKIDS / 編曲:川口圭太
      バックバンドであるKNEEKIDSの川口圭太、越智俊介、タイヘイとの共作。
    10. あいつとその子
      作詞・作曲:菅田将暉 / 編曲:トオミヨウ
      結婚する友人へ送るためにつくられたもの。
    11. ベイビィ
      作詞:菅田将暉 / 作曲・編曲:永嶋柊吾 / プロデュース:トオミヨウ
      友人に子供が生まれたお祝いにつくった曲。俳優仲間の永島柊吾と菅田による即興の弾き語りをそのまま収めてある。

    初回限定盤DVD[編集]

    Short Film『クローバー』
    アルバム収録曲『クローバー』をモチーフにしたショートフィルムで、菅田がはじめて映像作品の監督をつとめた。
    主演は菅田の親友・仲野太賀。菅田自身や、楽曲を提供した石崎ひゅーい、編曲のトオミヨウ、アルバムに楽曲も提供している永嶋柊吾も出演している。スタッフには監督補佐に以前から親交のある山田健人、スタイリストに伊賀大介を迎えている[5]
    当初は5分間のMVの予定だったが、自分たちの普段の日常をそのまま収めたかったということで、最終的には47分間のショートムービーになってしまったという。

    脚注[編集]

    出典[編集]

    外部リンク[編集]