環ROY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
環ROY
出生名 タマキ リョウ
生誕 (1981-11-13) 1981年11月13日
出身地 日本の旗宮城県仙台市
ジャンル ヒップホップ
ポピュラー・ミュージック
電子音楽
職業 ミュージシャン
ラッパー
作詞家
作曲家
担当楽器 ボーカルラップトップ
共同作業者 三浦康嗣蓮沼執太
鎮座DOPENESSU-zhaan
公式サイト tamakiroy.com

環ROY(たまきロイ、本名:タマキリョウ 1981年11月13日 - )は日本ミュージシャンラッパーである。

概要[編集]

宮城県仙台市に生まれる。中学校在学中、ラジオ放送で耳にしたBUDDHA BRANDの影響を受けヒップホップ・ミュージックへ傾倒、2003年頃からラッパーとして活動を開始する[1]。以降、ラップを用いた音楽作品の発表を主に行う。その他、舞台芸術パフォーマンスアートインスタレーション映画音楽広告音楽など、様々な形式での作品制作を行っている[2]

略歴[編集]

2006年
  • CDアルバム「少年モンスター」を発表[3]
2010年
  • CDアルバム「BREAK BOY」を発表[4]
2011年
2013年
  • CDアルバム「ラッキー」を発表[7]
  • ミュージックビデオ「ワンダフル」が第17回文化庁メディア芸術祭にて審査委員会推薦作品へ入選[8]
2014年
2015年
  • インスタレーション作品「Types」を寺田倉庫 T-Art Galleryにて発表 (TodaysArt.JP)[10]
  • インスタレーション作品「sine.sign」が第1回高松メディアアート祭にて審査委員特別賞を受賞[11]
2016年
2017年
  • CDアルバム「なぎ」を発表[14]
  • パフォーマンス作品「オリガミ」を富山県美術館にて発表 (富山県美術館開館記念展 Part1 生命と美の物語 LIFE)[15]

作品[編集]

音楽[編集]

単独作[編集]

  タイトル 発表日時 形態
1st 少年モンスター 2006年11月4日 CD アルバム
2nd BREAK BOY 2010年3月17日 CD アルバム
3rd あっちとこっち 2011年5月4日 CD アルバム
4th ラッキー 2013年4月3日 CD アルバム
5th なぎ 2017年6月21日 CD アルバム

共同制作等[編集]

名義 タイトル 発表日時 形態
環ROY×Fragment MAD POP 2008年5月17日 CD ミニアルバム
環ROY×Eccy more? 2008年6月20日 CD ミニアルバム
環ROY×DJ YUI COPYDOGS 2009年6月24日 CD ミニアルバム
環ROY×OLIVE OIL Weekly Session 2009年8月8日 CD ミニアルバム
環ROY×NEWDEAL the klash 2009年9月2日 CD ミニアルバム
KAKATO(環ROY×鎮座DOPENESS) KARA OK 2011年11月15日 無料配信 アルバム[16]
KAKATO(環ROY×鎮座DOPENESS) Japanese in the Thai 2013年12月3日 無料配信 ミニアルバム[17]
蓮沼執太フィル 時が奏でる 2014年1月15日 CD アルバム/バンドメンバーとして参加
環ROY×蓮沼執太×U-zhaan CENTER 2014年3月25日 モバイル向けアプリケーション

客演参加等[編集]

アーティスト 曲名 収録作品 発表日時 形態
DJ MITSU THE BEATS 昂サバイヴ UNIVERSAL FORCE 2010年8月4日 CD アルバム
Fantastic Plastic Machine DAREMOSHIRANAI scale 2013年2月13日 CD アルバム
Buffalo Daughter New Rock 20th ReDiscoVer.Best,Re-recordings and Remixes 2013年7月24日 CD アルバム
坂本美雨 イコール Waving Flags 2014年3月5日 CD アルバム
ART-SCHOOL 革命家は夢を観る YOU 2014年4月9日 CD アルバム
YUKI 波乗り500マイル FLY 2014年9月17日 CD アルバム
U-zhaan Tabla'n'Rap Tabla Rock Mountain 2014年10月8日 CD アルバム
サカナクション Good-bye Session さよならはエモーション/蓮の花 (初回限定盤) 2014年10月29日 CD シングル/付属DVD[18]
クラムボン ある鼓動 Why not Clammbon!? (トリビュートアルバム) 2014年12月3日 CD アルバム/蓮沼執太フィルのメンバーとして参加
sébuhiroko Lost Highway WONDERLAND 2015年9月16日 CD ミニアルバム/作詞家として参加

パフォーマンス / 舞台[編集]

インスタレーション[編集]

  • Types (寺田倉庫 T-Art Gallery / TodaysArt.JP) 2015年9月5日~9月13日[23]
  • sine.sign (玉藻公園披雲閣 / 第1回高松メディアアート祭) 2015年12月18日~12月27日[24]

映画音楽 / 劇伴[編集]

その他 / 広告等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2009年9月9日 CINRA.NET
  2. ^ 2017年9月7日 Web Magazine AXIS ラッパーの環ROYに聞く「新作『なぎ』、コラボレーション、余白について」
  3. ^ 2006年11月4日 CDジャーナル
  4. ^ 2010年3月25日 bounce 319号
  5. ^ 2011年3月23日 最新音楽ニュース ナタリー
  6. ^ 2011年12月15日 最新音楽ニュース ナタリー
  7. ^ 2013年2月18日 最新音楽ニュース ナタリー
  8. ^ 文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品
  9. ^ 2014年9月30日 CINRA.NET 独学の大物デザイナー・粟津潔が現代のクリエイターに与えた影響
  10. ^ 2015年10月3日 日本テレビ | SENSORS
  11. ^ 高松メディアアート祭 archive.iswebpage capture
  12. ^ 愛知芸術文化センター ありか|島地保武×環ROY
  13. ^ 2017年9月9日 ステージナタリー 島地保武×環ROY「ありか」開幕、「いつも違う“ありか”に辿り着ければ」
  14. ^ 2017年4月21日 最新音楽ニュース ナタリー
  15. ^ 2017/11/5 北國新聞 ラッパー、独創ライブ 県美術館開館記念展5日まで
  16. ^ 2011年11月15日 最新音楽ニュース ナタリー
  17. ^ 2013年12月3日 最新音楽ニュース ナタリー
  18. ^ 2014年10月7日 最新音楽ニュース ナタリー
  19. ^ 2013年8月22日 CINRA.NET ウォーリー木下×ホナガヨウコ×環ROY×ニシハラ☆ノリオ座談会
  20. ^ 金沢21世紀美術館 | 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa 展覧会/イベント 粟津潔、マクリヒロゲル 1 美術が野を走る:粟津潔とパフォーマンス
  21. ^ 島地保武×環ROY かみ合わない二人が目指す「もの作り」の起源 CINRA.NET - 2016/04/15
  22. ^ 富山県美術館 - イベント・プログラム - コンサート・パフォーマンス
  23. ^ 2015年9月4日 CINRA.NET オランダ発のアート宴『TodaysArt.JP』10か国から30組超が参加
  24. ^ 高松メディアアート祭 ウェブ魚拓
  25. ^ 映画 アズミ・ハルコは行方不明 OFFICIAL SITE
  26. ^ 2011年12月15日 最新音楽ニュース ナタリー
  27. ^ テクネ 映像の教室 テクネ・トライ プロジェクション NHK Eテレ
  28. ^ 仙台市 情報産業支援事業 TOZAI-SEN APPLICATION
  29. ^ 2014年11月16日 最新音楽ニュース ナタリー
  30. ^ Glico YATAI グリコ ヤタイ お披露目パーティー グリコ公式チャンネル
  31. ^ 2015年10月29日 ソフトバンクグループ
  32. ^ 2016/04/07 日本コカ・コーラ株式会社
  33. ^ 2016年5月12日 CINRA.NET
  34. ^ 2016年7月1日 日清食品ホールディングス
  35. ^ デザインあ NHK Eテレ

外部リンク[編集]