I love you & I need you ふくしま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
I love you & I need you ふくしま
猪苗代湖ズシングル
リリース
規格 デジタル・ダウンロード
マキシシングル
レーベル MORE ACTION, MORE HOPE.
チャート最高順位
猪苗代湖ズ シングル 年表
I love you & I need you ふくしま
(2011年)
-
テンプレートを表示

I love you & I need you ふくしま」(アイ ラヴ ユー アンド アイ ニード ユー ふくしま)は、猪苗代湖ズシングル

概要[編集]

猪苗代湖ズ結成のきっかけとなったイベント「風とロック芋煮会」にて、元々『アイラブユーベイビー 福島』というタイトルで生まれた楽曲。2011年3月11日に発生し、福島県でも甚大な被害が生じた東日本大震災を受け、同月17日首都圏電力事情を考慮して名古屋でレコーディングされた[4]。収録に当たり、福山雅治が演奏に[5]サンボマスターの近藤洋一がエンジニアおよびプロデューサーとして参加[6]。収録から3日目の3月20日TOKYO FMのサイト内で配信シングルとしてリリースされた。オリジナルバージョンのほか3月26日に福山雅治・井上鑑参加バージョン、3月30日怒髪天参加バージョン、4月2日忌野清志郎バージョンを配信、4月13日までに4万ダウンロードを越えた。箭内は福島県内の避難所で高齢者が感動している様子を目にし、水前寺清子に参加を打診。水前寺はこれを快諾し、4月15日に水前寺清子参加バージョンが配信された。1ヶ月後の4月27日にはCD化され、タワーレコード限定で発売された[7]。利益はいずれも全額、福島県災害対策本部に寄付される[6]

猪苗代湖ズは、この楽曲で第62回NHK紅白歌合戦に出場した(メンバー全員が初出場)。演奏前には中継先から福山雅治が応援メッセージを送った。生演奏後、NHKホールの舞台裏では、猪苗代湖ズの歌唱後に初めて大きな拍手がわき起こり、モニターの前では人だかりが出来たという[8]

PVは、様々な福島県人が歌うバージョンと、全都道府県出身者が歌うバージョンの2種類がある。後者には各界著名人も参加している。出演者は以下の通り。

収録曲[編集]

  1. I love you & I need you ふくしま
    作詞・作曲:山口隆、編曲:猪苗代湖ズ

関連番組[編集]

応援ソングを高らかに 〜I love you&I need youふくしま〜

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 猪苗代湖ズの福島応援歌がインディーズ首位、オリコン、2011年5月3日。
  2. ^ 4月のタワーレコード全店のインディーズ・チャートを発表!、タワーレコード、2011年5月6日。
  3. ^ 5月のタワーレコード全店のインディーズ・チャートを発表!、タワーレコード、2011年6月2日。
  4. ^ 広がる“福島ラブソング”の輪 福島県出身の「猪苗代湖ズ」、産経新聞、2011年4月30日。
  5. ^ 福山雅治さんもふくしま支援「猪苗代湖ズ」の県民応援ソング2011年3月29日付福島民報(2011年4月28日閲覧)
  6. ^ a b 2011年3月20日、TOKYO FM Information
  7. ^ タワーレコード公式サイト 但し福島県では、タワーレコード郡山店が被災し一時閉店となった為、福島県内の新星堂及びTSUTAYAにも少数出荷された
  8. ^ (5)「ふくしま!ふくしま!」故郷に捧げる叫び 猪苗代湖ズ 舞台裏にもロックの熱、MSN産経ニュース、2011年12月31日