ドラえもんのひみつ道具 (おあ-おこ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドラえもん > ひみつ道具 > ドラえもんのひみつ道具 (おあ-おこ)

ドラえもんのひみつ道具 (おあ-おこ) では、藤子・F・不二雄漫画ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1〜17)、藤子・F・不二雄のその他の著作に登場するひみつ道具のうち、読みが「おあ」で始まるものから「おこ」で始まるものまでを列挙する。

おいかけテレビ[編集]

お医者さんカバン[編集]

お医者さんカバン(おいしゃさんカバン)は、「お医者さんカバン」(てんとう虫コミックス第20巻に収録)などに登場する。

初期設定では未来の子供がお医者さんごっこをする際の道具で、軽度な病気であれば、聴診器のような端子を患者に当てるだけで診断し、カバンに収められている飲み薬などで治すことができる。また、カバン本体にはレントゲンカメラや顕微鏡の機能も付属している。

ファーストエイドキットが高度になったもの、もしくは災害時や野戦病院などで用いられるメディカルキットといえる。

後期の作中では進行している結核を完治させるという実際の病院と変わらない治療や、宇宙からきた未知のウイルスを退治したり、人間以外でも未確認の動物の病気を治せる(アニメ第2作第2期『のび太と星を流すクジラ』)など、現代の医療レベルでは難しい治療まで行っている。

テレビアニメ第2作第2期では薬が切れるとカバンのランプが赤く光る。

表記は「お医者さんカバン」がもっともよく使われるが、「お医者ごっこかばん」(第41巻収録「恐怖のディナーショー」)、「お医者カバン」(『ドラえもん のび太と雲の王国』)、「お医者ごっこカバン」(『ドラえもん のび太の創世日記』)という表記もみられる。

王国シールセット[編集]

王国シールセット(おうこくシールセット)は、「のび太王国誕生」(藤子・F・不二雄大全集第8巻に収録)に登場する。

王様、女王、大臣、騎士、平民の5種類のシールからなる。王様シールを身体に貼った者は、チョークで囲った自分の領土の範囲でのみ、他のシールを貼った人物に好きに命令して従わせることができる。

黄金バット[編集]

おおかみ男クリーム[編集]

おおかみ男クリーム(おおかみおとこクリーム)は、「おおかみ男クリーム」(てんとう虫コミックス第11巻に収録)に登場する。

顔に塗ると、満月のような丸い形状のものを見ることで狼男(狼女)に変身できる。すぐ元に戻るが、水洗いで落とさない限り何度でも変身できる。

テレビアニメ第2作第2期では、狼男(狼女)に変身した際、無意識に遠吠えを放つ事もある。

大きくなる虫めがね[編集]

大きくなる虫めがね(おおきくなるむしめがね)は、「大きくなる虫めがね」(てんとう虫コミックススペシャル『ドラえもん カラー作品集』第1巻に収録)に登場する。「ドラえもん大事典」(てんとう虫コミックス第11巻に収録)では「虫メガネ」という名称で紹介している。

この虫眼鏡で物を見ると、その物が大きく見えるだけでなく、その物がレンズで見た通りに大きくなる。

オーケーマイク[編集]

オーケーマイクは、「オーケーマイク」(藤子・F・不二雄大全集第1巻に収録)に登場する。

このマイクを通して人に話しかけると、マイクを通した言葉を誰でも聞くようになる。

大げさカメラ[編集]

大げさカメラ(おおげさカメラ)は、「大げさカメラ」(てんとう虫コミックススペシャル『ドラえもん カラー作品集』第3巻に収録)に登場する。

このカメラで人や動物を撮影すると、どんな物事でも大げさに写る。 変化の例

  • 高さ1メートル程度の高さの塀を渡っている→数メートルもの高さの塀を渡っている
  • 木の真下にしがみつく→10メートル程度の木の天辺にしがみつく
  • 庭石を持ち上げる→巨大な岩を持ち上げる
  • 金魚→1メートル以上の巨大魚
  • 玩具の車を運転→スーパーカーを運転
  • たんこぶが出来たのび太→全身包帯だらけののび太

オート・アクションプロンプター[編集]

オート・アクションプロンプターは、「なぜか劇がメチャクチャに」(てんとう虫コミックス第28巻に収録)に登場する。

演劇を行うための装置。付属の「脚本カセット」を装填することで、出演者は台本を覚えていなくても役のとおりに行動することができる。また万能舞台装置にコードをつなげることで、脚本にあわせた舞台や衣裳を用意することもできる。

この装置に付いているヘッドバンド状のものを人間にはめることで、子供向け、大人向けなど、その人間に理解できる劇が自動的に選ばれる。のび太が理解できるなら誰でも理解できるということでのび太が見たがるような作品を選んだところ、ちびくろサンボ(初出版、および単行本の初期の版と藤子・F・不二雄大全集第11巻のみ。なお大全集には初出版および現行版の両方が収録されている)、人魚姫裸の王様星の銀貨としずかが裸になるものばかりになってしまった。

出演者の要望など条件を入力して劇を選ぶ事もでき、上記の劇のうち、人魚姫はスネ夫が「王子」、しずかが「姫」、ジャイアンが「超能力者(この劇の場合は魔法使い)」を演じたいという注文を加味したものであり、裸の王様はしずかの「豪華な服を着た王様とか、宝塚の様に男性役を演じてみたい」という要望を加えたものである。

また「強制ボタン」を押すと、装置を破壊しない限り演劇を中止できなくなる。

オートアクションユニット[編集]

オートアクションユニットは、「百丈島の原寸大プラモ」(てんとう虫コミックス第28巻に収録)、「プラモが大脱走」(同29巻に収録)に登場する。

団子のような球体。プラモデルに組み込むと、それが本物同様に動くようになる。

オートマチック花火[編集]

オートマチック花火(オートマチックはなび)は、『ドラえもん のび太の日本誕生』に登場する。

打ち上げ花火に使用する「花火玉」を模した道具。放り投げただけで円筒などを用いずに自動的に上空へ打ち上がり、破裂する。

なお、『ドラえもん のび太の魔界大冒険』にはこの名前の道具は登場しないが、ドラミが仲間を助けるべく悪魔たちの気を反らすために花火を打ち上げた。

オーバーオーバー[編集]

オーバーオーバーは、「オーバーオーバー」(てんとう虫コミックス第13巻に収録)に登場する。

オーバーコートを模した道具。これを着た人は周りの人や物、できごとが非常に大げさ(オーバー)に見えたり感じたりする。

テレビアニメ第2作第1期「オールオーバー」(てんとう虫コミックス13巻収録「オーバーオーバー」のアニメ化作品。1995年10月20日放送、映像ソフト未収録)では、オールオーバーの名称で登場する。

変化の例

  • ゴキブリサソリ
  • 外出前に呼び止めた玉子鬼婆
  • 小犬→ライオン
  • ダンプカー恐竜
  • 空き地の草場→ジャングル
  • ミミズ大蛇
  • ラジコンの飛行機→(アニメ第2作2期)
  • 十円硬貨→数百万円分の札束
  • ジャイアン→海賊(初出版、および単行本初期の版では人食い人種。またテレビアニメ第2作第2期では、スネ夫と共に山賊になっている)
  • 汗をかいたしずかがオーバーオーバーのみを脱ぐ→服を全部脱ぐ(漫画作中では下着姿になっているが、アニメ第2作第2期ではブラウス姿まで)。
  • のび太が投げつけた鉛筆がドラえもんの後頭部に当たる→槍を投げつけられて後頭部から貫通する(最終頁のおまけカット)

大昔ごっこ用の服[編集]

大昔ごっこ用の服(おおむかしごっこようのふく)は、「のび太漂流記」(てんとう虫コミックス第6巻に収録)に登場する。

Tシャツを象った木の葉。2枚を貼り合せることで服として使用できる。

名称の初出はテレビアニメ第2作第2期「のび太漂流記」(2006年7月14日放送)。

オールシーズン花だん[編集]

オールシーズンスキー[編集]

オールシーズンスキーは、「ドラえもん大事典」(てんとう虫コミックス第11巻に収録)に登場する。

スキー板の一種。先端から地面へ人工雪を吹きつける仕掛けになっており、雪のない夏でもスキーを楽しめる。あくまで雪を降らせるだけであり、スキーが上手くなる道具ではない。

オールシーズンバッジ[編集]

オールシーズンバッジは、「オールシーズンバッジ」(てんとう虫コミックス第16巻に収録)に登場する。

バッジ表面に四季それぞれの絵が描かれており、ダイヤルでいずれかを指定すると、着用者の半径3メートル以内をその季節にできる。桜の木の下に置いて「春」にすれば桜が満開になり、「冬」にすればたとえ室内でも雪が降る。

オールマイティパス[編集]

オールマイティパスは、「オールマイティパス」(てんとう虫コミックス第15巻に収録)、「四次元ポケットのスペア」(同第25巻に収録)に登場する。

現代の列車の定期乗車券を模した道具。定期入れに入っている。これを持っていればどこへでも入ることができる(首相官邸や銀行の金庫などですら侵入可能)。また、どんな乗物も無料で乗ることができる。有効期間は、名前を記入した瞬間から1か月。 本来入ってしまうと咎められるような場所に、このパスを使用して入り、有効期限を過ぎた場合、過ぎた瞬間に部屋の主に咎められる事となる。

テレビアニメ第2作第1期の「スペシャルカード」(1997年5月9日放送)ではスペシャルカードという名称で登場。テレビアニメ第2作第2期では表記をオールマイティーパスとしている。

お返しハンド[編集]

お返しハンド(おかえしハンド) は、「お返しハンド」(藤子・F・不二雄大全集第4巻に収録)に登場する。

両肩に着ける機械の腕。この道具を付けていると、その人が受けたことをこの道具が3倍にして返す。暴行だけでなく、おこづかいといった善意の行為も3倍にして返してしまう。この道具を力づくで外そうとすると、加えた力の3倍の力で反撃される。お小言や説教の場合、返さない。 てんとう虫コミックスでは、「ドラえもん百科 すばらしい道具のいろいろ」のみで紹介している。(このときの表記は「おかえしハンド」)

テレビアニメ第2作第1期「どうぶつごヘッドホン」では、相手の攻撃を腕が自動的に受け止め、相手に攻撃した分を3倍にしてお返しするという設定になっている。同作でのび太が「前に使った事がある」と解説しているが、当該道具を使った話がアニメ化されるのはこの話の放送後の約10年後になる。

おかしな傘[編集]

おかしな傘(おかしなかさ)は、「おかしなおかしなかさ」(てんとう虫コミックス19巻に収録)に登場する。現在の技術で製造可能なものも含まれている。

なお「おかしな傘」の名称は前述のエピソード中に登場したこれらのの通称であり、作中で用いられた名称ではない。作中では以下の傘が登場する。

おいわいガサ
星条旗を模した派手な柄が描かれた傘。さすと「パンパカパーン」というファンファーレとともに、紙テープや紙吹雪が舞う。原作では「おいわい用のかさ」と呼ばれるのみで名称不明で、この名称はテレビアニメ第2作第2期「おかしなおかしなかさ」(2005年6月24日放送)にて登場する。
オルゴールがさ
赤ん坊を喜ばせるための傘。傘を開くと、ベビー用品のベッドメリーのような飾りがくるくると回り、軽やかなオルゴール音楽が流れる。
筋肉増強ガサ
腕力を鍛えるための傘。傘布部分全体がの塊でできていて非常に重く、これを持つには大変な力を必要とする。原作では「なまりのかさ」と呼ばれるのみで名称不明で、この名称はテレビアニメ第2作第2期「おかしなおかしなかさ」にて登場する。なお、ドラえもんは軽々と持っていた。
こうもりがさ
実際にある傘の通称としての「コウモリがさ」と違って傘布部分が本物のコウモリになっており、開くと空を飛べる。コウモリは生きているらしく、どこかへ飛んでいってしまうこともある。
パラシュートがさ
高いところから飛び降りるための傘。傘布部分がパラシュートになっている。
人さがしがさ
ドラえもんのひみつ道具 (ひ)#人さがしがさを参照。
雨ふりがさ
ドラえもんのひみつ道具 (さ)#さすとあめがふるかさを参照。

以下は、テレビアニメ第2作第2期「おかしなおかしなかさ」(2005年6月24日放送)で新たに登場した傘。以下の道具名の表記は公式サイト掲載のあらすじ[1]、およびミニコーナー「ひみつ道具スペシャル」(2006年9月15日放送『ドラえもん緊急特番!! 史上最大のひみつ道具スペシャル』内)の文書版[2]から判断した。

あいあいガサ
差すと傘の下に美少女の立体映像が現れ、すてきな子と相合い傘をしているように見えるというもの。取っ手の部分にダイヤルがあり、3種類のモードで使用できる。「ノーマルモード」で出現する美少女の立体映像は1人だが、「モテモテモード」では使用者を挟んで2人出現し、「超モテモテモード」では使用者の周囲に6人出現する。
テレビアニメ第2作第1期でも同名の道具が登場するが、そちらについてはドラえもんのひみつ道具 (ああ-あと)#あいあいパラソルを参照。
マラソンガサ
取っ手の部分が人間の足を模しており、これを差すと使用者の体が勝手に走り出すが、疲れずに走ることができる。だが自分の意思で止まることができず、傘から手を離せば止まることができる。だが傘を開いたまま傘を手放した場合、それを拾った人はまた走り出してしまう。
(走って帰れる)カサ
正式な道具名は不明。妖怪のからかさ小僧を模した傘。差すと傘の周囲に日本の妖怪が数体出現し、使用者は驚いて思わず走り出してしまう。走って帰れる傘をせがんだジャイアンにドラえもんが出した。
台風ガサ(たいふうガサ)
1号から18号まで18種類の傘があり、差すと傘の下に台風が吹き荒れる。

おかしなでんぱ[編集]

おかしなでんぱは、「おかしなでんぱ」(藤子・F・不二雄大全集第3巻に収録)に登場する。ガチャ子が使用した。

一定の地域の人々をクルクルパーにしたうえ運動神経も低下させてしまう電波。悪魔の顔のような格好の機械から発信する。のび太があまりに自分の頭が悪く運動神経も鈍いと嘆くありさまに、ガチャ子が「それなら周りの人の頭をもっと悪くし体も弱くしてしまえば、のび太が天才でスポーツ万能になる」という理屈で使用した。

本作品は『小学一年生』1970年11月号掲載の初出時は「クルパーでんぱのまき」というサブタイトルだった。

クルクルパー光線銃
日本テレビ版ドラえもん第1話「出た! ドラえもんの巻」(1973年4月1日放送)に登場する。おかしなでんぱと同様の効果を及ぼす光線を発射することのできる銃。こちらはガチャ子でなくドラえもんが使用した。後に元スタッフは、今では放送不可能な名称だが、当時はまったく問題無かったと述懐している。

おかし牧草[編集]

おかし牧草(おかしぼくそう)は、「おかし牧場」(てんとう虫コミックス第24巻に収録)に登場する。

菓子に食べさせる(最初は「おかし牧草」の上に菓子を置く)ことで、菓子が牧畜のように自活し、繁殖を行うようになる。この状態を「ウシになる」という。一度ウシになった菓子は、その後は1時間以上牧草を食べずにいると元の菓子に戻ってしまい、二度とウシにはならない。菓子に雌雄の性別が備わるかは不明だが、繁殖させるには同種の菓子が2個必要な模様。

この牧草には種「おかし牧草のたね」があり、これを地面にまいて菓子用の牧草地を作ることもできる。

初出版である「おかしぼく場」(ぴっかぴかコミックス第15巻に収録[注 1])では菓子を番犬にする薬が登場し、どら焼きに振りかけていた。てんとう虫コミックスへ収録するにあたって加筆修正が行われ、番犬はガムに変わり、薬を使う場面はなくなっている。番犬になった菓子はどちらも目測1~2メートルの巨大な物(どら焼きは元は普通サイズだったが、ガムは巨大化させたか元からかは不明)で、どら焼きは上下の皮が顎のようになり、ガムは噛まれて柔らかくなったような状態で獣の顎のように変形して、菓子を盗み食いに来たジャイアンとスネ夫に噛み付いている。

お金がきらいになるくすり[編集]

お金がきらいになるくすり(おかねがきらいになるくすり)は、「お金なんか大きらい!」(てんとう虫コミックス第16巻に収録)に登場する。

瓶入りの黒い薬。これを服用すると、お金を見るのが嫌になる。取り消すにはくすりをきかなくするくすりを飲む必要がある。

『ドラえもん全百科(ドラえもんオールひゃっか)』(1979年7月発行)を始めとするひみつ道具の事典では、道具の名称を一様に「お金がきらいになるキャンデー」としている[3][4][5][6][7]

小川じゅうたん[編集]

オキテテヨカッタ[編集]

オキテテヨカッタは、「オキテテヨカッタ」(てんとう虫コミックス第23巻に収録)に登場する。コンビニエンスストアの『セブンイレブン』のキャッチコピー「開いててよかった」のパロディと思われる。

この道具を使うと、眠った人が起きているときと同じ状態で働き、眠っていても会話ができる。なお、この道具を使っている間は夜間割引と称して、商品の代金や映画館の入場料などがすべて10分の1になる。

似た機能を持つ道具に「ムユウボウ」、「夢ふうりん」がある。

おくれカメラ[編集]

おくれカメラは、「おくれカメラ」(てんとう虫コミックス第12巻に収録)に登場する。

撮影すると、その場所で過去に起きたできごとが写るカメラ。例えば食事中の人を撮影すると、そこにはメニューを見ている姿が映ったりする。 ダイヤルで何分前を写すか設定できる。

お子さまハンググライダー[編集]

お子さまハンググライダー(おこさまハンググライダー)は、「お子さまハンググライダー」(てんとう虫コミックス第30巻に収録)に登場する。

22世紀の航空力学で、小さい翼面積でも揚力を得ることができるという技術のもと、子供用に製作されたハンググライダー上昇気流にのることで自由に空を飛びまわれる。

お子さま練習カー[編集]

お子さま練習カー(おこさまれんしゅうカー)は、「四次元若葉マーク」(てんとう虫コミックス第39巻に収録)に登場する。

運転練習用の1人乗りのオープンカー。外観は子供の乗る玩具の車のようだが、運転席の仕様は本物同様で、最高時速300キロメートルと非常に高性能。「四次元若葉マーク」を併用することで、街中でも人や物にぶつかる心配なく運転の練習ができる。

おこのみ建国用品いろいろ[編集]

おこのみ建国用品いろいろ(おこのみけんこくようひんいろいろ)は、「おこのみ建国用品いろいろ」(てんとう虫コミックス第40巻に収録)に登場する。

自分の国を自由に作ることのできる以下の道具のセット。

国旗
無地の旗。好きなデザインを書き込んで自国の国旗とし、建国を宣言する。
国境マーカー
油性マーカー状の道具。これで部屋の床や地面に線を引くと、その線が国境となり、線で囲った内側が自国の領土になる。線に切れ目があると、効力はない。
また、書いた際に繋がっていた場合でも、後で線が動いて途切れてしまっても効力はなくなる。(例:マンホールの上に線を引く→工事でマンホールが動かされて途切れる など)
国境ゲート
踏切遮断機を模した機械。自国と他国との国境ゲートの役割をし、許可されたもの以外はゲートで出入を遮断する。
パスポート
国境の外でこれを所持していると、周囲の人は皆、自分を外国人と見なしてくれる。また、国境の外から中へ入る際、これを所持している必要がある。
国境警備隊
兵士型の計4体の小型ロボット。国境ゲートを警備する。入国者にパスポートの提示を求め、無断入国者はライフルで狙撃する。
外交官信任状
これを持っていると外交官として他国との交渉ができ、品物を輸入することができる。自国の通貨が使用できる。外交官の身分は国際法ウィーン条約)で保護されているため、他の者は手出しすることができない(外交特権)。
亡命許可証
パスポートに入っていた許可証。これを持つ者は、亡命者としておこのみ建国用品で作った国の中へ亡命することができる。亡命者に不当な扱いをすると世界中から非難されるため、国内の者も亡命者には滅多な手出しをできない。作中ではのび太が所持していたが、道端に落としてしまい、ジャイアンに拾われた事でジャイアンに国を乗っ取られた。

お好みフォト・プリンター[編集]

お好みフォト・プリンター(おこのみフォトプリンター)は、「おこのみフォト・プリンター」(てんとう虫コミックス『ドラえもんプラス』第1巻に収録)に登場する。

写真を取り込み好きなように修正できる道具。ズームバック、視点変換、アングルの変更など自由に行え、また双眼鏡で見た写真や、写真が取れていないときの瞬間も撮影可能。

類似品に「万能プリンター」がある。

おこのみボックス[編集]

おこのみボックスは、「オコノミボックス」(てんとう虫コミックス第19巻に収録)、「昔はよかった」(同第30巻に収録)に登場する。

付属のマイクに命令を入力すると、そのとおりにボックスの機能が変化する。ただし四角いものでないといけない。内蔵無線により、遠く離れたところでも入力は有効。たとえば、冷蔵庫、テレビ、ラジオ、レコードプレーヤー、ライター、洗濯機、コンロ、ストーブ、クーラー、カメラなどにも変化できる。

「オコノミボックス」では「オコノミボックス」、「昔はよかった」では「おこのみボックス」の名で登場する。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「おかしぼく場」とは、初出版をぴっかぴかコミックスへ収録したときのサブタイトルであって、雑誌掲載時のサブタイトルではない。雑誌掲載時のサブタイトルは「おかし牧」であり、カラーコミックス『ドラえもん』第6巻でも「おかし牧草」というサブタイトルで収録していた。

出典[編集]

  1. ^ ドラえもん”. テレビ朝日 (2007年7月31日 更新). 2008年10月22日閲覧。
  2. ^ ドラえもん”. テレビ朝日 (2009年7月24日 更新). 2008年10月22日閲覧。
  3. ^ 『ドラえもん全百科』小学館〈コロタン文庫 43〉、1979年7月25日発行。ISBN 4-09-281043-1
  4. ^ 『ドラえもんひみつ大事典』小学館〈ビッグ・コロタン 11〉、1985年5月10日発行。ISBN 4-09-259011-3
  5. ^ 『ドラえもんひみつ道具完全大事典』小学館〈ビッグ・コロタン 66〉、1994年12月10日発行。ISBN 4-09-259066-0
  6. ^ 『最新版ドラえもんひみつ道具大事典』小学館〈ビッグ・コロタン 96〉、2004年1月1日発行。ISBN 4-09-259096-2
  7. ^ 『ドラえもん最新ひみつ道具大事典』小学館〈ビッグ・コロタン 111〉、2008年9月3日発行。ISBN 978-4-09-259111-0