十四年式拳銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
十四年式拳銃
Nambupistol2465.jpg
1943年(昭和18年)製の十四年式拳銃および弾倉実包
概要
種類 自動拳銃
製造国 日本の旗 日本
設計・製造 名古屋工廠
中央工業(南部銃製造所)
東京工廠
小倉工廠
性能
口径 8mm
銃身長 120mm
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 十四年式拳銃実包(8x22mm南部弾
九〇式催涙弾(8x21mm弾)
装弾数 8発
作動方式 反動利用銃身後退方式
全長 230mm
重量 890g
銃口初速 325m/s
有効射程 50m(有効)
1,600m(最大)[1]
テンプレートを表示

十四年式拳銃(じゅうよねんしきけんじゅう)は、1920年代中期に開発・採用された大日本帝国陸軍拳銃

南部式大型自動拳銃に改良を加えた派生型であるため、俗に南部十四年式拳銃とも呼ばれるが、あくまで制式名称は十四年式拳銃であり、また、南部麒次郎は設計の基となった基礎研究には関わっていたが、設計には直接関わっていない。

概要[編集]

日本軍独自の8x22mm南部弾(十四年式拳銃実包)を使用する自動式拳銃である。装弾数は弾倉8発+薬室1発。試作型にはダブルカラム(複列方式)の16発弾倉を使用する物も存在していたが、制式となったのはシングルカラムの8発弾倉のものである。

原型の南部式ともども外観がルガー P08に類似し、撃発装置が同じストライカー式であるため「和製ルガー」などとも呼ばれる事もあるが、内部機構は全く異なり、むしろモーゼル C96イタリアグリセンティ M1910と類似している[1]。機構・性能ともに当時の自動式拳銃としては一般的なもので、南部麒次郎も回想録で「この拳銃には特に誇張すべきことはない」と述べている[2]

開発[編集]

1924年(大正13年)、陸軍砲兵大佐であった南部麒次郎の助言の下、従来の制式拳銃である二十六年式拳銃の後継として名古屋工廠南部式大型自動拳銃[3]を元に開発され、陸軍将校の軍装拳銃としてや、中国大陸、シャム(タイ)などへ小口販売された後、1925年(大正14年)になって陸軍に制式採用された。

運用[編集]

十四年式拳銃(拳銃嚢・拳銃帯革拳銃懸紐)を装備する憲兵下士官兵

帝国陸軍において将校准士官が装備する拳銃は、軍服軍刀などの身の回りの軍装品と同じく私費調達(個人の嗜好による)が基本である「軍装拳銃」であり、主に欧米からの輸入品[4]を中心に国産品[5]を含めさまざまなものが使用されていた。そのため、制式拳銃である十四年式拳銃は、軽機関銃重機関銃分隊員(銃手他)、憲兵、機甲兵(戦車装甲車乗員)、自動二輪運転手航空部隊の空中勤務者(操縦者他)、挺進部隊挺進兵などの下士官(官給品受領対象者)に主に支給された。

1930年代中頃に採用された九四式拳銃は、その開発・採用目的は上述の将校准士官用拳銃の国産統一化が目的であり、十四年式拳銃の後続主力拳銃ではないため、本銃は1945年(昭和20年)の第二次世界大戦敗戦まで日本軍の主力拳銃として生産・使用された。総生産数は約28万丁。

敗戦に伴う日本軍の武装解除で、他の拳銃と共に連合国側に接収されたが、日本国政府は治安の混乱に対処する目的でGHQに返還を要請し、警察への支給品として1946年(昭和21年)頃一部が返還され、1948年(昭和23年)頃からアメリカ製拳銃の貸与が増加するまで使用されている。このとき支給された日本軍拳銃の中では十四年式拳銃が大部分を占めていた[6]

東南アジア諸国や中国大陸などでは十四年式拳銃をはじめとする日本軍の銃火器が、独立戦争国共内戦などで使用されたほか、朝鮮戦争初期には朝鮮人民軍の将校用拳銃としても使用されていた。中国では、その特徴的な拳銃嚢スッポンと似ていることから、王八盒子(スッポンと似た拳銃嚢付き大型拳銃)または銃そのものの形から鸡腿盒子、鸡腿撸子(骨付きの鶏モモ肉と似た大型拳銃または自動拳銃)の愛称を付けた。

設計[編集]

十四年式拳銃と拳銃嚢
撃発装置
十四年式拳銃の撃発機構は、引き金を引くと引き金鉤板肩部(トリガーバー)が逆鉤(シアー)前端を押し上げ逆鉤発條(バネ)を圧縮、逆鉤々部(シアーの先端、鉤状の部分)は下降して撃茎(ファイアリングピン)の控制を解き、撃茎は発條に押されて薬莢後端にある雷管に衝撃を与えて発火・撃発させる。
撃鉄が露出した形式の銃は撃発可能な状態が一目でわかるが、十四年式拳銃ではストライカー方式が採用された。この形式では銃把に撃鉄発條(ハンマースプリング)などを内蔵する必要がなく、手の小さい日本人にも握りやすい細身の銃把となった。
十四年式拳銃安全栓
手動安全装置
安全栓をかけると、安全栓は引き金鉤板肩部の動きを妨げ、引き金を引けなくする。
安全栓(操作レバー)は、銃床左の前端に位置する。前後に180度回転し、レバー先端を銃口方向(火)に向ければ解除(発射状態)、射手方向(安)に向ければ作動する。両状態でのレバーの位置は銃身とほぼ平行となる。銃を握った手で操作することは意図されていない。
弾倉安全装置
弾倉と連動して作動する安全装置。薬室内の弾薬の有無とは無関係に引き金鉤鈑(トリガーシア)を控制し、引き金を引けなくする。
ホールドオープン機能
最終弾を発射すると、弾倉内の最上部にせり上がっている受筒鈑(マガジンフォロアー。弾薬と底部バネの間に位置する板状の部品)によりボルトの前進が阻止され、ホールドオープンと呼ばれる状態になり、残弾がなくなった事を知らせる。
他の自動拳銃ではマガジンフォロアーが直接ボルトやスライド(遊底)にかみ合わず、ボルトストップ(スライドストップ)が押し上げられてボルト前進を阻止するため、弾倉交換後はこの部品を操作するだけでボルトの前進、再装填が行えるが、本銃ではその機構がないため、弾倉を抜く際に余計な力が必要になる。
後期型ではこれに加えて弾倉を脱落しにくくするための板バネが追加されたため、弾倉を抜くには更に力を要するようになった。
弾倉を引き抜くとボルトも前進してしまうため、弾倉を交換した場合には改めてボルトを引いて初弾を薬室に装填する必要がある。

改良[編集]

採用期間の間に以下のような改良[7]が施され、改良以前に製造されたものは工廠へ持参して改造してもらうことになっていたが、改造費が自己負担だったため、ほとんど実施されなかったとされる。

第1回 昭和9年2月
懸紐止の外径8mmを10mmに改める。
撃茎頭部室の幅5mmを7mmに改める。
第2回 昭和9年4月
撃茎発條止の削肉減量。
弾倉の寸法および形状の一部改正。
第3回 昭和11年9月
薬室寸法を改める。
弾倉底の製作を容易にするため、材質をアルミニウム合金第二号から同五号甲でも製作できるように改める。
第4回 昭和13年3月
防寒手套使用の場合に操作を容易にするため、用心鉄の指掛部を円形から卵型へ拡大する。指掛部を円形から卵型へ改造する場合は実費として5円支払う(現在の9,000円程度)。改正後に製造された物は俗に後期型と言われる。
第5回 昭和14年12月
弾倉板バネの改正。
床把体などに代用品を仮制式する。

登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 宗像和広・兵頭二十八・編著 『日本兵器資料集 泰平組合カタログ』ミリタリー・ユニフォーム8 並木書房 ISBN 4-89063-117-8
  2. ^ 牧愼道 編『ある兵器発明家の一生』天竜出版社 1953年
  3. ^ 南部式自動拳銃は、機構の複雑さ、生産性、整備性の問題などから陸軍には制式採用されず、海軍陸戦隊で限定的に採用された
  4. ^ FN ブローニング M1900FN ブローニング M1906FN ブローニング M1910コルト M1903など
  5. ^ 南部式自動拳銃(大型・小型)杉浦式自動拳銃浜田式自動拳銃など
  6. ^ 『警視庁史 昭和前編・昭和中編(上)』『福岡県警察史 昭和前編・昭和後編』『長崎県警察史 下巻』など
  7. ^ 佐山二郎『小銃 拳銃 機関銃入門』光人舎NF文庫N-284 光人舎

参考文献[編集]

  • Japanese Nambu Type 14 pistol explained , Ebook by Gérard Henrotin (H&l Publishing - hlebooks.com - 2010)

関連項目[編集]