蜃気楼綺譚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

蜃気楼綺譚』(しんきろうきたん)は、松本零士による日本漫画作品。1990年から1991年までかけて『ビッグコミック』(小学館)に連載された。全9話構成。性描写シーン多数。

あらすじ[編集]

時空を超えて存在するスナック「蜃気楼」。ここには高尾麻耶という美しい女主人がいるが、2回訪れた者は死んでしまうため、1度しか来ることはできない。「蜃気楼」を訪れる男たちの数奇な運命を描く。

登場人物[編集]

高雄麻耶(たかお まや)
主人公。過去や現代、未来などにスナック「蜃気楼」を出店している謎の女性。キセルを愛用している。作品中では過去アメリカにおいて事故で亡くなっている。
立島(たてじま)
安アパートの2階に住んでいる男。六畳一間のアパートでゴロゴロする毎日を送っていたが、部屋に入ってきた「蜃気楼」の求人チラシを見て、蜃気楼の店員となる。月末には番町皿屋敷のように「1ま~い2ま~い」と、硬貨を数える。夢は「一国一城の主」。作品の最後には交通事故で亡くなり、麻耶と身体を共有するという奇妙な運命をたどる。麻耶が覚めているときは立島は眠りにつき、その間の事は立島はわからない。だが立島と摩耶が同時に覚めていることが一回だけ起こっている。
厄田(やくた)
立島が住むアパートの1階に住んでいる男。妻帯者だが、妻の詳細は描かれていない。設定ではヒモかヤクザらしいが、劇中ではチンピラのように描かれている。立島に対してはかなり面倒見がよく、金を貸したりした。厄田は立島が交通事故で死んだときに、「夢があるやつだった」と大泣きする。その後麻耶が「お礼をする」といい、厄田とセックスをしている。ドスを常時所持。一応「危ない店」で勤めているようで生活には困っていない模様。立島にその店を紹介した経緯あり。
ソ連兵
名前は不明。麻耶とセックスをしたシーンあり。宝石で女性を口説こうとしている。鏡に映った麻耶の姿を見て逃げ帰った。
厄病神
性別不明。とりつかれると「暗くなる」。
山田寅雄(やまだ とらお)
高雄麻耶とセックスをしているシーンあり。厄病神にとりつかれ、その厄病神を殺した。その後見ず知らずの蜃気楼にいた女性と仲良くなり人生をやり直したらしい。
小原庄助(おはらしょうすけ)
蜃気楼にいた男性客。病神が見えず「自殺」した。
ユルミ商事社長
社長だけあって羽振りは良い。しかし蜃気楼に2回来たため、拳銃で自殺した。
アメリカ兵
第二次世界大戦中、照準器をアメリカ本土を届ける途中に蜃気楼に迷い込んだ。厄田と揉めたが、どうでもよくなり照準器を厄田のドスと交換。高雄麻耶とセックスシーンあり。
ザウルス大陸兵士長
蜃気楼に迷い込んだどこかの惑星の兵士長。高雄麻耶とセックスシーンあり。
ザウルス大陸兵士
兵士長に文句を言い、蜃気楼を出る。その際拳銃を置いて(捨てて)いった。その拳銃には、「この銃売るべからず」の焼印が押されていた。
マーヤとその恋人
マーヤは金星の士官長の女性。未来の金星では「恋」や「結婚」をするのに「試験」があり、高雄麻耶がセックスの仕方を教え、最期は2人も自殺した。アルコールは2人とも一切飲めず、ナチュラルジュース(ただのジュース)で酔う。