後背位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

後背位(こうはいい)とは性交体位の一種である。日本語での通称は、「バック」と呼ばれる場合が多いが、両者が立ったまま行う場合は「立ちバック」とも呼ばれる。

各言語での呼称[編集]

  • ペルーーコンティキ・セックス(後背伸展位)←カヌーの中でも可能な体位
  • 中国―(「虎歩」)(「白虎騰」) 後の時代は「隔山取宝」
  • 印ー『カーマ・スートラ』 - 「牛の結合(牡牛性交、牡牛交合)」[1]

「虎の跳躍」「馬のポーズ」「犬のポーズ」

のポーズ」(後背座位)

  • ラテン語 - coitus more ferarum(「動物のやり方」)
  • 英語 - doggy style(「犬のやり方」)、on all fours(「四つ足で」)、from behind(「背後から」)
  • フランス語 - levrette(「グレートハウンドの雌犬」)、「牝牛方式」-グレフェンブルグがGスポットが感じやすい体位だと述べる。
  • イタリア語 - pecorina(「小さい羊」)
  • オランダ語 - hondjeshouding

概説[編集]

女性が四つん這いになりをついたところに男性(または立ち役)がをついて背後から性器を挿入する体位。下付きの場合はこの体位であると逆に上側になるため、正常位より挿入がしやい場合がある。チンパンジーニホンザル等々もこうした体位で性交をし、動物園でもしばしば目撃される体位である。

Durex社が全世界の15万人を対象に調査し得た統計「durex global sex survey」(2003年)によるとこの体位を好む人の割合は、フランス37%(1位)、台湾31%(2位)、米国30%(2位)、英国28%(2位)。[2]

歴史[編集]

古代ギリシャの喜劇『女の平和』には「チーズ削りの上の雌ライオン式に立ち」というせりふがある。

脚注[編集]

  1. ^ ヴァーツヤーヤナ 「第6章 (14) 特殊な性交」『完訳 カーマ・スートラ(東洋文庫628)』 岩本裕訳、平凡社1998年1月9日、p. 131。ISBN 978-4-582-80628-1
  2. ^ durex global sex survey 2003 pdfファイルの5ページ目にリストが掲載されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]