後背位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

後背位(こうはいい)とは性交体位の一種である。日本語での通称は、「バック」と呼ばれる場合が多いが、両者が立ったまま行う場合は「立ちバック」とも呼ばれる。[要出典]

概要[編集]

女性または受け役が四つん這いになって肘をついたところに、男性または立ち役が膝をついて背後から性器を挿入する体位。正常位より挿入がし易い場合がある。チンパンジーニホンザル等もこうした体位で性交をする[要出典]

Durex社が全世界の15万人を対象に調査し得た統計「durex global sex survey」(2003年)によるとこの体位を好む人の割合は、フランス37%(1位)、台湾31%(2位)、米国30%(2位)、英国28%(2位)。なお同調査には日本でのデータは含まれない[1]

各言語や書物での呼称[編集]

  • ラテン語 - coitus more ferarum(「動物のやり方」)
  • 英語 - doggy style(「犬のやり方」)、on all fours(「四つ足で」)、from behind(「背後から」)
  • フランス語 - levrette(「グレートハウンドの雌犬」)
  • イタリア語 - pecorina(「小さい羊」)
  • オランダ語 - hondjeshouding
  • カーマ・スートラ』 - 「牛の結合(牡牛性交)」[2]
  • 日本
    • 日本では、古事記のイザナギとイザナミが行った、「鶺鴒のやり方」が最初の後背位である。
    • 江戸時代には「鵯越え」と呼んだこともある。これは『平家物語』にある一ノ谷の戦いにおける、背後の山越しに後方から攻撃をかけるのに見立てたものである。

ギャラリー[編集]

絵画での表現[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典
  1. ^ durex global sex survey 2003 (PDF)”. Durex. 2015年1月17日閲覧。 “PDFファイルの5ページ目にリストが掲載されている。”[リンク切れ]
  2. ^ ヴァーツヤーヤナ p.131

参考文献[編集]

関連項目[編集]