涙サプライズ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
涙サプライズ!
AKB48シングル
収録アルバム 神曲たち
B面 初日
FIRST LOVE
リリース 2009年6月24日
規格 マキシシングル
録音 2009年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル You,Be Cool!/KING RECORDS(通常盤)
NEW KING RECORDS(劇場盤)
作詞・作曲 秋元康(作詞)
井上ヨシマサ(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールド等認定
チャート最高順位
AKB48 シングル 年表
10年桜
(2009年)
涙サプライズ!
(2009年)
言い訳Maybe
(2009年)
テンプレートを表示

涙サプライズ!」(なみだサプライズ!)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、井上ヨシマサにより作曲されている。2009年6月24日にAKB48のメジャー12作目のシングル[1]としてキングレコードから発売された。

井上ヨシマサによるシングル曲の作曲は「大声ダイヤモンド」「10年桜」に引き続き3作連続。楽曲の間奏はハッピーバースデートゥーユーをアレンジしたものである。楽曲の選抜メンバーにはAKB48のほか、その姉妹グループ・SKE48からも起用されている。楽曲のセンターポジションは前田敦子

楽曲のシングル盤は通常盤と劇場盤の2種類があり、それぞれのレーベルはYou,Be Cool!/KING RECORDSNEW KING RECORDS。劇場盤は販路限定盤でサイト「キャラアニ」を通して発売された。通常盤には楽曲のミュージック・ビデオや特典映像を収録したDVDが付属している。特典として、通常盤(初回プレス分のみ)には次作「言い訳Maybe」の選抜メンバーを決めるイベント「AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」」の投票シリアルナンバー1枚および全国握手会参加券(東京・名古屋・大阪・福岡・札幌)の計2種類、劇場盤には握手会参加券(AKB48劇場東京国際展示場)、劇場盤スペシャル公演イベント抽選観覧券、生写真1枚の計3種類が封入されている。

CD発売に先駆け、2009年6月10日より「着うた」、6月17日より「着うたフル」と着信ムービーがレコチョクにて配信された。

キャッチコピーは「お誕生日に歌いたい歌がある」。

通常盤のジャケットは、村上隆が手掛けた。また、ボーナス・トラックに収録されている、小野恵令奈のソロ曲「FIRST LOVE」のタイアップでも、コラボレーションをしている。CDなどに印字されている「涙サプライズ!」の文字は板野友美が書いた。

楽曲のミュージック・ビデオは、「桜の花びらたち2008」と「大声ダイヤモンド」、「10年桜」に続き、高橋栄樹が監督を務めている。また、伊藤英明が教師役として出演している。また、当曲の振付師を務めた牧野アンナや、森田繁範(PaniCrew)がダンサーとして出演している。撮影は、校舎内のシーンは尚美学園大学、体育館のシーンはつくば市桜総合体育館で行われた[2]。舞台になっている学校は「大声ダイヤモンド」と同じ松岡女子高等学校(架空の高校)の設定。

楽曲は2009年7月3日放送の『ミュージックステーション』で披露された。

リリース日当日は、選抜メンバーの北原里英の18歳の誕生日でもある。

2012年5月2日に作詞した秋元康が誕生日を迎えた時誕生パーティーが行われたが、事前にそのことを伝えられていなかった秋元は目隠しをされ、目隠しを外されたときにメンバーやスタッフに祝われるという本楽曲の歌詞と同じようなことが起こり大変驚いたという。

チャート成績[編集]

「涙サプライズ!」のシングルCDは、2009年7月6日付のオリコン週間シングルチャートで2位を記録し、最高順位を更新[3]

初動売上はグループ初の10万枚超を記録した。

メディアでの使用[編集]

楽曲は以下のメディアで使用された。

シングル収録トラック[編集]

通常盤[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「涙サプライズ!」   秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 4:42
2. 「初日」 (teamB) 秋元康 岡田実音 市川裕一 3:50
3. 「FIRST LOVE」 (小野恵令奈) 秋元康 梅原晃 野中“まさ”雄一 4:47
4. 「涙サプライズ! (off vocal ver.)」          
DVD
# タイトル 時間
1. 「涙サプライズ!」    
2. 「メイキング映像」    
3. 「特典映像」    

劇場盤[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「涙サプライズ!」   秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ  
2. 「初日」 (teamB) 秋元康 岡田実音 市川裕一  
3. 「FIRST LOVE」 (小野恵令奈) 秋元康 梅原晃 野中“まさ”雄一  
4. 「涙サプライズ! (off vocal ver.)」          

選抜メンバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 配信限定シングル「Baby! Baby! Baby!」を含む。インディーズシングルを含めると通算14作目。
  2. ^ つくばフィルムコミッション『撮影支援情報◆AKB48「涙サプライズ!」プロモーションビデオ』 2009年6月1日
  3. ^ それまでは「大声ダイヤモンド」、「10年桜」の3位が最高位だった。
  4. ^ a b AKB48の姉妹グループ・SKE48から選抜。

外部リンク[編集]