大島涼花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおしま りょうか
大島 涼花
生年月日 (1998-10-21) 1998年10月21日(19歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県
身長 152 cm[1]
血液型 O型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ舞台
活動期間 2011年 -

大島 涼花(おおしま りょうか、1998年10月21日 - )は、日本女優[2]であり、女性アイドルグループAKB48の元メンバー。神奈川県出身[3]

略歴[編集]

2011年

9月24日、AKB48第13期生オーディション最終審査に合格。 12月8日、AKB48劇場で開催された「AKB48 6周年記念公演」でお披露目される[4]

2012年

8月24日に開催された『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームAに昇格することが発表される[5][6]。 11月1日、チームAに異動[7]

2014年

1月29日、岡田奈々川栄李奈とともに「チーム神奈川」名義で、JR東日本横浜線に導入される新型車両E233系電車6000番台の営業運行開始に際し、展開する「横浜線新型車両導入キャンペーン」の宣伝を担当することが発表される[8][9]

2月24日、Zepp DiverCityで開催された「AKB48グループ大組閣祭り」において、チームBへの異動になることが発表される[10]。 4月24日、チームBに異動。

5月20日から6月6日にかけて投票が実施された『AKB48 37thシングル選抜総選挙』で80位となり、アップカミングガールズに選出される[11][12]

9月17日、日本武道館において開催された『AKB48グループ じゃんけん大会 2014 〜拳で勝ち取れ!1/300 ソロデビュー争奪戦〜』において、11月26日発売の38thシングル「希望的リフレイン」で初めて選抜メンバー入りすることが発表される[13]

2015年

3月26日、さいたまスーパーアリーナで行われた『AKB48 春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!〜』においてチームBの副キャプテンに就任することが発表される[14]

2016年

5月31日から6月18日にかけて投票が実施された『AKB48 45thシングル選抜総選挙』で32位となり、アンダーガールズに選出される[15]

2017年

3月23日、劇場公演においてAKB48から卒業することを発表した。6月4日に最後の握手会、6月8日に卒業公演が行われ、AKB48のメンバーとしての活動を終了[16]

人物[編集]

AKB48に入るきっかけは、元々AKB48が好きで、3回だけ参加した握手会で会った大島優子に魅了されたことであり、中学1年生の時に小学校からの同級生で友達の相笠萌(同じ13期生メンバー)が、13期研究生オーディションを受けることを聞いて一緒にオーディションを受けたことである[17][18][19]

何でも楽しんでをモットーにしている。アイドルとして日頃から大切にしていることは、『AKB49〜恋愛禁止条例〜』の舞台をやっていた時に宮澤佐江から教えてもらった「感謝の気持ち」と「初心を忘れない」ということであり、なりたいメンバーの目標として宮澤の名前をあげている[17][20]。『AKB49〜恋愛禁止条例〜』の舞台などを通して、演技の仕事が好きになり、将来の夢は女優になることである[20]

2014年に宮澤と柏木由紀が、高橋朱里とともに注目の若手メンバーと評価したのに対し、チームA在籍時のキャプテンである横山由依も2人は手塩にかけて育てたメンバーだと認めている[21]。話しやすい横山には、研究生の頃から何度も相談をしてきた[20]

AKB48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

アルバム選抜楽曲[編集]

1830m』に収録

  • さくらんぼと孤独 - 「研究生」名義
  • いつか見た海の底 - 「Up-and-coming girls」名義
  • 青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義

次の足跡』に収録

  • 確信がもてるもの - 「Team A」名義

ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録

  • ダウンタウンホテル100号室
  • To goで - 「倉持Team B」名義

0と1の間』に収録

  • ミュージックジャンキー - 「Team B」名義
  • 始まりの雪

サムネイル』に収録

  • あの日の自分
  • 青くさいロック

劇場公演ユニット曲[編集]

チームB 5th Stage「シアターの女神」公演

  • ロマンスかくれんぼ(前座ガール)[注 1]

チームA 6th Stage「目撃者」公演

  • ミニスカートの妖精(前座ガールズ)

※全体曲は高橋みなみのアンダー

チームK 6th Stage「RESET」公演

  • 檸檬の年頃(前座ガールズ)
  • 心の端のソファー(大島優子のユニットアンダー)

研究生公演「RESET」公演

  • 心の端のソファー[22]

研究生公演「僕の太陽」公演

  • アイドルなんて呼ばないで[23]

チーム4 1st Stage「僕の太陽」公演

  • アイドルなんて呼ばないで(島崎遥香のユニットアンダー)[24]

篠田チームA ウェイティング公演

渡辺麻友のアンダー

横山チームA ウェイティング公演

※佐々木優佳里、高橋みなみのアンダー

チームB 6th Stage「パジャマドライブ」公演

  • パジャマドライブ[29]

岩本輝雄「青春はまだ終わらない」公演

チームB 7th Stage「ただいま 恋愛中」公演

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

舞台[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

ネット配信[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日替わりで研究生1名が、オープニングアクトである「ロマンスかくれんぼ」を担当(2012年1月11日・2月24日に出演)。[要出典]
  2. ^ a b 日本テレビで2話まで放送、以降Huluにて順次配信[36]

出典[編集]

  1. ^ 講談社 MOOK『AKB48総選挙公式ガイドブック2016』110頁
  2. ^ AKB48大島涼花が卒業発表「一歩外に出てお芝居をしたい」ORICON NEWS
  3. ^ 大島涼花のプロフィール”. ORICON NEWS. oricon ME (2017年6月9日). 2017年6月11日閲覧。
  4. ^ “13期生お披露目! AKB6周年記念公演”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年12月9日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20111209-874385.html 
  5. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  6. ^ 東京ドーム公演初日サプライズ!AKB、新チーム体制発表 - スポーツニッポン 2012年8月24日
  7. ^ “AKB48新組閣発足は11月1日、ウェイティング公演も決定”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2012年10月8日). http://natalie.mu/music/news/77879 2015年8月30日閲覧。 
  8. ^ “AKBに「チーム神奈川」発足”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年1月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20140129-1250459.html 2014年1月29日閲覧。 
  9. ^ “AKB48 川栄&大島&岡田がJR横浜線各駅で構内アナウンス”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2014年1月29日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140129/akb14012913220000-n1.html 2014年1月29日閲覧。 
  10. ^ “乃木坂・生駒がチームB兼任/大組閣祭り”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年2月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20140224-1262248.html 2015年9月17日閲覧。 
  11. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  12. ^ AKB48 第6回 AKB48総選挙 選抜メンバー80人 アップカミングガールズ”. ORICON STYLE. oricon ME. 2016年6月19日閲覧。
  13. ^ “渡辺美優紀“無欲”の勝利「最高のプレゼント」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年9月18日). http://natalie.mu/music/news/126366 2014年11月24日閲覧。 
  14. ^ “AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除”. ORICON STYLE. (2015年3月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2050670/full/ 2015年9月13日閲覧。 
  15. ^ “【第8回AKB総選挙】1位〜80位までの開票結果”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年6月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2073650/full/ 2016年6月19日閲覧。 
  16. ^ “大島涼花がAKB卒業発表「1人で戦っていきたい」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年3月23日). http://www.nikkansports.com/m/entertainment/akb48/news/1796667_m.html 2017年3月23日閲覧。 
    “AKB48大島涼花が卒業発表「一歩外に出てお芝居をしたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年3月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2087986/full/ 2017年4月6日閲覧。 
  17. ^ a b バイトル AKB48スペシャルインタビュー 大島涼花 2015年10月10日閲覧。
  18. ^ 相笠萌 Google+ 2013年10月21日投稿、2016年3月6日閲覧。
  19. ^ “AKB相笠萌 同級生の大島涼花と卒業式2ショット公開”. 日刊アメーバニュース (サイバーエージェント). (2014年3月14日). http://news.ameba.jp/20140314-364/ 2016年4月16日閲覧。 
  20. ^ a b c (AKB48 夢のエントリーシート)大島涼花 先輩の言葉で少し成長 朝日新聞デジタル(2015年7月15日)2016年1月23日閲覧。
  21. ^ AKB48グループ新聞 2014年8月号4面、日刊スポーツ新聞社、2016年4月3日閲覧。
  22. ^ 西山恭子 Google+”. Google+. 西山恭子 (2012年3月29日). 2016年4月16日閲覧。
  23. ^ 西山恭子 Google+”. Google+. 西山恭子 (2012年8月19日). 2016年4月16日閲覧。
  24. ^ 大島涼花 Google+”. Google+. 大島涼花 (2012年9月5日). 2016年4月16日閲覧。
  25. ^ a b AKB48新チームA初日、総監督たかみな「100点」と絶賛”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2012年11月3日). 2016年4月16日閲覧。
  26. ^ 大島涼花 Google+”. Google+. 大島涼花 (2012年11月15日). 2016年4月16日閲覧。
  27. ^ 湯浅洋 Google+”. Google+. 湯浅洋 (2013年10月16日). 2016年4月16日閲覧。
  28. ^ 大島涼花 Google+”. Google+. 大島涼花 (2013年12月13日). 2016年4月16日閲覧。
  29. ^ 生駒里奈、AKB48劇場初公演に「すごく貴重な体験」”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2014年4月29日). 2016年4月16日閲覧。
  30. ^ “AKB小嶋菜月、岩本輝雄の恋心一蹴 “テル48”公演キックオフ”. ORICONSTYLE (oricon ME). (2015年9月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2059375/full/ 2015年9月19日閲覧。 
    “AKB48「攻撃的」公演開幕 サプライズメンバーも”. モデルプレス. (2015年9月18日). http://mdpr.jp/music/detail/1524636 2015年9月20日閲覧。 
  31. ^ AKB兼任・矢吹奈子、指原の応援に「緊張」 木崎チームB公演初日 大島涼花の画像・写真1枚目”. ORICON STYLE. oricon ME. 2016年4月16日閲覧。
  32. ^ AKB48チームB「ただいま 恋愛中」公演 写真特集”. 時事ドットコム. 時事通信社. 2016年4月16日閲覧。
  33. ^ 大島涼花(AKB48)”. 755 (2016年1月8日). 2016年4月16日閲覧。
  34. ^ “第9話「追憶」オフショット写真!”. セーラーゾンビ公式twitter. (2014年6月20日). https://twitter.com/tx_sailorzombie/status/480136185407234048/photo/1 2014年6月21日閲覧。 
  35. ^ マジすか学園4 相関図”. 日本テレビ. 2016年4月14日閲覧。
  36. ^ “島崎遥香が単独主演『マジすか学園5』過激すぎて地上波は無理!?全話はHulu独占配信”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2015年7月17日). http://dogatch.jp/news/ntv/34112 2016年12月28日閲覧。 
  37. ^ a b キャスト”. マジすか学園5. 日本テレビ放送網 (2015年). 2016年12月28日閲覧。
  38. ^ “原口あきまさ、芋洗坂係長、末吉くんが新AKB48ドラマ「キャバすか学園」出演”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2016年10月10日). http://natalie.mu/owarai/news/204852 2016年11月13日閲覧。 
  39. ^ 相関図”. キャバすか学園公式サイト. 日本テレビ放送網. 2016年11月13日閲覧。
  40. ^ ザ・ノンフィクション 2016年6月26日放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2016年7月19日閲覧。
  41. ^ 『AKB49〜恋愛禁止条例〜』 Nelke Planning
  42. ^ 『マジすか学園〜京都・血風修学旅行〜』 Nelke Planning
  43. ^ 『絢爛とか爛漫とか』”. ネルケプランニング. 2016年3月24日閲覧。
  44. ^ “AKB島田晴香の食い意地にツッコミ、チゲうどんに牛すき焼き…”. ミュージックヴォイス. (2016年3月18日). http://www.musicvoice.jp/news/20160318038387/ 2016年3月24日閲覧。 
  45. ^ AKB48・大島涼花、岡田奈々…期待のメンバー4人が伝説の青春群像劇に挑戦! 舞台『絢爛とか爛漫とか』写真レポ(2016年4月12日)”. 日刊SPA!. 扶桑社. 2016年4月16日閲覧。
  46. ^ 舞台「マジすか学園」〜Lost In The SuperMarket〜”. ネルケプランニング. 2016年7月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月19日閲覧。
  47. ^ “柏木由紀「“AKBの柏木由紀”をすべて捨てる」 『マジすか学園〜Lost In The SuperMarket〜』が開幕”. シアターガイド (モーニングデスク). (2016年7月26日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2016/07/26_06.php 2016年7月31日閲覧。 
  48. ^ リッスン? 2-3 木曜日 文化放送
  49. ^ CBCラジオ番組サイト
  50. ^ TVCM 「かぶりつき篇A」(15")”. ケンタッキー・フライド・チキン公式サイト. 日本KFCホールディングス. 2014年11月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年5月23日閲覧。
  51. ^ a b “AKB48大島涼花、「バイトル」CMに母親と一緒に出演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年6月5日). http://natalie.mu/music/news/149693 2015年7月12日閲覧。 
  52. ^ AKBホラーナイトアドレナリンの夜 第12話”. テレビ朝日. 2015年11月13日閲覧。
  53. ^ “加藤玲奈Pも大満足!れなっち総選挙選抜が水着に!!”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年2月3日). https://thetv.jp/news/detail/99792/ 2017年6月9日閲覧。 

外部リンク[編集]