大声ダイヤモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大声ダイヤモンド
AKB48シングル
収録アルバム 神曲たち
B面 109(マルキュー)
リリース 2008年10月22日
規格 マキシシングル
録音 2008年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル You, Be Cool!キングレコード(通常盤)
NEW KING RECORDS(劇場盤)
作詞・作曲 秋元康(作詞)
井上ヨシマサ(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 2008年11月度月間7位(オリコン)
  • 2008年度年間109位(オリコン)
  • 登場回数78回(オリコン)
  • 13位Billboard JAPAN Hot 100
  • 6位(Billboard JAPAN Hot Singles Sales)
  • 14位(Billboard JAPAN Hot Top Airplay)
  • 81位(Billboard JAPAN Adult Contemporary Airplay)
  • 51位(2010年に)(RIAJ有料音楽配信チャート
AKB48 シングル 年表
桜の花びらたち2008
(2008年)

【配信限定】
Baby! Baby! Baby!
(2008年)
大声ダイヤモンド
(2008年)
10年桜
(2009年)
神曲たち 収録曲
Baby!Baby!Baby!Baby!
(2)
大声ダイヤモンド
(3)
君のことが好きだから
(4)
テンプレートを表示

大声ダイヤモンド」(おおごえダイヤモンド)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、井上ヨシマサにより作曲されている。2008年10月22日にAKB48のメジャー10作目のシングル[注釈 1]としてキングレコードから発売された。楽曲のセンターポジションは前田敦子松井珠理奈

概要[編集]

AKB48のシングルはこれまでデフスターレコーズから発売されていたが、「桜の花びらたち2008」の販売方法をめぐる独占禁止法違反問題によりデフスターレコーズとの契約が切られたあと、配信限定シングル「Baby! Baby! Baby!」のリリースを経て、キングレコードへ移籍した。「大声ダイヤモンド」は移籍後初のシングルである。楽曲は『チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」』で使用されているものである。

楽曲のシングル盤は通常盤と劇場盤の2種類がリリースされた。通常盤はYou, Be Cool!、劇場盤はNEW KING RECORDSのレーベルとなっており、後者は販路限定盤でサイト「キャラアニ」を通して発売された。通常盤、劇場盤ではジャケット、収録曲、付属DVDが異なっている。また、特典として通常盤(初回プレスのみ)には握手会参加券(福岡・大阪・愛知・新宿)およびアナザージャケット(本楽曲の選抜メンバーのうち松井珠理奈を除く選抜メンバーに対応した全19種からランダムで1種)が封入されており、劇場盤には劇場握手会参加券(AKB48劇場SUNSHINE STUDIO)および生写真全90種のうちランダムで1枚が封入されている。

楽曲は2008年9月15日に放送されたbayfmの特別番組『Holiday Special bayfm meets AKB48 3rd Stage〜REAL〜』で解禁されたが、同年9月9日未明に編曲前の曲がインターネット上に流出した。AKS側は法的な処置を執る方針を公式ブログ[1]で表明した[注釈 2]。また、流出後に決定したコンサートタイトル「AKB48 まさか、このコンサートの音源は流出しないよね?」に引用された。

楽曲を歌唱する選抜メンバーとして20人が選ばれている。本楽曲ではAKB48のメンバーに加え、その姉妹グループとして結成されたSKE48のメンバーから松井珠理奈が選抜された。松井はレコーディングの時点では公演デビュー前でSKE48の正式メンバーですらなかったが、11歳228日で選抜入りし、奥真奈美の持つシングル選抜メンバー選出最年少記録(11歳237日)を更新した。さらに、松井は前田敦子とともに楽曲のセンターポジションを務めているほか、シングル盤のジャケットも単独で飾っている。AKB48以外のメンバーがジャケット写真に起用されたのは本作が初めてだった[2]

楽曲のキャッチコピーは「大声で叫べば、ダイヤモンドになる」。CDなどに印字されている「大声ダイヤモンド」の文字は、チームKの小野恵令奈[注釈 3]によるもの。

AKB48は、この楽曲を境にグループとしての方向性が大きく変化したとされることが多く、作曲者の井上ヨシマサは「AKBの存在を全国に知らしめる最初の曲」と評している[3]。秋元康は「大声ダイヤモンドぐらいからメンバーと同年代の、特に若いファンが増えてきました」と述べている[3]。AKB48結成当初からの主力メンバー高橋みなみも、「この曲あたりから、ファンの方々がどんどん増えてきてくださったような実感」がしてきたと語った[4]。渡辺麻友も「この曲がターニングポイントだった」と振り返っている[5]

楽曲には英語バージョンも存在し、フランスヴィルパントパリ郊外)でのJapan Expo 2009、NEW YORK ANIME FESTIVAL、フランス・カンヌのMIPCOMにおけるライブなどの日本国外公演で披露された。英語バージョンのメインボーカルは、メンバー内で英語を比較的得意とする秋元才加。Japan Expo公演1週間前に参加予定メンバーが集められ、「英語で1曲全部歌えないと(公演に)連れて行かない」と告げられ練習した曲[6]のため、選抜メンバーでも日本国外の公演に参加経験のないメンバーは歌えない[7]

ライブでの「好き」コールは、当時チームBメンバーだった浦野一美がシアター公演で呼びかけたものである[8]

楽曲は2011年8月26日放送の『ミュージックステーション』で披露されている。

アートワーク[編集]

ジャケットの写真は通常盤・劇場盤どちらも松井珠理奈が起用されている。

チャート成績[編集]

楽曲は、オリコン週間シングルチャート最高3位を記録した。「BINGO!」「僕の太陽」「ロマンス、イラネ」での6位の記録を更新し、初めてTOP5入りを果たした。

ミュージック・ビデオ[編集]

PV撮影が行われた文化学院(東京・神田駿河台)

「大声ダイヤモンド」のミュージック・ビデオは、「桜の花びらたち2008」以来となる高橋栄樹が監督を務めている。ビデオはショートドラマ仕立てで、架空の高校『松岡女子高等学校』の文化祭において、講堂での出し物として「『AKB48をやる女子高生』を演じるのがAKB48」[9]という設定。2年B組の生徒(松井珠理奈)が、文化祭で「大声ダイヤモンド」を一緒に歌う有志を募集、集まったメンバーがPVを見ながら自主練習を始めるものの、ものにならない様子を見かねた校内ダンスグループメンバー(宮澤佐江、秋元才加、高橋みなみ、板野友美)も参加、指導を買って出るが、参加はしたものの呑み込みが悪く、さらに受験勉強を気にして練習に身が入らない生徒(前田敦子)とダンスグループリーダー(宮澤)が教え方をめぐって喧嘩、本番当日前田が姿を現さない中、イントロが流れ他のメンバーは慌てて講堂のステージに立つ…というストーリー展開になっている。

喧嘩のシーンでは、当事者の宮澤・前田以外のメンバーには、叩くシーンが伏せられた状態の台本が渡されており、宮澤・前田両名にのみ渡された台本には、そのシーンの口外を禁じる監督のコメントが含まれていた[9]。撮影には、選抜メンバーを含む収録時に在籍していたメンバー69名(研究生含む)、SKE48松井珠理奈のほか、ステージシーンの観客エキストラとして一般の女性も多数動員されている[9]。撮影は、2008年9月に、東京都千代田区神田駿河台にある文化学院の入口付近、講堂、廊下、教室、図書室、ラウンジなどを使って行われた[10]ほか、松井珠理奈が階段を駆け上がるオープニングシーンの撮影は同校近くの男坂で行われた。

メディアでの使用[編集]

楽曲は以下のメディアで使用された。

シングル収録トラック[編集]

通常盤[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「大声ダイヤモンド」   秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 4:08
2. 「109」 (マルキュー) 秋元康 伊藤心太郎 野中"まさ"雄一  
3. 「大声ダイヤモンド (team A ver.)」          
4. 「大声ダイヤモンド (team B ver.)」          
DVD
# タイトル 時間
1. 「大声ダイヤモンド」    
2. 「Making of 「大声ダイヤモンド」」    

劇場盤[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「大声ダイヤモンド」   秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ  
2. 「109」 (マルキュー) 秋元康 伊藤心太郎 野中"まさ"雄一  
3. 「大声ダイヤモンド (team K ver.)」          
4. 「大声ダイヤモンド(研究生 ver.)」          
5. 「大声ダイヤモンド (SKE48 ver.)」          
DVD
# タイトル 時間
1. 「大声ダイヤモンド」    
2. 「告白映像」    
3. 「SKE48の軌跡」    

選抜メンバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 配信限定シングルを含む。インディーズシングルを含めると通算12作目に当たる。
  2. ^ 実際に法的措置が執られたかどうかについては明らかにされていない。
  3. ^ 過去に「会いたかった」の文字にも選ばれている。
  4. ^ AKB48の姉妹グループ・SKE48から選抜。

出典[編集]

  1. ^ ご報告」AKB48オフィシャルブログ 東京ドームへの道 2008年9月10日付
  2. ^ 元々は前田の単独ジャケットの予定だった(前田敦子の軌跡より)
  3. ^ a b Quick Japan』 vol.87
  4. ^ 『リクエストアワー セットリストベスト100 2010』LIVE AT SHIBUYA-AX コンサートDVD コメンタリー
  5. ^ ザテレビジョン』 2011年6月10号
  6. ^ 神曲たち』劇場版DISC2 オーディオコメンタリー 峯岸みなみ発言
  7. ^ 『神曲たち』劇場版DISC2 オーディオコメンタリー 柏木由紀発言
  8. ^ bayfm 『CinDy Syndrome』2010年4月8日放送分
  9. ^ a b c 大声ダイヤモンド メイキング映像
  10. ^ 文化学院blogニュース:AKB48 応援します! 2008年10月22日付

外部リンク[編集]